「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
赤ちゃんの売買、オークションサイトはさすがにマズイでしょ。
eBayの中国語サイトに「生後100日未満の赤ちゃんを売ります」という広告が掲載され、上海市の公安当局が捜査を始めたそうです。日本が誇る公共放送NHKがゴールデンタイムのテレビニュースで放送していました(NHKの報道原稿)。河南省の赤ちゃんが男の子は2万8,000RMB(約40万円)、女の子は1万3,000RMB(約18万円)で値付けされていたそうです。

中国に8年もいると、何でこんなことが日本のしかもNHKのニュース・ネタになったのだろうと詮索してしまいます。と言うのも、中国では赤ちゃんの売買が一般的に行われているものだ、と認識していたからです。
私が北京に着任した頃のオフィスは、国営旅行社が経営する4つ星ホテルの上層階にありました。出金の時も外出の時も、そのホテルのロビーを通ることになりますが、着任間も無いある日、ロビーラウンジで打ち合わせしていると、白人系の中年男女10数組がそれぞれ東洋系の赤ちゃんとともにお茶していました。ベビーカーに載せて首が据わっていましたから、生後100日を過ぎていたのかもしれませんが。
物知りのローカルスタッフに尋ねると、"お見合い"らしいのです。欧米から中国に赤ちゃんを買いに行くツアーがあって、ホテルのロビーで引き合わせが済んだところ、と言う感じだったようです。まさか、とは思いましたが、ホントなんだろうなぁ、と信じてしまう状況が続きました。
その後も、大型バスで白人系夫婦がそのホテルにやってきて、東洋系の赤ちゃんとともに出て行くシーンを何度か見たことがありましたし、北京で白人老夫婦が東洋人の幼児を連れて歩いているシーンも何度か目撃したからです。ここ最近は見てないのですが....

当事者に直に確認したことはありませんでしたが、子供のいない外国人夫婦に中国の赤ちゃんを斡旋するビジネスがおおっぴらになされていたのだろうと思っていました。きっと表向きは、孤児や生活苦で生きていけないくらいの赤ちゃんに裕福な外国の夫婦を養父母として紹介する、と言う美談なのでしょう。でも、赤ちゃんへの金銭的な対価の支払が明確にはなされていなかったかもしれませんが、きっとブローカーが居てビジネスにしているはずですから、実際は売買に限りなく近いのではないかと考えていました。
農村部から北京に稼ぎにやってきた女の子から、弟が売られていった、と言うホントっぽい話を聞いたこともありましたから、この国では恵まれない赤ちゃんが売られていくこともあるんだろうなぁ、と思っています。

ですから、NHKあたりがニュースで取り上げることのほうが不思議に思えてしまったわけです。
こちら中国でも大々的に報道され話題になっているのかと、周囲の人たちに聞いてみましたが、北京では知られた話ではなさそうでした。BaiduとGoogleのニュース検索で調べると、ようやく6件ほどヒットしました。どうも出元は上海の朝刊紙「上海晨報」らしく、その後系列の「中国新聞社」のサイトが追っかけたようです。話題性の高いニュースは節操無く転載する中国のニュースサイトですが、メジャーなサイトには現時点では転載されていません。きっと中国ではそんなにセンセーショナルなニュースでは無いからでしょう。
ちなみに、もちろん中国でも人身売買は犯罪です。刑法241条によると、売買目的で幼児を誘拐すると10年以上無期の懲役になり、悪質な場合は死刑で財産も没収されるそうです。オークションサイトに載っちゃったので、公安も捜査をするんでしょうけど、日常的にはどうなのでしょうか....

いまだに豊富な取材費を誇るNHKには、ゴシップ・サイトからの転載ニュースを誇らしげに報道するよりも、欧米からの赤ちゃん斡旋ツアーのほうを根気強く追ってもらって、特集番組でも作って欲しいと願っています。
[PR]
by pandanokuni | 2005-10-20 21:58 | 社会ネタ
国家主催の国際展示会でも平気で配られる偽物NIKE。
中国の知的所有権に対する意識なんてこんなもんです、と言う好例をご紹介しましょう。
b0047829_1984761.jpg
とある地方都市で開催された「中国○○国際展示会」。中国では大都市でも地方都市でも展示会や見本市がいまだに盛んに開催されていますが、タイトルに正式に「中国」と掲げることができるのは、中国の国家クラスのお役所が主催団体に名を連ねることが条件となります。この国際展示会も中国商務部("部"は日本の"省"に該当しますから、"商務部"は日本で言うと"経済産業省"の一部の機能を持つお役所になります)。が主催団体の最初に名を連ねています。

