<   2006年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ネット規制の政策には、対策もあります。
中国のインターネット規制についてネット関連企業の協力度を追求すべく、アメリカ議会下院外交委員会で公聴会が開かれました(CNN Web版ほか)。そもそも、シスコシステムあたりが黄金のシールドと呼ばれる特定キーワード排除ウォールで儲けていたのですが、グーグルもヤフーもマイクロソフトも中国で商売をやる以上、当局のお気に触るキーワードを含むページを"自主的"に削除してきたりしていたのです。

マイクロソフトの言い分:「表現の自由を促進するという意味で、中国へ進出することによるプラスはマイナスをしのぐ」。確かに、中国でもインターネットの普及によって情報収集が楽になりましたし、個人レベルの情報発信もしやすくなりました。
当局のお気に召さない書き込みをした方の個人情報まで提供し、結果その方が禁固10年になってしまったヤフーの言い分:「中国の法律に従うのはわが社にとっても苦痛だ」。苦痛だけども、ビジネスを捨てるわけには行かないわけですね。
そして、"正義の味方"アメリカ合衆国の国務省は、インターネット閲覧の規制を阻止するための特別チームを設置するそうです(NIKKEI Net)。

さてここで、こちら悪玉の見習いスポークスマン秦剛さんの主張:「私は全ての国にとって法律に従ってインターネットを規制するのは共通の行為であることを主張したい。インターネットを規制することで健康的で秩序正しいIT文化が発展し、公衆の利益となる。」
2チャンネルあたりで殺人予告して、"通報"されて、ひろユきさんが書き込んだ方の個人情報を提供して、その方がタイホされる、ってことは確かに日本でもあります。その国にとっての善悪の基準が違うと言うことでしょう。たしかに、日本にもアメリカにも法律に従ってインターネットを規制する行為が存在するのは事実ですから。

日本の特定サイトへのアクセス禁止も相変わらず続いています。
日本語のWikipeidaが中国から繋がらなくて、中国語版のWikipeidaはスルスル繋がるのは、きっとWikipeidaのほうで"当局のガイドライン"に"潔く"従っているからでしょう。"geocities.co.jp"のサイトは長い間、中国大陸から繋がりにくいままです。去年反日デモで盛り上がった頃、Exblogがアク禁になりました。2ヶ月ほどでアク禁解除になりましたが、どんな基準でアク禁にしたり解除したりするのか、いまひとつハッキリしていません。
seasaa.net(シーサーのブログ)が中国から繋がりにくくなって、かれこれ3ヶ月が経とうとしています。シーザーには私が良くお伺いする中国関係のブログがいくつかありますが、"夜のお楽しみ情報"あたりが当局の気分を損ねたのかなぁ、などと想像していました。ただ中国を鋭くウォッチする著名ブログ(このブログはシーザーではないのですが)の管理人さんによる、中国関連ニュースのリンク集ブログもシーザーなんですね....。どのブログがお気に召さなかったのか、なかなか解除してくれません。

特定サイトへのアクセス禁止という規制の方法は、ちょっと稚拙な感じがします。評判を下げるだけで効果は小さいのではないかと思うのです。
プロキシとかたまねぎとかある種のRSSリーダーとか中国語以外の検索サイトでキャッシュを拾うとか、ネットに関するちょっとした知識があると、中国からもアク禁サイトを見ることが可能なのです。権力が見せたくないと思っているモノほど、何とかして見てみたいと思う人たちがいるわけで、そういう人たちこと権力がそういう情報を見せたくないと思っている人たちなのです。権力にしてみても、一般ピープルは当面放って置いて良いくらいに思っているハズです。ちょっと"インテリ"とか権力に刃向かいそうな人たちこそ、アク禁情報をいろいろ努力してでも入手しちゃうわけです。

私は、知り合いの党員(まぁ私が見たところ"改革派"の若手、もちろん中国人)に、日本のメール・アカウントを作ってくれるようにお願いされたことがあります。彼が指定したフリーメールで、しかも日本に一時帰国した際にアカウントを作成して欲しい、とのリクエストでした。彼は海外の知人と"情報交換"にそのアカウントを使い、メール本文には書かず、画像ファイル(WordやPDFも良くないそうです)にして添付しているそうです。
こんなことを書くと私にもその知人にとっても面倒なことになりそうですが、本日付のasahi.comの記事を見て、この程度なら書いても大丈夫だろうと思ったのです。

