「ほっ」と。キャンペーン
<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
これぞ『和諧社会』!?娘と妻とメディアが支える夫の性転換手術。
北京に住んでいた頃には、さほど気に掛けてなかった中国の社会ネタですが、日本で勝手に深読みすると面白いものですね.....。


b0047829_16584374.jpg「父親の性転換手術に付き添う娘」(CCTV.com=瀋陽晩報より)
ひと月ほど前、瀋陽の杏林美容整形病院に二人連れの不可解な患者がやってきました。22歳の娘が父親の性転換手術をお願いしに来たのです。チェンさんという、この49歳のは瀋陽郊外で農業をしながら、妻と娘二人で暮らしていました。
チェンさんは幼い頃から男性と一緒にいることが苦手でした。いまの奥さんとフツーに結婚し、二人の娘をもうけました。奥さんが三人目を妊娠したときに検査で男児と分かったのですが、チェンさんは「男の子は嫌だ!!」と奥さんに泣きつき堕胎したそうです。
その後、チェンさんの話し方はどんどんオンナっぽくなっていき、オンナ物の服や化粧品を好むようになり、銭湯の男風呂に入るのが恥ずかしくて嫌になり、夫婦の性生活もなくなってしまいました。
「オンナになりたい」と願うようになった夫に、奥さんは冷たく当たりました。いたたまれなくなったチェンさんは首吊り自殺を試みます。本気としか思えない夫の行動に、奥さんも夫のことを理解してあげられるようになりました。外で働く奥さんを洗濯や食事の準備をして待っているオバサン姿の夫を奥さんは「お姉さん」と呼ぶようになり、二人の娘たちもこうした生活を受け入れられるようになりました。
娘が成長するにつれ、チェンさんは他の人に知れたら白い眼で見られかねない自分の境遇を嘆くことが多くなり、「早く本当のオンナになりたい」と思い詰めるようになりました。そして、遂には"猫いらず"を飲んで二度目の自殺を図ったのす。絶望の渕にあったチェンさんに奥さんは「お姉さん、死んじゃダメよ。私や二人の娘はどうなるの?」と励ましたのです。
気を取り直したチェンさんは、「これはもう性転換手術を受けて、本当のオンナになるしかない」と決意しました。「手術してオンナになってからも、私を妹として一生大切にしてくれるなら...」と奥さんも同意。家を担保に銀行から手術費用を借金して、下の娘とともに病院にやってきたのです。
日本なら"ワイドショー"のひまネタでしょうが、この話題、中国の大衆向けの夕刊紙だけではなく、"権威ある"CCTVや新華社通信までが大きく取り上げているからちょっと不思議です。


b0047829_1659190.jpgちなみに、新華社のウェブサイトの見出し「ママが離婚しなくて済むように、パパを性転換手術に連れて行く娘」
記事では、家庭の調和を保つために性転換手術に理解を示した家族を称えいます。「30年も連れ添った妻と離婚したくは無かったから」と性転換の理由を語るチェンさんって????とか思っちゃうのですが、娘たちとも友達関係で居られるようですし、めでたしめでたし、と言った感じです。
さすがに「法律的にはバツが悪い」と言う弁護士の見解も載せてありますが、「性転換は社会を混乱させるものではない」と言う社会学者のコメントも載せてあり、非常に好意的な記事になっています。

2年前、胡錦濤さんは『和諧社会』(参考:現代中国ライブラリィ)というスローガンを打ち出しました。「和諧」は「調和のとれた」くらいの意味です。素直に解釈するなら、経済的格差(貧富の差)が縮まれば調和のとれた社会になっていきますし、お役人さんが賄賂で私腹を肥やすことなく人民のためにきちんとサービスを提供すれば調和のとれた社会になっていく、と言うことでしょう。「様々な矛盾により生じた問題を解決し、築かれた安定した社会」が『和諧社会』なのです。
陳良宇さんが"お縄"になってから『和諧社会』というこのスローガンがいっそう声高に叫ばれるようになった感じを受けます。10月中旬に開催された中国共産党第16期中央委員会第6回全体会議(第16期6中全会)では、「中国共産党中央委員会の社会主義調和社会の建設に関する若干の重大問題についての決定」を採択しました。"上海閥駆逐"とともに、自分の提唱するスローガンの浸透を図ろうとする胡錦濤さんの攻めの姿勢を感じてしまいます。

