<   2005年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
駐在員もつらいのよ....
Weblogはその特性からも若い方が中心に利用されているようです。昔と比べてお手軽になったとは言え、マイ・ブログを開いて毎日のようにエントリーしていくのは、若くなければできない体力も知力も要る作業です。私などは本業がテンパるとなかなか更新できず、せっかくいただいたコメントにお返事もできなかったりします。そんなわけで、今回も2週間くらい空けてしまいました。

ブログを通じて北京でお知り合いになった方々は私より若い人たちが多く、いわゆる企業派遣の駐在員はごく少数です。私が北京に着たばかりの頃は、いわゆる駐在員の方々とばかり"ツルんで"いました。仕事柄知り合う機会も多いので自然にそうなります。でも何年も北京で暮らしていると、駐在員でない方々がたくさんいらっしゃることがわかってきて、駐在員では無い方々とお付き合いする機会がどんどん増えてきました。
留学生(と言っても、高校を卒業してスグこちらに来られた方から日本企業を早期退職されて第二の人生の始まりに留学を選んだ方まで、年齢層も志向も様々です。もちろん企業派遣の方もいらっしゃいますし)、自ら北京で会社を興された方、中国企業で働いている方、フリーランスで活躍されている方、日系企業の現地採用で働いている方、国際援助隊の一員の方、不法滞在の手配師、ギャンブラーなどなど、実に様々な日本人が北京で生活していて、とても前向きで頑張っている様子を伺うことができています。

そうした方々の多く、特に若い方々にとって、駐在員は破格の厚遇で北京で暮らしている、と言う認識があるようで、ちょっとした"垣根"のようなものを感じることもありました。私からすると、駐在員の中でも中程度の待遇ですし、もっとスゴイ待遇で働いていらっしゃる方をたくさん知っているわけですが、相対論ですから仕方ありません。
駐在員では無い方々の中には、月5,000RMB程度の収入で1,000RMBの家賃も自腹という待遇で働いている方もいらっしゃいます。私の住んでいるマンションの家賃は20倍近いですし、しかも全額会社負担です。
とは言え、駐在員経験など無い自ら起業された方で、日本円で1億円以上するような邸宅を複数所有し、ご自身はベンツ、奥様はポルシェに乗られている方もいらっしゃいますから、とにかく中国らしく、日本人もピンキリ状態になっている感じです。

駐在員にもいろんな方々がいらっしゃいますから、類型化するのは良くないと思います。
ただ、根は真面目で働き者で責任感の強い日本人ビジネスマンがベースになっている場合が多いですし、中国におけるビジネスの遂行と日本にある本社への忠誠とを両立させなければならないのですから、それなりに苦労も多いのです。
本社や日本人上司と中国人スタッフの狭間に立たされ強力なプレッシャーを感じている方々もたくさんいらっしゃいます。そうしたプレッシャーに打ち勝てず自殺されてしまったり、過労死と認定されたり、接待で無理して干杯(一気飲み)に付き合い急死されたりした駐在員を私は知っています。

駐在員の住んでいるマンションやお給料などを羨む方もいらっしゃいますが、その厚遇のウラにはそれなりの責任の重さがあるわけで、その責任の重さを真摯に受け止めてプレッシャーと戦いながら仕事を進めている方々も多い、ということを知っていただきたいと思います。
もちろん、すべての駐在員がそうとは言えないと思います。厚遇の割には一体何やってんの、と思われている駐在員もいます(私もそうかもしれない.....)。

私の知っている幾つかの中国の"良い"会社は、待遇と責任の重さの関係を一層明確にしていると思います。
給料が良くて、運転手とクルマ付きで、高級マンションも会社負担、日本の大企業の中国総代表レベルの待遇で働いている中国企業のマネージメントが意外と多いのですが、厳しいミッションが課せられていて、結果を出せなければ、サヨナラ、と言うことになります。かなりアメリカ式です。
ですから事情を知っている周囲の人たちは、あまり羨ましくは思っていないようです。

ウチの会社もそうありたいと願っているのですが.....

