<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
乱射事件の犯人は中国人??中国人も自虐的!?
4月17日の朝、出張先・北京のホテルで見たテレビニュースで、米バージニア工科大学乱射事件のことを知りました。CNNとかNHKワールドでは、犯人も自殺した模様、としか報道していませんでした。
ところが、オフィスに行くと、北京の現地スタッフが、「アメリカの大学の乱射事件のこと知ってますか?犯人は中国人みたいですよ。」と言うのです。さもありなん、とは思いつつ、何で?と尋ねると、すでにネットでそのように報道されているらしい....。

あとで調べてみると、北京時間4月17日午前9時の時点で、中国の複数のニュースサイトのが、"犯人=中国人留学生説"を報道したようです。アメリカの捜査当局が、"犯人と思われる東洋系の学生は自殺した"と発表した直後のことでしょう。
捜査当局によると、犯人は留学ビザでアメリカに渡航した24歳の中国人で、ビザは上海のアメリカ領事館が発行した模様。現在、出国記録を照合中.....なんてニュースが、中国を駆け巡ったのです。
中国青年報によると、"犯人=中国人留学生説"を最初に報道したのは、中国新聞網(中新網)/だったようです。
そして、捜査当局により韓国人犯人説が発表された4月17日夜10時まで、中国のニュースサイトでは「史上最悪」「大学内大虐殺」「中国人留学生」「どうなる中米関係」などなど、センセーショナルなニュースが掲載されていきました。

まぁ一部の日本人は凶悪事件が発生して犯人が中国人だったりすると、さもありなん、と感じたりするのですが、意外に中国人自身もそうだったりするのかぁ、などと思ってしまいました。日本人は過去の歴史などで中国人などに対して自虐的だなどとおっしゃる方もいらっしゃいますが、その中国人も自虐的だったりするのかぁ、と。

ところが、"犯人=中国人留学生説"は、一部のニュースサイトによるページ・ビュー(閲読数)を増やすための策略だった、らしいのです。
中国にはたくさんのニュースサイトがあり、主として広告収入により運営されています。ページ・ビュー(閲読数)が多いサイトほど、広告は高く売れるわけです。ですから、センセーショナルなニュースを掲載して、読者を集めよう、と言う魂胆との批判が始まったのです。
結局、"犯人=中国人留学生説"は、誤報(というよりはでっち上げ)だったわけで、「クリック数より信頼こそ大事」(光明日報のサイト)などと、非ネット系のメディアが一斉に批難を始めました。"中華人民共和国電信条例"まで持ち出して、「ネットメディアも社会的・法律的責任を全うしなければならない」、「嘘つきニュースで人々は憤慨」(人民網=中国青年報の引用)などと、ニュースサイトに押され発行部数を落としている新聞系メディアはここぞとばかりの反撃です。

ちなみに4月17日午前"、犯人=中国人留学生説"がニュースサイトに掲載されるや、ケータイのショートメールのトラフィックも増大したそうです。たくさんの中国人がこの"嘘つきニュース"を友達などに転送したのでしょう。もしかしたら、ケータイ・キャリアもグルだったのかなぁ....
まわりの中国人に聞く限り、「ええっ、まさか中国人がぁ...」と言う気持ちよりも、「あいやー、やっぱ中国人かぁ」と言う気持ちで受け取った人が多かったようです。
そうした、中国人の自虐的性格を利用したニュースサイトとケータイ・キャリアによるトラフィック拡大作戦だったのかもしれません.....。
[PR]
by pandanokuni | 2007-04-20 19:41 | 社会ネタ
温家宝さんのジョギングとか。対日宣伝活動に乗せられている日本メディアのお粗末。
お互い、言いたいことも言わずにうまくやっていくというのは、大変なことだと思います。
これを言っちゃあお仕舞いだぁ、みたいなことを言わずに仕舞い込んで、連れ添っている夫婦も多いことでしょう。
どちらか一方が切り出した途端、泥仕合が始まり、挙句の果てにディバースみたいなことになっちゃいます。
言いたいことを我慢して一生添い遂げる夫婦は多いでしょうが、国家間ではそうは行きますまい....。

それはさておき、温家宝さんは12日早朝、代々木公園に出没してジョギングなどをしたそうです。
温さんの訪日については、当然のことながら中国メディアは熱心に報道している(させられている)ようですが、中国メディアに負けんとばかりに、日本のメジャーなメディアも"日中友好"に一役も二役も買わされています。
温家宝は、2008年北京五輪のロゴ入りの黒のスポーツウェアに白いジョギングシューズを履き...(中略)....中年の日本人女性と握手を交わし「私は温家宝です。」と自己紹介。傍らで王毅駐日大使が日本語で「彼は中国の総理です」と補足すると、驚いた日本の夫人は慌ててお辞儀をしました。
これは、日本時間07年4月12日13:26(北京時間同日12:26)に新浪網が掲載した記事です(上海の新聞晩報の朱静運記者が東京から配信)。見出しは、『温家宝、東京の公園で太極拳。膝詰めで日本の市民と交流