こうした政治力学のコンテクストで拡大解釈すると、性転換のこのニュースさえも『和諧社会』建設運動の一環として活用されているのではないか、などと疑いたくなってしまいます。
[PR]
by pandanokuni | 2006-11-16 16:59 | 社会ネタ
犬のために命を賭けて(!?)戦う人、犬に噛まれる人、犬を食べちゃう人。
北京で犬を飼う場合、警察に申請して登録しなければなりません。そのときに、登録料を支払わなければなりません。いまは1,000RMBほどですが、5年前は5,000RMBを一括払いしなければなりませんでした。その頃の四大卒の初任給の3倍から4倍ですから、日本の感覚だと70万円から100万円を用意しなければ、合法的に犬を飼うことができなかったわけです。

犬を飼うための登録料が5,000RMBだった頃の映画『わが家の犬は世界一』をご紹介しようと思います。
ことし最も注目された中国映画でありながら、公開後の評判が芳しくない章子怡(チャン・ツィイー)主演の『夜宴』を監督した馮小剛さんが製作総指揮、路学長さんが監督した、2003年のベルリン国際映画祭正式出品作品です。
b0047829_1858428.jpg反抗期の息子と決して仲睦まじいとは言えないその両親。父親は工場勤務で、怪しげな関係のバツイチ女性から子犬を貰い飼うことになりました。母親は中国では珍しく専業主婦で、夜勤の多い夫に代わって愛犬"カーラ"のお散歩はいつも母親の役目。夫の愛人っぽい女性がくれた犬だけど、やっぱ可愛くなっちゃいます。
夜の公園は愛犬を散歩する人たちで賑わっていたのですが、突然警察が取り締まりにやってきました。登録証の無い犬は有無を言わさず派出所に収監されてしまいました。カーラの飼い主は警察の手から逃げ延びようと試みましたが、最後には"御用"となってしまいました。翌日の午後4時まで登録証を用意しなければ、カーラは郊外の強制収用所に連れて行かれ"処分"されてしまうのです。
あとはバラバラだった家族がカーラを救い出すためにバラバラに奮闘すると言うお話です。息子は警察官を父に持つ友人の"コネ"、父親はカーラの親犬の登録証の"不正利用"と中国っぽい手法で頑張るのですが、最後は母親の蓄えたへそくりがモノを言います。そして、意外な結末が待っているわけですが....。
張芸謀監督の『活きる』で波乱万丈の生涯を飄々と演じた葛優さんが父親役、『北京の自転車(十七歳的単車)』でイジメられっ子役だった李濱さんが息子役というキャスティングの妙が、見所の一つだと思います。

上述の通り、北京市の登録料は当時の1/5に引き下げられましたが(但し毎年更新料が必要となりました)、"違法飼い犬"の取り締まりは、一層厳しくなっているようです。
11日午後には、当局による"違法飼い犬"取締りに抗議する"愛犬家"たちが、北京動物園の前で集会を行ったそうです(『大紀元』のウェブサイト / Yomiuri Online)。"愛犬家"たちは、「生命を大切にしよう。動物を可愛がろう。"調和のある社会"をともに築こう。」「屠殺反対!!」などのプラカードやシュプレヒコールで、警戒中の警察隊と対峙したそうです。「体高制限反対!!」と言う主張も目立ったようです。北京では体の高さが35cmを越える大型犬は、登録の有無に関わらず、強制収容され屠殺されてしまうのだそうです((産経新聞中国総局・福島香織さんのブログ『北京趣聞博客』を参考にさせていただきました)。無許可の集会ですから、当局に逮捕・拘束される危険性もあったわけで、"愛犬"のため、まさに"命懸け"のアピールを行ったわけです。

