「ほっ」と。キャンペーン
<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
アメリカの気の利いた演出に胡錦濤さん引きつる!?
稼ぎまくった外貨を大盤振る舞いでばら撒きに行ったのに、胡錦濤さんの内心は穏やかではなさそうです。

まず、ホワイトハウスでの歓迎式典で国歌を演奏する際、国の名称を紹介する男性アナウンスが"Republic of China"とやってしまいました。
ご存知の通り、胡錦濤さんが率いる(操られている)中華人民共和国は"People's Republic of China"です。"Republic of China"は中華民国、つまり台湾を表わします。
中国で稼ぐ外国企業にとって、"Republic of China"と言う言葉は"禁句"です。とりわけ中国のお役所とやり取りするときには注意が必要で、台湾は"Taiwan"と表現しなければなりません。うっかりしても"Republic of China"とか"ROC"とか使っちゃいけないのです。
身近なモノから探してみてください...."Made in China" とか "Made in PRC" とか "Made in Taiwan"と書かれた商品はすぐに見つかると思いますが、"Made in ROC" とか "Made in Republic of China" などと書かれた商品はそう簡単には見つからないはずです。かつて日本の大手メーカーが台湾で生産した商品に"Made in ROC"と記載して、中国当局にえらく苛められたことがありました。ですから、中国で稼ごうと思うなら "Republic of China" は使わないほうが賢明なのです。"自主規制"です。
もっとも、 "Republic of China"(中華民国)を承認している国家はエルサルバドルやセネガルなどアフリカ、中南米の20数カ国のみで、アメリカや日本など多くの国家にとって存在しない国家の名称であるとも言えるのですが....。
スピーチを前にして緊張気味の胡錦濤さんには、軽いジョブ攻撃になったようで、国家演奏を聞く表情もどこと無く冴えませんでした。

お次は、胡錦濤さんのスピーチの最中の小憎らしい演出。スピーチが始まって間もなくのことでした....
「21世紀の中米の建設的な協力関係を全面的に推進していきたいと思います。」と中国語で言い終えて、英語の通訳が始まったとき、メディアの取材エリア最後方のカメラの中から女性の叫び声が聞こえ始めます。スピーチしている胡錦濤さんのほうを向いていたブッシュさんも、顔を正面に廻し、叫び声の主を探している様子。英語の通訳が終わっても、叫び声はおさまりません。胡錦濤さんの表情は幾分引きつりましたが、傍にひかえるブッシュさんに促され、気を取り直して次のパラグラフのスピーチを再開します。それまで流暢だった胡錦濤さんのスピーチは、センテンスごとに原稿に目を落とし、声もちょっと震え気味、と冴えない感じになってしまいました。
叫び声は約1分30秒続きます。胡錦濤さんのスピーチに向いていたテレビカメラの一部は、叫び声を挙げている中年の東洋系女性のほうにパンします。その後、叫び声の主はセキュリティ・サービスやガードマンではなく、隣に居た東洋系のテレビカメラマンに口を塞がれそうになり、促されて引っ込んでいきます。最後はガードマンに連れて行かれたみたいですが....この間、2分近くの白熱の演技は、CNNやFOXニュースの映像で全世界に生中継されたので(YouTubeにアップされたCNNの映像)。

歓迎式典が行われたのはホワイトハウスの敷地内ですから、フツーの人はまず入れません。叫び声の主は王文さんと言う方で、中国では非合法な団体になっている"気功集団"『法輪功』系の新聞『大紀元時報』の臨時記者章を持っていたそうです(Sankei Web:『大紀元』ネット版では王文怡さんとなっています)。CNNの音声から私は聞き取ることができませんでしたが、胡主席、あなたに残された日はもうわずかだ。ブッシュ大統領、法輪功への迫害をやめさせてください」と、中国語と英語で叫んでいたのだそうです。

歓迎式典でのこの二つの出来事は、予期せぬハプニングとして処理され、ブッシュ大統領は会談に入ったあと、胡氏に対して「不幸な出来事だった。残念に思う」と遺憾の意を示した(asahi.com)そうですし(これはアナウンス間違いに対しての遺憾の意とのことらしいですが)、『大紀元時報』もホワイトハウスや国務省に謝罪したらしいです(王文怡さんはほんとうに『大紀元時報』の記者だったわけです)。ブッシュさんは、ほんとにハプニングだったのだと思っているのでしょう。