中国共産党青年団機関紙でもある全国紙「中国青年報」の別刷り版である「週刊氷点」が発行停止に関して、政府系新聞の記者ですら海外のフリーメールなどを使い分けてる、と言う"暴露記事"です。「週刊氷点」の発行停止については、党の元幹部などがネット上で批判し、当局はそのサイトをアク禁にしたりしましたが、この種の"インテリ系の人"たちには効果が小さい、と言う証拠になっちゃいました。結果として編集長は"配置換え"になりましたが、「週刊氷点」の発行は再開される事になりました。
「週刊氷点」に関して、ホットな情報を提供されていた日本の方のブログがHatena Diaryにありますが、このブログもやはり「ちょっとだけ面倒なこと」になっていたそうです。

人は簡単に見ることのできないモノほど、一生懸命努力して見ようとするものです。規制が進化しても、対策も進化するでしょう。イタチゴッコです。"民主国家"からの評判を落とし、波風を立てるだけだと思うのですけど....
日本のブログ運営会社が、こちらの当局に私の個人情報を提供しないことを願っております!!
[PR]
by pandanokuni | 2006-02-21 22:46 | 政治ネタ
『国家の品格』のため"鎖国"の準備を始めましょう
一時帰国した日本の病院の待ち時間に雑誌「WiLL」を読んでいると、恐らく製薬会社の営業の方ではないかと思われるおじさんに「いい雑誌読んでるねぇ。」と声をかけられました。その方に「『国家の品格』って本も読んでよ」と言って立ち去っていきました。見知らぬ方に『WiLL』購読を褒められ、「すべての日本人に誇りと自信を与える」などと帯のついた、なんだか"右巻き"っぽい書籍まで紹介されるなんて、日本の"右傾化"はネット住民世代ではなく中年オヤジにも浸透しているのかなぁ、などと思ってしまいました。
書店に平積みにされていた『国家の品格』を買って帰りました。新田次郎さんのご子息で数学者の藤原正彦さんの講演録で、発売2ヶ月で11版と言うヒット新書です。

経済の専門家でも政治の専門家でもない藤原さんの自論ですから、細かい点を突っつかれると痛いところもあるのでしょうが、私が日常思っていること、強いては文章力に乏しい私がこのブログで書き表わせなかったことが、この書籍の中にはいくつかあって、このブログで取り上げてみたいなぁ、などと考えつつも、タイミングを逸してしまいました。
先日、とあるSNSのレビューにこの書籍を取り上げたところ、見ず知らずの方々から多くのご意見をいただきました。このブログでは「日本論」と言うよりは、"中国(北京)"或いは"北京で暮らし仕事をする自分"との関連において、『国家の品格』を自分なりに捉えてみたいと思います。

まずお読みになっていない方のために、本書のポイントをまとめてみます。
ひとつは、いま世界を支配している資本主義(市場原理主義)と民主主義に対する懐疑
<<すべての先進国で社会が荒廃しているのは、近代的合理精神の限界を意味している。そもそも論理の徹底は破綻を招く。そもそも資本主義はカルヴァン派宗教改革の辻褄合わせで発展した論理だし、民主主義の前提となる成熟した国民などありえない。>>
もうひとつは、日本古来の概念の賛美
<<日本は世界的に普遍性を持つ「情緒」と「形」の国。論理だけでは説明できない「武士道精神」こそ大事。「品格のある国家」とは独立不羈で高い道徳と美しい田園を持ち天才を輩出する国。この4世紀ほど世界を支配した欧米の教義が綻び始めたいま、世界を救うのは日本人。>>
なんだか反米国粋主義の本みたいですが、個々の主張はそれほど"右巻き風"では無いので、きっと感情的なナショナリストさんからも、グローバル市民系のサヨクさんたちからも、痛烈な批判を受けてしまったりするのではないでしょうか。

私が共感した第1点は「民主主義の前提となる成熟した国民などありえない」という主張。
主要民主主義国家はアメリカの音頭取りで、中東やアフリカ諸国や中国・北朝鮮などに民主主義を奨励しています。きっと民主主義が最も精錬された政体であると信じているからです。でも2000年以上も昔、都市国家から領域国家に発展したローマのカエサルは、共和制を捨て独裁制(帝政)を選択しています。大きくなりすぎた国家は一握りのエリートが運営することが最も国家のためだと判断したからです。多数決を原則とする民主主義は、参政者それぞれがしっかりした判断力を持たない限り、その国家のためにならない誤った方向に進むことすらあると思います。立法府だけではなく、裁判所の判断も、行政の判断も、かなりの部分、世論に影響されるのです。
中国はご存知の通り共産党独裁国家ですが、それでも”市民の声”を行政に反映させる必要が生じています。ですから、春節時期の爆竹の開放だとか、地下鉄駅名の公募などという、差し障りの無いところで、世論を反映しようとしています。プロセスはともあれ、多民族大領域国家である現状の中国で民主主義を導入したら、きっと取り返しのつかないことになるように思うのです。13億人のうち、"成熟した判断ができる人民"がどれほどいるでしょうか....まずは、多宗派国家イラクで民主主義が根付くか見守りたいと思っていますが。