当局が取り締まりを強化するのは、狂犬病と犬に噛まれる被害が無くならないからでしょう。1-10月までに北京市内で動物に噛まれた"被害者"は11万人を上回り、前年同期より28%も増えたとの報道もあります(11月8日北京晨報)。10人が狂犬病を発病し、うち9人が亡くなってしまったとか....。取締りをもっと強化して欲しいと願う市民も確かに多いと思います。きちんと登録して、狂犬病の予防接種も受けて、定期的に検査を行えば、少なくとも狂犬病の危険は経るのだと思います。体長35cmルールについてはどうも解せませんが.....。"愛犬家"による無届けの違法集会についての報道は当然スルーした中国のメディアですが、2日後、人民日報のニュースサイトが「犬の災いは人災だ」という記事でルールを守らず犬を飼い続ける"愛犬家"を非難しました。

いまから7~8年前になりますが、北京に住み始めた頃、近所の小汚い朝鮮料理屋で友人と食事をしていると、家族連れのお客さんが賑やかに入ってきました。母親と思われる中年の女性は少し大きめの紙袋を抱えていて、紙袋の口からは白い子犬が頭を出して、キャンキャンと鳴いていました。当時は、レストランにペットを連れてやってくる家族など珍しかったのですが、気取ったレストランでも無いので気になりませんでした。
私たちは当然その家族のペットだと思って、可愛い犬だなどと話しながら、その子犬の気を引こうとしてたのですが、席につくなりその子犬はレストランの店主の元に引き渡されてしまいました。まさか、とは思いましたが.....。
暫らくすると、家族連れのテーブルに鍋料理が運ばれてきました。その家族が食したのは「犬鍋」。愛くるしい子犬が持ち込んだ材料だったわけです....。
朝鮮族の方が比較的多い北京では朝鮮料理屋さんが結構あります。これからの寒い時期には「狗鍋」(犬鍋)を供するお店もあります。もちろん、東北地区の朝鮮族自治区ほどではありませんが、ご馳走として食べられてしまう"犬"もいまだにいるのです。

犬に噛まれて命を落とす人たち、愛犬のために当局を敵に回しても戦おうとする人たち、寒いときには身体の芯まで暖まると言う「犬鍋」を美味しそうに食する人たち、ほんと中国は多様なんですよ....。
[PR]
by pandanokuni | 2006-11-14 18:50 | 社会ネタ
【告知】ネット検閲に反対する24時間オンライン・デモンストレーション終了
フランス時間8日午前11時をもって、終了した模様です。
お疲れ様でした.....。
[PR]
by pandanokuni | 2006-11-08 20:36 | 社会ネタ
【告知】ネット検閲に反対する24時間オンライン・デモンストレーション実施中!

b0047829_10453819.jpg【パリ6日AFP=時事】自由な報道の確立を目指す国際団体「国境なき記者団」(RSF、本部パリ)は6日、インターネットへの自由なアクセスを支援する24時間キャンペーンを7日から行うのに先立ち、「インターネットの敵」として北朝鮮や中国など13カ国を挙げた。
名指しされたのは両国のほかサウジアラビア、ベラルーシ、ミャンマー、キューバ、エジプト、イラン、ウズベキスタン、シリア、チュニジア、トルクメニスタンとベトナム。昨年リストに入っていたリビア、モルディブ、ネパールは外れた。
RSFは「オンライン上の表現の自由と抑圧国家のブログの書き手たちを守る」ため、7日から24時間、RSFのサイトにアクセスし、支援の意思を示すよう人々に呼び掛けている。