いっぽう朝日新聞のニュースサイト、Asahi.comは30分ほど後の日本時間07年4月12 13:52に『「私は温家宝です」、早朝の代々木公園をジョギング』という見出しの記事を掲載しました。
「ニイハオ。私は温家宝(ウェン・チアパオ)です」。来日している中国の温家宝首相が12日早朝に約30分間、都内の代々木公園を走り、見よう見まねでラジオ体操するなど市民と交流した。ジョギングを日課にしている温首相は、08年北京五輪のロゴ入り運動着姿でスタート。市民に次々と声をかけ、同走する王毅(ワン・イー)駐日大使が「中国の総理ですよ」と口添えする一幕もあった。

中国メディアと朝日新聞、記事の内容も配信時間もほぼ一緒です。中国側によると、警視庁は安全上の配慮から宿泊先のホテルの庭園で走るよう要請したが、「市民の声を聞きたい」と温首相が強く希望(Asahi.com)したらしいのですが、日中両国のメディアがほぼ同じタイミングで報道していることを考えると、中国側の計算しつくしたPR施策=対日宣伝活動の一環に決まってますよね....。

TBS日本テレビのニュースや時事通信の配信でも、"北京オリンピックのロゴ"とか"王毅駐日大使"とか"市民との交流"などという共通のキーワードで報道されているようです。

きっと、中国側報道官がリリース(予定稿)でも配っていたんじゃないでしょうかねー。"オン・カホウ"も"ウェン・チアパオ"の表記にするメディアも出てきちゃうし。
共産党お抱えの中国メディアよりも、お粗末な日本メディアの実態が浮かんできちゃいます。

追記(2007年4月12日21:30):
NHKの9時のニュースでも、今朝の代々木公園での日中友好演出を取り上げてましたね...。
夜のパーティの安倍さんのスピーチ:(温さんの国会演説に満場一致で拍手が沸いたことに対して)「私が演説しても、与党からしか拍手が起こらないですから....。」
全員与党の人民代(中国の国会みたいなもの)を意識したアイロニーだとしたら、ちょっとだけ、言いたいことを言えた安倍さんに1票!!
[PR]
by pandanokuni | 2007-04-12 18:51 | ひまネタ
入出国審査も「サービス、サービス!」 <--葛城ミサトの予告編風。

b0047829_16164836.jpgどんなに海外に行き馴れた方でも、入国審査はちょいと緊張する瞬間ではないでしょうか?
長時間のフライトで疲れているのに、長い行列で待たされて、無愛想な審査官にとことん顔を見つめられて....。パスポートやビザに不都合が無いと確信していても、何かイチャモンでもつけられたらヤだなぁ、なんて思いながら通過する入国審査なのではないでしょうか?まして、共産党独裁政権のお国となれば、なおさら緊張は高まるでしょう。さんざん待たされた挙句、意味不明の中国語で怒鳴りつけられでもしたら、たまったものではありません。

ところが、北京空港(北京首都国際空港)の入国審査は意外にもハートフルです。
「中国公民」と書かれた中国のパスポート所持者とそれ以外の外国人のブースは一応区別されています。到着便にもよりますが、中国人向けブースがガラガラであるにも拘わらず、外国人ブースの前に長い列ができることがあります。そんなときには中国人向けブースの審査官が、行列中の外国人においでおいでと手招きをしてくれたりします。
成田なんかでは、Japanese Passport所持者だけが特権階級であるのではと勘違いするくらい、外国人の行列だけが長々と続くことがありますよね。

最近、入出国審査のブースの前に、怪しげな"4つの押しボタン付き装置"が設置されました(写真の赤矢印部分)。4つのボタンにはそれぞれ、"とても満足"、"満足"、"ふつー"、"待たせ過ぎ"と表記されています。中国語のみと言うところが、あと一歩なのですが、それぞれにニコちゃんマークみたいなイラストが添えてあり、笑っている表情から怒っている表情への4段階変化で、中国語を読めない人たちでも、だいたいの意味は理解できるようになっています。