まぁ、最初の一件はほんとうにハプニングだったのかもしれません。オリンピックの表彰式で国旗や国歌を間違えることもあるくらいですから、日本人以外のほとんどの地球人は正確性をさほど重視してません。アナウンサーが緊張のあまり"People's"を読み忘れたのかもしれません。
とは言え、原稿に意図的な細工がしてあった可能性も否定はできないですね。

でも、第二の出来事のほうは、少なくとも未必の故意と言えるのではないでしょうか。"民主主義と自由の国"などと自慢しながら、そうでも無さそうなアメリカのことです。記者章の申請だって、"自由に"拒否しちゃうお国柄でしょうから、『大紀元時報』の取材をお断りすることもできたはずです。そうまでしなくとも、ホワイトハウスにしょっちゅう出入りするようなメディアでは無さそうな『大紀元時報』の王文怡さんなる記者の人物照会くらいすることはできたと思います。
飛行機に乗り込むときにあれだけ面倒なチェックをするくせに、報道機関の所属と言うだけで大統領のお膝元にラクラクと乗り込めるなんて不思議な話です。防げたのに防がなかった"911"みたいです。

こんな気の利いた演出を考え出したのは、少なくともブッシュさんでは無いでしょう。ホワイトハウスの嫌中派あたりが筋書きを作ったのではないでしょうか。
いや、もしかしたら江沢民さんの仲良しグループあたりが中国からディレクションしていたのかも知れません。なにせ叫んだセリフが「胡主席、あなたに残された日はもうわずかだ。」ですから....。

さて残念ながら夕べは夜遊びしていたので、CCTV(中国中央電視台)あたりがこの記念式典が"ほぼ"生中継で放映していたのか確認できておりません。でも生中継で放映していたとしても、"ほぼ"生中継ですから、こんなお恥ずかしいハプニングも大多数の中国人民には気づかれずに済んでいるはずです。
きょうのCCTV夜7時のニュース(新聞聯播)ではしっかりトップ扱いで、華やかな記念式典を伝えておりました。"叫び声"のことはもちろんスルーです。
スピーチは順番を編集して「このたびブッシュさんの熱烈なご招待に応え、貴国を訪問することができ、たいへん嬉しく思います」から始め、叫び声の直前のことば「21世紀の中米の建設的な協力関係を全面的に推進していきたいと思います。」でしっかり映像は終わっていま(CCTV.com)。

現時点で新華社のサイトは、歓迎式典での胡錦濤さんのスピーチ全文をアップしていません。その代わり、歓迎式典の後に開催された晩餐会(胡錦濤さんは国賓ではないので、ブッシュさんは晩餐会を主催しませんでした。代わりにアメリカの友好12団体が主催した晩餐会です。)でのスピーチを全文掲載しているのです(新華網)。政府公式行事での国家元首のスピーチではなく、民間団体主催行事のスピーチのほうを全文(?)掲載するなんて、中国では異例のことですから、"叫び声"演出による"公式映像の欠如"がビミョーに影響しているのでしょう。
とは言え、新華網に掲載されている「アメリカの友好団体主催晩餐会でのスピーチ(全文)」は、歓迎式典でのスピーチとほとんど同じ内容です。

アメリカから帰ったらいよいよボクがほんとうの主役になれるんだ、と期待していた胡錦濤さんでしたでしょうに、アメリカの(?)気の利いた演出のおかげで、引き続き身内から足を引っ張られかねない雰囲気です。もう北京に帰りたくない、って思っているかも知れません....

ところで昨日私は、米中首脳会談で日中関係について話題にのぼるかどうか、知人と賭けをしました。
(a)ブッシュさんが胡錦濤さんに「もうそろそろ小泉くんに会ってあげてよ」とお願いする
(b)胡錦濤さんがブッシュさんに「頑固な小泉さんを何とかしてよ」とお願いする
(c)ふたりとも、小泉さん(日本)のお話をスルー
私は(c)に100RMB賭けたのですが、どうも当ててしまったようです。
ホワイトハウス当局者の記者説明によると、一部で議題化が取りざたされた日中関係については、米中首脳会談で取り上げられなかった。(Sankei Web)
ご愁傷様でした。