中国に"成熟した判断ができる人民"が少ないのは、言論やメディア統制があるからだと言われれば、そうともいえるでしょう。でも民主主義国家と言われているアメリカや日本はどうでしょう。大衆メディア(私が大衆メディアと言うのは、数的影響力がある商業テレビ放送=日本では新聞も含めたい=をイメージしています)は自由に報道できているのでしょうか?仮に自由があったとしても国民に"成熟した判断"のための情報を提供しているのでしょうか?私は甚だ疑問に思っています。
サラエボ皇太子暗殺に端を発する第一次世界大戦も、アメリカの第二次世界大戦対日参戦も、アフガンやイラクでの戦争も、直接的には世論の支持により始まったのです。その世論とは民衆のナショナリズムから沸きあがった場合もあるでしょうし、メディアなど権力によって操作された場合もあるでしょう。
私は中国のような一党独裁主義を賛美するつもりもありませんが、日本や欧米の民主主義が最も理想的な政体であると言うことにも疑問を持っていました。
よその国のことは余計なお世話として、日本がどんな政体の国家であった方が良いか自分なりに考えてみるのですが、漠然と江戸時代の日本が思い浮かんでしまいます。江戸時代についてはまだまだ勉強不足なのですが、現代と最も異なるの"はグローバル化"に対しての"鎖国主義"でしょう。そして天皇と言う日本国民の心の拠り所の下での徳川幕府独裁官僚体制であったと言えるでしょう。

私が共感した第2点は「日本は異常な国」という主張。これには江戸時代の"鎖国"も少なからず影響しているのではないかと思うのですが。
中国にやってきたばかりの日本人から「中国は異常な国」「変わっている」などの感想を聞かされます。例えば、時間にルースだったり、仕事がいい加減だったり、確かに日本と比較するなら「異常な国」なのかもしれません。でもこの国で9年間仕事をしてきて、欧米企業とも日常付き合っている私にしてみれば、中国はアメリカやオーストラリアとそんなに違いが無いのです。お湯とお水の蛇口表示が逆だったり、明日修理に行くと言いながら1週間たってもやってこないような日本だったらほとんどあり得ないエピソードも、中国やオーストラリアでは当たり前の出来事です。優秀な社員がどんどん転職することも、中国もアメリカも変わりありません。つまり私は、「中国が異常な国」ではなくて「日本が異常な(特殊な)国」と言う結論に至ったのです。
そして私を含めた中国に滞在する日本人の大多数は、一時帰国などで日本に戻ると「何て素晴らしい祖国なんだろう」と感じるわけで、それは日本が異常な国だから一層そう感じるのだと思います。

他の大多数の国と比べて異常であることは、不便であり不利である場合が多いのです。経済のグローバル化が進む中で、日本企業も終身雇用や年功序列制を見直し成果主義を導入する必要が生じました。ここ中国においても"日本流のやり方"ではビジネスがうまく進まないので、この国での成果を社命として受けている私は日本の特殊性を捨てて、中国に適応したビジネスを推進してきました。上述の通り、中国流はアメリカ流に似ています。この国が後天的にアメリカ流を見習った部分もありますが、先天的な素養もアメリカ流に近いように感じています。
恐らく失われた10年の挫折経験から、経済のグローバル化の中で日本が相応のポジションを堅持するためにはその流れに組み込まれるしかない、という思いが主流となり、他の経済大国に遅れを取らないよう中国でも稼ぎ出さなければなりません。そのためには”日本流”をも放棄することも已む無し、と言う現状にあって一層日本の"特殊な部分"の多くが、日本人である私にとって心地よくあり、大切に守らなければならないものである、と言う思いが強まったように思えるのです。