この"4つの押しボタン付き装置"は、利用者が入出国審査官のサービスについて直接投票するアンケート・システムなのです。ちなみに、出国審査ブース上の電光掲示板には「出国審査官の働きぶりを、ぜひ評価してください」と英語と中国語で表示されています。
入国審査のときも、出国審査のときも、手続きが終わりパスポートなどを返してもらった際に、この"4つの押しボタン付き装置"がピカピカ光りだします。審査官のサービスにとても満足でしたら、"とても満足"のボタンを押してから通過する、と言う仕組みです。4つの押しボタンの上には6桁の数字がデジタル表示されるようになっていて、投票のたびに数字が変化するようですが、この数値が何を表わしているのかは不明です(きっと審査官それぞれの"得点"なのかもしれません)。


b0047829_16181191.jpg北京空港のパスポート・コントロール(入出国審査)は公安部(日本で言えば、警察庁みたいなところ)が行っています。つまり、入出国の審査官は警察官なのです。こうした警察官のサービス態度を、利用者に評価してもらおうという試みは、画期的だと思います。
同じ国でも内陸部の農村地帯では、横柄な態度をとるお役人に対する住民の不満が連日のように爆発していて、そろそろヤバイ状態だ、と伝えているメディアがたくさんあります。
そうしたイメージを抱いて中国にやって来る外国人に、入国審査のお役人が利用者の下僕のようにサービスを提供し、利用者によって評価される、と言う状況を見せてあげよう、と言う魂胆なのでしょうか?
或いは、オリンピック開催まで1年ちょっとと言うのに、高まらない北京市民のサービス意識を、"まず隗から始めよ"と言うことで、足元の警察官からサービス向上運動を始めたのでしょうか?
ちょっと意図不明なのですが、"4つの押しボタン付き装置"はそこそこに、サービス向上効果をもたらしてはいるようです。

とは言え、審査官の目の前でボタンを押すわけです。"待たせ過ぎ"みたいなネガティブな評価をした途端に、パスポートを取り上げられ、別室に連行されて拷問にかけられる、みたいな結末も想像できなくも無いわけで、このシステムによるサービスの評価はかなりのバイアスがかかっているに違いは無いでしょう。
[PR]
by pandanokuni | 2007-04-10 16:18 | 社会ネタ
権力によるYouTube遮断にもいくつかのスタイルが....。
YouTubeにアップロードされた動画に関して、何らかの損害を被る際の対応の方法は、大きく分けて二通りになるでしょう。
比較的友好的な方法は、YouTubeに当該動画の削除を要求すること
その対極とも言えるもう一つは、YouTubeの当該動画を視ることができないようにネットワーク上の細工をすること

前者の例で言うと、日本のテレビ局なんかが躍起になってYouTubeに削除要求をしているようですが、著作権関係者が権利を守るためにとる措置が多いようです。
ところが著作権侵害とは別の理由で削除を要求したのが東京都選挙管理委員会。YouTube上にアップロードされた、都知事選挙の政見放送の動画が対象で、
公職選挙法で政見放送の回数は決められており、特定の候補者の映像だけが自由に見られる状況は各候補者間の公平を損ね、好ましくないと判断したため、削除要請に踏み切った
そうです(ASCII.jpトレンド)。これは、既存メディアなどの競合勢力が自らの権利や利権の保護を目的としたものではなく、行政権力によるYouTubeの遮断と言えるのですが、その行政権力が何らかの損害を被るから、と言う理由で無さそうなのが、まだ救われる感じです(一応、公平な選挙のため....)。しかも、あくまで削除要求ですし。

国家権力が自身にとって不都合なウェブサイトへのアクセスを遮断すると言う方法は、中国の得意技とされてきました。中国国内から中国当局に不都合なウェブサイトにアクセスすることは至難の業です。YouTubeにアップロードされた動画であっても、中国人民に見せたくないモノへのアクセスは"さり気なく"遮断されます。

この"さり気なく"というところが重要なワケで、例えば2006年10月にチベットで国境越えを目指していたチベット仏教徒の若い修行者たちに中国人民解放軍が発砲して数名を射殺した際の映像は、中国国内からのアクセスがほぼ遮断されてしまいます。いっぽう、中国当局にとってデリケートな地域であるチベットの動画でも、例えば私が撮ったショートムービーなどは、中国国内からもフツーに視ることができます。つまり、チベットに関するあらゆる動画を遮断するのではなく、ヤバそうな動画だけ絞り込んで、こっそりとアク禁にしているわけです。
ですから、気付かないでいれば見過ごすこともできちゃう恐ろしさがあるのです。