胡錦濤さんとブッシュさんの"にこやかな"ツーショットの横には、神主に率いられて靖国神社を参拝する96名の国会議員の集合写真、更には「日本の侵略野心が露呈された by 韓国」の記事。中国の新聞やニュースサイトを見ていると、日本は何だかスゴイ状況に陥っているように思えてしまいます。
[PR]
by pandanokuni | 2006-04-22 01:03 | 政治ネタ
前?後ろ? - テープ文化とディスク文化
皆さんはビデオやDVDを見ていて、いま見ている場面より未来のほうの場面を見るとき、どう表現しますか?
ううん、言い方が難しいですね...つまり、いま見ている場面が、冒頭から35分だったとします。その後に、例えばTV-CFなど不要な場面(!!...広告業界の者がこれを言っちゃお仕舞ですが....)があるので、冒頭から37分のあたりまで"早送り"してもらいたいとき、リモコンを持っている同居人にどうお願いしますか?
「もっとに送って!」「もう少し前!」とか言うのがフツーではないでしょうか?
反対に、冒頭から35分の場面を見ていて、冒頭から33分あたりの場面をもう一度見直したいときは、リモコンの"巻き戻し"ボタンを押してくれている同居人に、サーチ画面を見ながら:「もうちょっと後ろ!」とお願いするのではないでしょうか?

つまり、見ている場面より未来のほうを「前」、見ている場面より過去のほうを「後ろ」と言うのが一般的だと思います。ビデオやDVDデッキの操作表示でも、日本語の"早送り""巻き戻し"は、英語なら"FWD=Forward"、"RWD=Rewind"または"BWD=Backward"になっていますよね。

さて何でこんな些細なことをブログに書いているかと申しますと、中国語ではどうも逆のようなのです。"早送り"のため日本語ならば「に進めて」と言う場合、中国語なら「後ろに進めて」と言い、"巻き戻し"のため日本語ならば「後ろに戻して」と言う場合、中国語なら「前に戻して」と言います。仕事柄、映像の編集作業に立ち会うことが多いのですが、私の日本語の習慣と逆になっているので、私が中国語でディレクションしてしまうと混乱を招くことが多々あります。
同じ漢字を使っているのに、意味が逆になることに興味を持ってしまいました。

中国語で「前日(前天)」は「きのう」のことではなく「おととい」のことです。現時点より過去に対して「前」という文字を使っています。いっぽう「後日(天)」は「あさって」。つまり、現時点より未来に対して「後」という文字を使っています。
これは日本語にも言えることで、「前日」や「三日前」の「前」はある時点より過去を、「後日」や「一週間後」の「後」はある時点より未来を意味しています。
ですから中国語流に、"巻き戻し"の時に「前に」、"早送り"の時に「後ろに」という言い方のほうが、理に適っていそうで、日本語流の"巻き戻し"の時に「後ろに」、"早送り"の時に「前に」という言い方のほうは、時間概念としての「前」「後ろ」で捉えた場合、正しくないように思えます。

それでも広辞苑でしらべてみると、日本語流の言い方でも間違いではないことが分かりました。
「前(まえ)」には[a]ある時点より早いこと、と言う意味とともに、[b]進んでいく先にあるほう、という意味もあったのです。DVDの"早送り"で使う日本語の「前に」は、[a](=時間概念)ではなく、[b](=運動の方向)の意味なのだと思います。これは英語の"Forward"に近いものを感じます。
一方「後ろ」には[c]順序であとの方、と言う意味とともに、[d]過去、という意味もあるそうです。DVDの"早送り"で使う日本語の「後ろに」は、[d]の意味なのでしょうか....
また、漢和辞典によると「前」と言う文字にはある起点よりみて、まえのほう「後」と言う文字にはある起点よりみて、うしろのほう、という意味があり、どちらの文字とも場所にも時間にも用いるそうです。