この展示会の開幕式は、10月12日午前9:00に始まる予定でしたが、舞台の貴賓席に主催団体のVIPなどが並び始めたのが定刻を15分ほど過ぎてからでした。冒頭司会者が「神舟6号の打上げは、ただいま無事成功しました」と始めたので、政府のお偉い方は、観衆を待たせて控え室でテレビ中継に注目していたのでしょう...."国際展示会"と言うくらいですから、海外15カ国から出展者があり、開幕式には外国からのお客さんもかなり出席していました。




b0047829_1991285.jpg





さて、開幕式の会場の座席には、一人1セットずつ、展示会の案内チラシとミネラルウォーター、さらに屋外での開催に気を配ったのか、ご丁寧にキャップ(帽子)まで用意されています。中国の観光地で団体ツアーの人たちが被らされている例の安っぽいキャップです。座席のブロックごとに色が違っていて、私の座席には赤いキャップが用意されていました。キャップのフロントには、NIKEのロゴマークとそっくりの刺繍がほどこされています。
でもこのキャップ誰がどう見ても、本物のNIKEではなさそうです。陽射しが強いせいもあって、開幕式に出席したお客さんは中国人も欧米人も喜んで、この偽物キャップを被っています。

開幕式では、中国の経済産業省とも言える商務部の副部長や知的所有権問題で外国からの矢面に立たされている国家貿易促進委員会のお偉いさん、そしてこの"省"の"知事"までが挨拶していました。千人近い観衆は皆、そうした主催者から配布された偽物NIKEのキャップを被っているのです....
中国において知的所有権問題を抱えている外国企業も出展している"国際展示会"で主催者側が平気で偽物NIKEキャップを配っていたわけですが、私の見る限り、誰もイチャモンをつけることも無く、第1日は大成功だったようです。
まぁ、アパレル関係の展示会では無かったのが良かったのかもしれません。
b0047829_1993967.jpg
[PR]
by pandanokuni | 2005-10-14 19:10 | 社会ネタ
天安門から毛沢東が消えた瞬間
b0047829_21332836.jpg10月1日は中国では「国慶節」と呼ばれる祝日で、多くの企業では1週間お休みになり、気候も良い時期なので秋の黄金週(ゴールデンウィーク)とも呼ばれています。「国慶節」はつまり、中華人民共和国の建国記念日。1949年10月1日に天安門で毛沢東さんが建国を宣言した日を記念しているわけです。こういう体制のお国ですから、ほとんどの人がお祝いムードです。政治的にどうこうよりは、お休みになるのでうれしいと思っている人が大半ではありますが....

北京の象徴とも言える天安門。その中心には建国者たる毛沢東さんの肖像画が掲げられています。その肖像画はタテ6.4m×ヨコ5mという巨大なもので、1949年に掲げられた初代の肖像画は毛さんと同郷の湖南省の画家・周令釗(「金」篇にリットウ)によって描かれたそうです(chiarmanmao.org)
実は時代とともに微妙にその表情も変わっています。というのも、毎年「国慶節」の直前に"お色直し"をするからです。昨年は9月27日に新しい肖像画に取り替えられたそうです((新浪網)

古い肖像画から新しい肖像画に取り替えられる瞬間、天安門の中心から毛沢東さんが消えてしまうことになるのですが、その瞬間を忍耐強く見張っていた方がいらっしゃいました。その方のブログ「ボウエンキョウとケンビキョウ2」によると、今年は9月28日の夜9時から"取替え作業が行われたそうです。当然のことながらクレーン車による作業で、天安門広場の照明が落とされる夜10時に、古い肖像画が引き降ろされ、毛沢東さんが天安門から消えてしまったそうです。天安門から毛さんが消えた瞬間も見事に写真に捉えてらっしゃいます。これは必見でしょう!!

天安門といえば毛沢東さんというイメージですが、中華人民共和国が建国する前は、蒋介石さんだったんですね。(参照:天安門の変遷)さて、毛沢東さんはいつまで天安門広場を見張り続けていることができるのでしょうか....
b0047829_2134446.jpg
[PR]
by pandanokuni | 2005-10-01 21:26 | 政治ネタ