そういう私が行き着くのが"鎖国論"なのかもしれません。
いまはグローバル経済の中で日本も相応のポジションを確保しなければならないのかもしれません。そのためにマイナス要因になりそうな日本の"特殊な部分"を放棄して、グローバルな潮流に乗る必要もあるのでしょう。中国に意見があってもこの国とのビジネスを優位に進めていかなければ、節操の無い欧米諸国に先を越されてしまいかねません。
でも、藤原さんの主張のように、日本の"特殊な部分"こそ、この地球に求められているものようにも思えるのです。そのことを証明するためには、日本の"特殊な部分"が存分に発揮できる小宇宙が必要です。経済的にも政治的にも軍事的にも独立した空間です。言ってみれば"鎖国"です。
"鎖国"で日本がもっとも困るのは、エネルギーと食糧資源でしょう。ですから、国際的経済力のあるいまのうちから自給率を増やしていくのが良いと思います。エネルギーはソーラーや燃料電池など、開発コストは甚大でしょうが、化石資源の要らない自給自足体制を整えていくくらいの技術力と経済力をいまの日本は持っているでしょう。技術力を持ってすれば、珪素や水素なら自国調達可能はなずです。そして農業や水産業を奨励することは、若い世代と地方の復活にも繋がるでしょう。きっと日本人になら、技術力と美しき田園と森林により、自給自足の国家を築けると思うのです。
私の考える"鎖国"は経済的な鎖国です。経済的に自立できれば政治的影響は排除されるでしょう。政治的に中立でいられれば軍事紛争に巻き込まれなくとも済みます。人や文化の交流は、もし相手国が許してくれるのなら相互に行えばよいでしょう。
100年のスパンで想像するなら、資源の枯渇、温暖化、勝ち組vs負け組といった国家間のギクシャクした関係から脱したいと願っている国々は、きっとそうした近未来の日本を見習おうとするのではないでしょうか。そして、その時には気前良く"後進国"を支援してあげれば良いでしょう。日本こそが地球を救うのです。

まぁ、経済の専門家でもない素人のユートピア論になってしまいましたが、日本が"特殊な部分"=日本の良いところ=を失わずに、国際社会の中でうまく振舞っていくのは、現状ではなかなか難しいことだと思います。
[PR]
by pandanokuni | 2006-02-19 22:23 | 政治ネタ
映画「如果・愛」 - 北京と上海、つくりモノと現実の再現、松田優作と金城武。
久々の更新になりますが、矛先の良く無さそうな社会ネタは止めといて、今回は久々にエンタテインメント・ネタということで。

陳可辛(ピーター・チャン)監督の映画「如果・愛(Perhaps Love)」を観ました。
2005年9月のヴェネチア映画祭の閉幕作品として上映され、12月に中国で劇場公開された映画で、中国では既に正規版DVDが販売されています。
シンプルな三角関係の恋愛ストーリーですが、映画製作現場を舞台とした"劇中劇"でミュージカル仕立ての演出によって、エンタテインメント性を強く打ち出した秀作といえます。主演は、金城武と張学友(ジャッキー・チュン)、この二人のビッグスターが争うのは「小さな中国のお針子」や「北京の自転車」に出演して周迅。そして何故か「宮廷女官チャングムの誓い 」でミン・ジョンホ役の韓国のJi Jin-hee(チ・ジニ)が、映画の中の映画の"狂言回し"役として出演しています(知人の中国人によると「無極(PROMISE)」の真田広之より北京語がキレイらしかったですが、映画界における”中華思想"の発動などと、このブログをご覧の方からコメントをいただくけるのではないかとワクワクしちゃいます)。

さて、周迅扮する大陸のスター女優と金城武扮する香港のスター男優が、初めて競演する"映画の中の映画"。そのプレス向け製作発表で初顔合わせした二人は、実は10年前は恋人同士でした。"映画の中の映画"で記憶喪失の役を演じる周迅は、金城武との過去のできごとをも無かったことにしてしまいます。
10年前、映画監督を目指し香港から北京の映画大学にやってきた金城武は、いまも北京にあるような小汚いラーメン屋で、自分の食べ残しを食べていた、貧乏暮らしのスターを夢見る周迅と出会います。三里屯のバーで山口百恵の"ロックンロール・ウィドウ"を歌う周迅と金城武は再会し、お互いの夢にそれぞれ挫折しながらも支え合うのですが、周迅は金城武の前から突然姿を消してしまいます。
お互いにビッグ・スターになって初共演するのが、上海で撮影されている"映画の中の映画"。この"映画の中の映画"のは、20世紀前半の上海が舞台のようですが、1995年の北京よりもモダンですらあります。