いっぽう、国家権力が堂々と(?)YouTubeへのアクセスを遮断したのがタイ王国。政府が国王の顔に細工をした"不敬な"動画をアク禁したそうです(gooニュース)。YouTubeに対し、国家権力として削除を要求したのですが、受け入れてもらえなかったのでアク禁にしちゃったようです。このニュースからだけでは、タイ政府がYouTube全体を遮断しているのか、当該動画へのアクセスだけ遮断しているのか不明ですが、中国のように"さり気なく"遮断したのではなく、堂々と遮断したようですね....。
まぁ、いまのタイ王国は軍事クーデター後の暫定政権なので、アメリカあたりが言うところの"民主度"が低い状態ですから、これはこれで良いのかもしれませんが、国家元首への不敬(タイ王国)と独裁政党への不敬(中華人民共和国)って、似てそうで似て無そうなものなのかもしれません。わが国の皇室を侮辱するような動画(例えば『週刊金曜日』の集会で演じられた寸劇)なんかが、YouTubeにアップロードされた場合、"民主度"の高い日本の政府関係者は、何か対応するのでしょうか?

ある意味"民主主義的な"手続きで、YouTubeへのアクセスを遮断したのがトルコ共和国かも知れません。
インスタンブール第一刑事治安裁判所は水曜日、ビデオが近代トルコの建国者、アタテュルク・ムスタファ・ケマルを侮辱したとして、ユーチューブへのアクセスを勧告ベースであはるが、禁止した。トルコの最大手の通信サービス会社、トルコ・テレコムはこの決定を受けてすぐにアクセスを禁止した。(The Blog HERALD=AP通信電の引用)
建国者を侮辱した動画に対して、裁判所がアクセスの禁止を勧告し、その勧告に接続サービス会社が従った、と言うことになっているようです。

中国のように"さり気なく(?)"遮断しちゃう国、タイのように"堂々と(?)"遮断しちゃう国、そしてトルコのように"民主的に(?)"遮断しちゃう国、ほんと世界も様々だなぁ、と思うきょうこの頃ではあります。
[PR]
by pandanokuni | 2007-04-06 19:08 | 政治ネタ
「東京中心城」で定着してしまいそうな 東京ミッドタウン(東京中城)。
この週末は上海で過ごしています。きょうは、夕べの深酒が祟ってしまい、CCTVのニュースチャンネルをつけっぱなしにして、ホテルに引きこもっておりました。
日本関係の話題として、地対空誘導弾パトリオットミサイル(PAC3)が航空自衛隊入間基地に配備されたことを繰り返し放送していました。日本の軍事力強化への懸念などと言う論評は無しで、客観報道に徹していた感じです。日本のニュースサイトでは特に大きく取り上げられてないようですね。テレビあたりではどうだったのでしょう?
ちなみに、パトリオットは中国語で「愛国者」と言う表現になります。

ほのぼの系の話題として、東京ミッドタウンのオープンを東京の特派員からのレポートで伝えていました。このレポーターが、防衛庁の引越先なんかにも突っ込みを入れていたら、自衛隊のパトリオット配備の話題と絶妙なコンビネーションになったと思うのですが、満開の桜をバックにあくまでもほのぼの系のレポートに徹しておりました。

ちなみに、「東京ミッドタウン」のことを中国語で「東京中心城」と表現していました。まんまなのですが....。
最近は、中国からの観光客に向けて中国語のウェブサイトやリーフレットを用意している観光地・観光施設も増えていますが、調べてみると東京ミッドタウンにも既に中国語のウェブサイトがありました。ところがウェブサイトでは、自らを「東京中城」と名乗っているのです。
きっと、CCTVの東京特派員が中国語のウェブサイトをチェックすることなく、自らの判断で「東京中心城」と訳してしまったのでしょう。取材に応じたと思われる東京ミッドタウンの広報の方も、中国語表記くらいは念を押して確認すべきだったと思います。中国語サイトまで用意して、中国のお客さんに期待しているのですから....。

「モーニング娘。」は「早安少女組」、「沢尻エリカ」は「沢尻絵里香」、「長澤まさみ」は「長澤正美」というように、かな交じりの日本の固有名詞はいつの間にか勝手に漢字化されて、本人の意図に関わらず定番化されてしまいます。
東京ミッドタウンの場合、全中国向けのテレビニュースで「東京中心城」と漢字化されてしまったわけですから、持ち主が「東京中城」と呼んでくれ、と願っても修正は利き難いでしょうね。

中国で「漢城」と呼ばれていた「ソウル」を韓国語の発音に近い「首尓」と呼んで貰うため、韓国政府とソウル市は莫大な労力とお金を費やしたと聞きます。
かな交じりのブランドをお持ちの皆さん、中国の人やメディアに勝手に漢字化されるのがお嫌ならば、自ら中国語表記も用意して、中国向けにPRしておいたほうが良いかもしれません。
[PR]
by pandanokuni | 2007-04-01 00:24 | ひまネタ