b0047829_17291345.gif勝手な解釈ではありますが、"巻き戻し"や"早送り"を、中国では時間概念(時間のベクトル)で捉え、日本では場所概念(位置のベクトル)で捉えている、といえるのかもしれません。
場所(位置)というのは、ビデオテープの中の場所です。日本ではオープンリールやオーディオ・カセットの頃からテープ文化が大衆化して、その後ビデオテープになり、CDやDVDになりました。音楽や映像の再生のとき、リールが回りながらテープが前に進んでいくのが見れたので、"巻き戻し"や"早送り"は、音楽や映像の時間的な前後と言うより、テープの進んでいく方向として捉えたのではないかと推測します。つまりテープの再生位置を基準に、テープが進んでいく方向が「前」でその反対が「後ろ」という言い方が一般化したのではないでしょうか。恐らく、英語の"Forward""Backward"と言う言い方も同じでしょう。
中国にもテープ系はあるのですが、あまり一般化せず、いきなりCD、VCD、DVDのディスク文化が主流になりましました。ですからテープが前に進みながら音楽や映像を再生していく感覚は一般的では無いようです。むしろタイムコード(時間表示)が進んでいく印象のほうが強いので、時間概念で捉えた「前に」「後ろに」という言い方が一般化したのではないでしょうか。

「前」「後ろ」というシンプルな言葉なのに、日本と中国で意味が反対になっている原因を、好き勝手な想像で"テープ"と"ディスク"の文化の違いのせいにしてみました。
[PR]
by pandanokuni | 2006-04-20 17:23 | ひまネタ
『中国青年報』を舞台に日本のお役人が大奮闘!!
日本にお住まいの方は何となく、在中国の日本大使館や領事館の人たちが、"チャイナ・スクール"で固められていて、「日中友好、日中友好」という感じで、できるだけ中国側を刺激しないように手をもみもみして、差し障りの無いように毎日を過ごしているんじゃないか、と思われたりしている方も多いのではないでしょうか....

2002年5月に起きた瀋陽総領事館北朝鮮人亡命者駆け込み事件の"帽子を拾ってあげた"映像があまりにも象徴的だったのかもしれません。お国のために頑張っている方々もたくさんいるのですが、大衆映像メディアの影響力たるや恐ろしいものですね。上海総領事館職員自殺事件のときも、『週刊文春』の記事に拠れば、杉本総領事は非公式でこの事件に関係したと見られる中国機関のNO1と2を飛ばしたとされています。日頃仲良くして"関係作り"に励み、手を打つときにはそうした"関係"を巧みに利用したのでしょう。"もみ消し"とお考えの方もいらっしゃるようですが、現地でできる限りの奮闘をしたと捉えても良いのではないでしょうか。
"チャイナ・スクール"だから、在中国日本公館員だから、更には中国にいる日本人だから"売国奴"みたいな決めつけは、当てはまらないと思います。

最近、胡錦濤さん傘下の新聞『中国青年報』の別刷り版とも言える『青年参考』のカヴァーページを飾った日本のお役人がいらっしゃいます、大臣でもないのに、です。4月6日付けの「日本公使が"武器輸出問題"を話すためにやってきた」というタイトルの記事に、どんと大きな井出公使の"毅然とした"顔写真が掲載されました。井出敬二氏は日本大使館広報文化部長で広報担当の公使ですから、メディアのインタビューに答えるのは"当たり前"と言ってしまえばそれまでのことなのですが、定例会見やメディアからの問い合わせに文書で回答するのがお決まりのコースとも言える、日本のお役所系の広報責任者とは一味違って、中国メディアに果敢に立ち向かっている感じです。

ことの始まりは『青年参考』の1月17日付け「日本の軍事支出の真相」と言う記事の中で、日本がアメリカに対して手榴弾などの武器を輸出しているなどと書いたこと。
この記事に対して井出公使は1月19日にさっそく新聞社に出向き、記者と"交流"を行ったようです。その結果、扱いは小さかったものの「日本は猟銃のみを輸出している」という前論撤回の"訂正記事"を勝ち得たのでした。記事の中で井出公使は自衛隊員が海外任務に赴く際に携帯する自衛武器でさえも"輸出"の記録が残るんですよと説明すると、武器輸出規制や税関に対しての知識が乏しい記者はとても理解できないとへんてこな質問を繰り返し、そのまま記事にしちゃったのでした。

