<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
中国が動画サイトの規制強化を発表、中国版Youtubeは消えてしまうか!?
中国にもYoutubeみたいな投稿型動画サイトがあります。
代表的なものは土豆網(土豆はポテトの意味)や六間房(6 Rooms)など。ネット・ユーザーからの投稿動画だけではなく、自社でも動画コンテンツを集めてアップしたりしています。例えば、六間房(6 Rooms)は香港のフェニックステレビの一部番組を見ることができます。
とは言え、再生回数の多い人気コンテンツはやはりユーザーが勝手にアップしたテレビ番組など。お色気系や日本・韓国などのテレビドラマ、映画なども人気です。どちらも、Youtubeなどの人気をみて中国の若手起業家が始めた"二匹目のどじょう"企業なのですが、現時点でのiReserchのサイト・ランキングでは、六間房が第7位、土豆網が第17位と、いずれも人気サイトとして急成長しています。

中国広播電影電視総局(ラジオ映画テレビ総局)と中国信息産業部(日本で言うと総務省みたいなもの)は12月20日付で『インターネットの動画コンテンツ・サービス管理規定』を発表しました。20日付け発布なのですが、中国のメディアで報道され始めたのは29日になってからです。

『インターネットの動画コンテンツ・サービス管理規定』は、中国国内で大衆向けにモバイルを含むインターネットで動画コンテンツを提供するサービス活動に関して適用されます(第2条)。
そして、何と言っても驚きは第7条と第8条。

第7条では、動画コンテンツのプロバイダーは広播電影部門(テレビ局やラジオ局や映画の内容を監督する国家或いは地方政府の機関)から、情報ネットワークで動画コンテンツを放送する"ライセンス"をもらわなければならない、と定めています。
そして第8条によると、その"ライセンス"を申請できるプロバイダーの条件として、法人格を持った国有の独資企業か、国有の株式会社(株式の過半数を国家或いは国家機関が保有する株式会社)で、過去3年間違法行為が無かった組織、と定義しているのです。
つまり、「国有企業でなければ動画コンテンツのサービス・プロバイダーを経営できない」と言っているのです。

前述の通り、土豆網も六間房も私企業で、なおかつ中国国外の投資家の出資も受け入れていますから、この規定が厳密に運用されるなら、"ライセンス"を申請する資格すら無くなりますから、動画投稿サイトというビジネスそのものがNGになってしまいます。
この規定どおりにコトが進めば、中国のネットユーザーは
中国の"国有企業"が提供した動画しか、インターネット経由ではみることができなくなっちゃいます。CCTVとか新華社のサイトで、当局垂れ流しのニュースだけ見ていろ、とでも言うのでしょうか!?
まさに"鉄の掟"(iResearch News)といえるでしょう。

このネット規制強化の"鉄の掟"には、中国当局の"権力闘争"が見え隠れしています。
前述の通り『インターネットの動画コンテンツ・サービス管理規定』は広播電影電視総局と信息産業部(どちらも日本流に言えば"省")の連盟で発表されましたが、動画コンテンツ・プロバイダーの"ライセンス"を発給するのは、広播電影電視総局傘下の地方政府部門です。
従来インターネットは管理しているのは信息産業部です。インターネットのコンテンツ・プロバイダーの"ライセンス"は信息産業部傘下の地方政府部門が発給しています。
ところが動画コンテンツ・サービスについては、広播電影電視総局が"ライセンス"発給の主導権を取った形になりました。ある意味で"反動"と言えます。

そもそも、広播電影電視総局はテレビや映画を管轄するところ。中国のテレビ局やラジオ局は100%国有企業または国有株式会社です。悪名高き、テレビ番組や映画のセンサーシップ(検閲)もこの広播電影電視総局がやっていて、御眼鏡にかなわないコンテンツの放送や上映を拒んでいるのです。
この広播電影電視総局と比べたら、インターネットや通信を管轄する信息産業部のほうは、まだ革新的でした。中国トップ・ポータルサイトの新浪網は私企業ですし、中国国外のNASDAQに上場できているのですから....。
『インターネットの動画コンテンツ・サービス管理規定』は、これからインターネット上の動画もテレビや映画と同じように取り扱うぞ、
という中国当局の宣言文みたいです。そして、中国では動画サイトはテレビ局と同様の扱いをされようとしているのです....。
お色気系や暴力系など"社会の秩序"を乱すような動画コンテンツの管理などと大義をかざしているかもしれませんが、本音は"報道管制"なんですね....。「ニュースや報道系の動画は、放送番組制作のライセンスが必要」という第9条ではその本音が明らかにされています。