[PR]
by pandanokuni | 2006-11-08 10:42 | 社会ネタ
日本のAV女優が中国で開かれた国際会議の屋外広告に登場!!
あの天下の『人民日報』のウェブサイトである『人民網』までもが、転載であるとは言え掲載したホットなニュースをまずは引用します。
先日、『第2回健康都市連合大会』という国際会議が蘇州で開催されました。主催者が雰囲気を盛り上げ、地元市民に大会への理解を深めてもらうために、イメージ広告を行うことは、ほんらい非難されるべきことではありません。
ところが、この大会は「健康な都市」と言う理念と同時に、日本の一人のAV女優のプロモーションまで行ったということで、評判になってしまいました。多くの人たちが、「白衣の天使、健康の護り主」と言うテーマの公共広告で、日本のAV女優を目撃してしまった。白衣をまとい注射器を手にしたこの女性は、少なからぬファンを持つ、日本のアダルトビデオの女優。こうした広告が蘇州の街頭に公然と掲出されていたのです。


b0047829_1363635.jpgこの国際会議は、WHO、中国国家衛生省、全国愛国衛生運動委員会、江蘇省人民政府の支持により、健康都市連合(Aliance For Health Cities)と蘇収支人民政府が共同主催したもので、『健康な都市、それは全世界の願い』をテーマに、10月28日から3日間、江蘇省蘇州市の蘇州コンベンションセンターで開かれました。日本や韓国、東南アジアを中心に外国からも多くの関係者が参加、中国中央政府の副大臣が挨拶に立ち、都市生活者が健康的な生活を維持していくための『蘇州宣言』を採択しました。


b0047829_1372452.jpg話題の屋外広告に登場したのは、1999年2月に宇宙企画の『純心』という作品でデビューし2年ほどでAV業界を退き、その後ファッション誌『anan』に登場したとも言われている、葵みのりさんとのことです。2000年1月15日に宇宙企画から発売された『ぶっとい注射がスキなのよ』という作品のカバー写真が、そのまま広告に利用されたようです(AV女優については不勉強のため、Wikipediaの該当項目を参考にしました)。

このニュースは、恐らく上海の地方紙『新民日報』のウェブサイトが最初に報道し、その後ネット上で転載されていったのではないかと思いますが、日本では人気のAV女優とは言え、その屋外広告を見て、モデルが日本のAV女優の葵みのりさんであることを短時間で突き止め、しかもオリジナル写真のAVタイトルまで調べちゃうなんて、中国のメディアもたいしたものです。


b0047829_1375861.jpgその新民網の記者が関係者に取材した記事より:
広告デザインを発注した蘇州市衛生局宣伝課劉さんのお話。「私たちのアイディアではありません。デザイン会社に依頼したのですが、デザイン会社も知らなかったのでしょう。きれいな女性の写真を使っただけで。」
広告の審査を担当する蘇州市工商局商広課の譚さんのお話。「通常の審査では見つけ難いものです。屋外広告の主な審査基準は、公序良俗に反していないかです。問題の広告はAV女優の写真を使用していたようですが、その広告デザインそのものはエッチとは思えないので、通常の審査では問題にならないでしょう。」
広告業界の専門家のお話。「AVの写真なんてフツーに使っているよ。広告デザイン業界では、外国の人物の写真を利用することはフツーだから。もし、中国国内の人物写真を使ったら、肖像権問題なんかになり易いし、コストも馬鹿にならないからねぇ。国外の写真なら基本的にそういうことを気にする必要が無い。しかも、アジア人の容貌だと中国人とあまり違いが無いからね。」


中国(人)は著作権や版権に無頓着と思われがちですが、実はそうでも無いのです。中国(人)が権利を侵害されたとしたら、えらい剣幕で抗議されますし、訴えられたりします。ですから、中国国内に著作権者が存在するようなモノは使わない、ということなんですね。中国(人)に権利を侵害された外国の著作権者が、中国(人)みたいに間髪を容れずどんどん抗議すれば事情も変わるのかもしれませんが、手間やコストとそれに対する見返りなどを考えた場合、侵害されっぱなしになっている、と言うのが現状でしょう。

宇宙企画の関係者の方、あるいは葵みのりさんには、蘇州市衛星局を相手取って、訴訟でも起こしてもらいたいと願っております。
[PR]
by pandanokuni | 2006-11-02 12:55 | 社会ネタ