とは言え、その後中国の新聞やニュースサイトに転載されるのは、元ネタの「日本がアメリカに対して手榴弾などの武器を輸出している」のほうで、"日本の武器輸出疑惑"はネット上でくすぶり続けていました。きっとそんな状況もあって、井出公使は『青年参考』に再度足を運んだのでしょう。そして、今回はカヴァーページを飾る大きな記事として掲載されたのです。ま、"日本の武器輸出疑惑"についての議論はスルーさせていただきますが....
しかも副産物として、ご本人のプライベートな素顔まで中国の権威あるメディアで紹介されたのです。4月11日付けの「日本公使:中国での生活に精神的プレッシャーは感じません」というタイトルの記事では、本紙とは何度も交流を続けている井出公使の独占インタビューという枕詞付きで、家族や中国での生活についてとともに、非常に微妙な靖国神社の問題や台湾海峡の情勢についても語ってもらったと、和気藹々の雰囲気を醸し出しています。しかも、井出敬二(笑):日本の武器輸出のことで突っ込まれると思っていたら、家族の話ですかぁ...."(笑)"ですよ、中央共青団機関紙が....。そんな導入部分から、記者の質問はお決まりの"靖国神社の問題"や麻生外相の"台湾という国発言問題"へと移っていくのですが、井出公使は記者に逆質問を繰り返すことで記者の"勉強不足"=中国人民の理解不足を露呈させていきます。ちょっと目を通すだけで記者の取材不足がバレバレのインタビュー記事を掲載する勇気も大したもんだと思いますが.....。
ちなみにこの記事のタイトル「日本公使:中国での生活に精神的プレッシャーは感じません」には「"小泉さんの靖国参拝は私的なものだ"と話す」という修飾語付きです。

武器輸出にしても、靖国神社にしても、台湾発言にしても、当の記事を書いただろう記者が議論も続かないくらい勉強不足だったわけで、中国メディアの日本批判なんてこんなものなのですが(日本メディアの中国批判も似たような感じでしょ)、敢えてスルーせずに新聞社に乗り込んで堂々と説明する姿勢は立派だと思います。しかもお堅い新聞が"(笑)"をつけてしまうくらい和やかに。
メディアのインタビュー、特に中国の場合は、ちょっと言い方を間違えると"命取り"になりかねないわけで、事なかれ主義のお役人なら、部下の作った回答書を何度も手直しして差し障りのない文書で対応するのがフツーなのに、積極果敢だと感心しております。『青年参考』は記事になりましたが、記事にならなかった"接触"もたくさんやっているのだと推測します。
ちなみに井出公使はいわゆる"チャイナ・スクール"ではないようですけど、最近こんな本も出されています(あんまり売れちゃうと、商売敵になっちゃうんですけど....^^;)。

外務省や井出公使をヨイショしても、あまり良いことは無さそうですが、中国の(影響力は小さいですが)権威あるメディアで展開された日本政府による"世論工作"とお役人の奮闘を、日本のメディアはきっとスルーしてしまうと思いましたので、当ブログにて紹介させていただいた次第です。
[PR]
by pandanokuni | 2006-04-13 20:28 | 政治ネタ
『白い巨塔』と『ドラえもん』と『君よ憤怒の河を渉れ』
天下のCCTV(中国中央電視台)で久々に日本のテレビ番組が放映されています。3月18日から28日にかけてCCTV-8(ドラマチャンネル)で放映されたドラマ『白い巨塔』と3月27日からCCTV小児(こどもチャンネル)で放映中のアニメ『ドラえもん』です。

山崎豊子原作の『白い巨塔』は4回テレビドラマ化されていますが、今回中国で放映されたのは、2003年10月からフジテレビ系列で放映された"最新"ヴァージョン全21話です。日本ではテレビドラマは"ハコ"と呼ばれる週に1回放映がお決まりですが、中国の場合、同じ時間帯で毎日2~3話を放映するのが普通です。日本では半年間続いた唐沢&江口版『白い巨塔』も、CCTV-8ではたった1週間ほどで放映完了となりました。