そうそう、『規定』では動画配信できるのは、ライセンスを持つ法人に限ると定めていますから、個人サイトに動画を貼り付けるのもきっとNGになっちゃいますね。中国にお住まいで中国の大衆の皆さん向けに、ご自身のホームページで動画配信しようとされている皆さんは、どうかご注意ください。

さて、この『規定』は2008年1月31日から施行されるそうです。土豆網や六間房は無くなってしまうのでしょうか?
でも、ニュースや報道系の動画コンテンツを"自主規制"すれば、エンタメ系コンテンツには目をつぶっちゃってくれるのかもしれません....。"政策あれば対策あり"の中国ですから....。
[PR]
by pandanokuni | 2007-12-31 22:47 | 社会ネタ
Season Greetings
ことしは私にとってわりと良い年だったと思います。

南京陥落65周年も無難に過ぎていきました。
中国経済は相変わらず盛り上がっています。
日本はと言うと、一種の衆愚政治に陥っているのかもしれません。

知人へのクリスマスとお正月のご挨拶に、一度やってみたかったことにトライしました。

greeting07


1966年に発表されたThe Beatlesの名作アルバムのジャケットをいじってみたかったのです。
"アルバム"も"ジャケット"もほとんど死語になってしまいました。
i-Podみたいな音楽の聞き方は、"アルバム"のもつ曲順やコンセプトという概念を破壊してしまいましたし、30cm四方のレコード・ジャケットに施された芸術であるジャケット・アートですら、4インチのLCDの中に閉じ込められてしまうのです。


original

当時のThe Beatlesの意図にできるだけ近づくことができるよう、私が関心をいだいている人物から60数人を抽出して"ジャケット"にご出演いただきました。

地球の存続可能性を保持するため、つまり戦争が起こらず環境ができるだけ悪化しないため、皆さんには頑張ってほしいと願っています。

すてきなクリスマスとお正月を。
[PR]
by pandanokuni | 2007-12-25 22:10 | ひまネタ
農村余剰労働力。
上海で CCTVのニュースを見ていました。
『農村余剰労働力』とは良く言ったモノですね。

中国の農村の多くは生産性が低く、農民の多くは貧困に瀕していますに、お父さんは大都会の建設現場に、お母さんはやはり都市部の裕福なご家庭の家政婦などとして、そして娘さんはやはり都市部の遊興施設などに、それぞれ出稼ぎに行く場合が多いのです。都市部に移り住んで家族寄り合って慎ましく暮らしている場合もあれば、家族が離れ離れになりお父さんが労働災害に遭ったりして二度と集まれない場合もあります。

農村の貧困に耐え切れず、自発的に都会に出稼ぎに行く。そうなると農村から農民が少なくなるのは必然ですね。
ところで、農民が少なくなると、一人当たりの耕作面積が増えて農村に残った農民は稼ぎが良くなる….。こんな話が成り立つのでしょうか?

農村の農民離れは”政策の一環”。
第17回共産党大会の精神を反映するもの。おかげさまで、農村に残った農民の収入は倍増し、暮らし向きが良くなりました。
そんな風に白々しく、中国中央テレビのニュースが伝えていたのです。

何でも、黒龍江省牡丹江のとある農村は、農民がみんな貧乏で借金を抱えていたのですが、四年前から労働力輸出訓練基地を立ち上げ、『農村余剰労働力』の再教育にあたりました。
研修を受け都市部に出稼ぎに行った兄妹は年末には1万2,000RMB(約18万円)を農村で待つ両親の元に仕送りしてきたそうです。
一方、農村に残ったある農民は出稼ぎ世帯5-6軒分の農地を借り受け、年収は5万RMB(約75万円)にまで達しました。
『農村余剰労働力』が農村を離れ、農家1軒あたりの耕地面積が増え、機械化が進み、収入が倍増!!その一方で、都会に出かけた出稼ぎ農民も大儲け。まさに、「1軒去って、2軒が富む」というわけです。

ま、農地を捨てやむなく都会に出稼ぎに出た農民を『農村余剰労働力』と呼ぶのもすごいですし、「1軒去って、2軒が富む」と、あたかも中国共産党の政策の賜物みたいに華々しく報道している図々しさも、相変わらずすごいですね。

貧困のため農業を捨てる人たちがいるから、残った農家1軒あたりの生産性は増す。これは何となく合っているような感じはするのですが、田舎で職業研修を受けて都会の労働力として送り出されていく農民はごくごく少数であることも確かでしょう。
[PR]
by pandanokuni | 2007-12-21 18:01 | 社会ネタ