この映画の注目点は、都市論としての北京と上海
ストーリーを貫く映画の撮影は現在の上海で行われています。大仕掛けの撮影セット、QUEENの"BOHEMIAN RHAPSODY"のクリップを思い起こさせる大道芸人による大コーラスなど、資本を娯楽に変えるビジネスの拠点こそ上海に相応しいイメージと言えましょう。
一方10年前、若い二人がスターと監督を夢見て不器用な愛を育む舞台は冬の北京。中国におけるインキュベイター(孵卵器)としての北京を見事に表わしているように思えました。中国で活躍する映画スターや監督の多くは、若い頃北京に出てきて映画大学などで修行したりしています。映画に限らず、美術系/文学系のアーティストたちの多くも、まずは北京を目指し、自己表現に磨きをかけていきます。そして、だんだん売れ出していくと活動の拠点は上海へと移っていきます。これはエンタテイメントやアートに限らず一般的なビジネスの世界でも当てはまりますし、R&D(技術開発)の拠点が多いのも北京です。
上海は中国における経済の中心ですから、単純に言えば、お金が集まるのです。監督のダメ出しや失踪で制作費を気にするプロデューサーや金城武のマネージャーは香港人という設定のようですから、資金は香港(経由で海外)から、才能は北京から、それぞれ上海に集まってくる、と言うわけですが、これは映画に限ったことではありません。
北京で育んだモノが、上海で花開く。周迅と金城武の恋もそうなのですが(最終的にはそうでもないのですが)、中国におけるこの2大都市の役割を見事に表わしているように思えました。

もう一つの注目点は、映画が"つくりモノ"なのか"現実の再現"なのかという観点
映画の製作現場そのものを映画として描いてたのは、私の大好きな映画のひとつ、フランソワ・トリュフォー監督の「アメリカの夜」の手法です。映画の舞台が映画のスタッフやキャストがステイしているホテルを中心とした撮影現場であったり、キャストやスタッフ同士の色沙汰騒動であったり、それによって映画の中の映画のストーリーが変わっていったりと、二つの映画で共通する点はたくさんあります。
夜のシーンを昼間に撮影するというテクニカル・ワード「アメリカの夜」をタイトルにしたトリュフォーのほうは、「映画の世界は裏も表もすべてつくりモノ」ということを表現しようとしたのだと思いますが、「如果・愛(Perhaps Love)」のほうはむしろ逆で、現実世界を凝縮した小宇宙としての映画を表現したかったのではないかと思います。少なくとも張学友扮する映画監督は、自分と周迅との間に実際に起こった出来事を再現するために映画に取り組んでいると言えるでしょう。
「如果・愛(Perhaps Love)」では、周迅の現在の恋人という設定の映画監督を役者(=つくりモノ)である張学友(ジャッキー・チュン)が演じて、その監督が周迅のもう一人の恋人役(=現実の再現)を"映画の中の映画"でも演じています。一方、「アメリカの夜」では監督のトリュフォー自身が"映画の中の映画"の監督をも演じています(=現実の再現)。
ところが、「アメリカの夜」の映画の中の映画の主役男優(=つくりモノ)であるジャン=ピエール・レオは、私の中では<情けない男大賞>なのですが、「如果・愛(Perhaps Love)」の映画の中の映画の主役男優である張学友も金城武も、最後までクールな二枚目役で居ることができました。私にしてみれば"トリュフォーの勝ち、つまり映画は"つくりモノ"であることを認めなければならない、と言うことを強く肯定する印象を受けました。


b0047829_261151.jpgそして最後の注目点は、その金城武です。

b0047829_273524.jpg私はウォン・カーウァイの「重慶森林」(恋する惑星)の金城武を見たとき松田優作じゃないか、と思ったことがあります。
その後、深キョンに釣られてテレビドラマ「神様、もう少しだけ」のDVDを視たのがよろしくなかった....(このドラマ、8年前の仲間由紀恵が視られることでも「お宝」です)。そして、張芸謀監督の「十面埋伏(LOVERS)」で私の中の金城評価を更に落ちていきました。
ところが「如果・愛(Perhaps Love)」の金城武はカッコ良かった。この映画、フェイスだけのフルショットが多いのですが、金城武は顔だけで演技が成り立つ数少ない俳優の一人であることを確信しました。
私の大好きな松田優作も、アクションとか台詞回しがお上手なので、そちらのほうが目立ってしまいますが、顔の演技がスゴイんです。「如果・愛(Perhaps Love)」の金城武には、森田義光監督の「家族ゲーム」における松田優作を髣髴させるシーンがたくさんありますよ....。
音楽や踊りや照明効果がてんこ盛りの映画の後には、音楽を一切排除した「家族ゲーム」を一度ぜひお楽しみください。

というわけで、「如果・愛(Perhaps Love)」を観た後に、なぜかトリュフォーの「アメリカの夜」と森田義光の「家族ゲーム」を見直してしまい、ヒッキーな週末になってしまいました。

※ゲームの世界(カプコン「鬼武者」シリーズ)では、金城武と松田優作、そしてジャン・レノが競演しているそうです(Impress News)。
[PR]
by pandanokuni | 2006-02-12 02:09 | ひまネタ