ところでCCTV-8版『白い巨塔』の最終話は、中国の一部視聴者の顰蹙を買ってしまったようです。「CCTVは原作を尊重せず『白い巨塔』を切り刻んだ」と罵られています(新浪網)。この記事は上海の「東方早報」からの転載のようでが、要は熱心な視聴者は、CCTVが『白い巨塔』のクライマックスをバラバラに切り刻んで支離滅裂なものにしてしまった、と憤っているらしいのです。さらに翻訳やアフレコの間違いならいざ知らず、CCTVが原作の精髄を破壊したことに関しては我慢できないそうです。
私は原作を読んでいませんし、CCTV-8で放映された最終回も視ていませんから、何をどう切り刻まれたのか分かりませんが、その記事では細かいシーンにまで言及していますので、恐らく日本で放映されたテレビドラマの最終回とCCTV版の内容がかなりかけ離れていたのでしょう。ちなみに日本のオリジナル版はネット上のダウンロードや海賊版DVDで視ることができますから、それを視ていた視聴者からの指摘なのでしょう。CCTV版の第21話を録画されてる方がいらっしゃれば、ぜひお借りして比較してみたいところです。

一方『ドラえもん』のほうは、"第二世代"と呼ばれる日本では6~7年前に放映されたシリーズです。
国策によりCCTVでも2年前からアニメ番組を中心に放送する"こどもチャンネル"を開設しました。ただ"総枠規制"があって外国製アニメが放送可能な時間帯は限られています。その一つが毎日20:00から30分間の『動漫世界 - Comic World』("動漫"は中国語で"アニメ"を意味します)という番組です。この番組の中で外国アニメを放映していくのですが、過去2年間で日本アニメが放映されたのはたった一つ、"新世代"の『鉄腕アトム』のみで、他はすべて欧米制作の作品でした。そして、ようやく日本作品第二弾『ドラえもん』の登場となったのです。
日本のアニメは100%お子様向けに作られているわけではありませんから、暴力的シーンやちょっぴりエッチなシーンなど非教育的なシーンがあるので、海外のテレビ局では放映に慎重にならざるを得ないのですが、世界的に高いレベルの日本のアニメがこれほどまで中国で正式に放映されていないことには、やはり何らかの意図を感じてしまいます。

さて、『ドラえもん』は数年前に大陸のローカルテレビ局で放映されたことがあるのですが、今回CCTVで放映されているシリーズは中国大陸初公開です。『白い巨塔』も台湾や香港では既に放映され、大陸では既にネットや海賊版DVDで視た人も多いのですが、やはい今回のCCTVでの放映が正式には中国大陸初登場です。
CCTVは1チャンネルや一部の人気番組を除き、都市部での視聴率は限りなくゼロに等しいテレビ局です。とりわけ、CCTV小児チャンネルの視聴率なんてほとんどいつも"米印"みたいなものです。とは言え、この時期に日本のテレビコンテンツがCCTVで放映された意義は大きいと思います。

話は変わりますが、張藝謀監督の映画『単騎千里を走る』を撮るきっかけになったとも言われる、高倉健さん主演の日本映画『君よ憤怒の河を渉れ』をようやく観ることができました(弊ブログ参照)。
1978年、文化大革命後の中国で初めて公開された外国映画で、中国都市部に住む現在40歳以上の方のほとんどが観たといわれています。張藝謀さんが惚れ込むだけあって健さんはかっこよかったですし、演技力も光っていました。
でもこの映画、驚くことにベッドシーン(正確には山小屋のワラの中でしたが)もありますし、中野良子(正確には影武者らしい)の非必然的なヌードシーンもありますし、新宿の繁華街を馬が駆け抜ける非現実的なシーンもありますし、西村晃演じる右系黒幕が「皇紀2635年の歴史と伝統を忘れて日本を社会主義化しようする不逞の輩に残らず思い知らせてやる」なんて言ってしまうシーンまであるのです。「資本主義社会の暗黒面を描いた映画」と言う名目だったとは言え、よくもこんな映画が公開されたなぁ、と思いました。

ところが調べてみますと1970年代の中国公開当時はやはり原作を尊重せず切り刻んでいたようなのです(参考サイト「結末は正反対!?"健さん"主演映画20年ぶりに再放映でビックリ 」by原口純子さん・Daily News Cafe)。ベッドシーンやヌードシーンは確実にカットされたでしょうし、ラストシーンなんかオリジナルと正反対の結末に再編集されていたらしいのです。
初公開から20年以上経った2000年になって、CCTVはほぼ無修正版の『君よ憤怒の河を渉れ』を放映したそうです。

CCTVで無修正版『白い巨塔』最終回が放映されるのは、20年後になってしまうのでしょうか.....。
[PR]
by pandanokuni | 2006-04-04 21:08 | ひまネタ