*今回のエントリーは<北京ビジネス最前線>と共通にさせていただきました。ちょっと"手抜き"でゴメンなさい。
[PR]
by pandanokuni | 2005-09-28 21:38 | 社会ネタ
会社設立代行、犬のお世話から美少女まで。傑作、ケータイSPAMメール。
中国でもケータイ・メールは大活躍です。日本と同様に電話で話すよりも...という通話との使い分けもありますが、ケータイの通話料金と比べ、料金が安いから、より利用されている感じです。なにせ、中国では電話をうけた側も料金を支払うシステムですから、ケータイの長電話は気が引けるのです。

知人や友人、仕事仲間からのメールだけではなく、広告目的のSPAMメールもどんどん送られてきます。最新のケータイ端末にはSPAM受信拒否機能もあったりしますが、とりあえず受信しておき、暇なときに読み返してみるのも楽しいものです。

一番多いのは、エアチケットや不動産などのセールス・メールです。
航空券、今すぐ宅配します。上海、広州3割引、青島、成都2.5割引。国外行きの航空券もご手配できます。三環路以内なら30分でお届けします。いますぐ、お電話を。
一度試してみましたが、きちんと30分で届けてくれました。
新築マンションお売りします。当方中心部に複数の高級マンションを所有しています。仲介業者ではありません。市場価格より更に安いお値段をご提案します。とにかく、お電話を。
こちらは試していません。
ベンツをお貸しします。北京出身の礼儀正しい運転手込み。ご利用の前日までご連絡ください。北京市内なら一日○○人民元。
ベンツに乗ってゴルフにでも行こうかと、連絡をとってみましたが、ゴルフ場は遠いので市内料金の3倍になる、と言われて、あっさり諦めてしまいました。
海外衛星放送受信ならお任せください。Star TV、Channel [V]、CNN、BBCから魅力のアダルト・チャンネルまで。設置・調整後、お支払OK。当局への対応も万全、問題が生じれば当社が対応いたします。
"当局への対応"ってのがキーですね。海外衛星放送の個人的な受信は、原則的には違法行為なので、"当局"のパラボラ発見隊が取り締まるのですが、ここで頼めば見逃してくれる、ということなのでしょうか。きっと、"当局"の関係者の会社なんでしょう。

次いで多いのが、"何でも屋"系の売り込みです。
あらゆる手続きをいたします。会社設立、営業許可証の取得、パスポート、ビザの取得、お手伝いさんの斡旋、犬のお世話。何でもご相談ください。
いろんな代行をしてくれる、というメールはしょっちゅう送られてきます。会社設立から犬のお世話まで、同じスタッフで請け負っているのでしょうか?会社設立のほうが専門の会社に犬のお世話をお願いするのはちょっと気が引けますし、犬のお世話が得意な会社に会社設立の手続きをお願いするのはカナリ心配です。
公式領収書、運転免許証、営業許可証、労働許可証、あらゆる証明書をご用意します。
公式領収書(発票)は、ワイロ、リベート、キックバックなど、領収書のもらえないお金が流通する中国ビジネスに欠かせないツールです。ですから、いろんなところで本物の公式領収書(金額の明記されていない束になったモノ)が販売されています。資格証明、大学の卒業証書から運転免許証まで、お金を積めば入手できるお国柄ですから(偽物・偽造の場合が多いようですが)、こんなメールにはもう驚きません。

人材(?)紹介系のメールもよく入ります。
家庭教師をご紹介します。北京大学、清華大学などの現役女子大生が、ご自宅で丁寧に指導します。料金はお電話で。
いくら"現役女子大生"と書いてあってもきちんと"家庭教師"と謳っている場合は、ホントの家庭教師の紹介だと思ったほうが良いようです。北京のコガネ持ちは、お子さんに家庭教師をつけるのがトレンドになっているようです。未就学児や小学生向けの指導専門などと書いてある場合もあり、子どもが小さいうちから英才教育を目指す親が増えていることを物語っているようです。
舞踏学院の純情な少女、19歳。身長168cm、体重49Kg。色白で美しく豊満で優しい。一回○○人民元。興味ある男性はお電話で。
で、こういうSPAMも届くわけです。もちろん、試してはいませんが.....
[PR]
by pandanokuni | 2005-09-15 23:40 | 社会ネタ
"文明国家"を襲ったハリケーン。中国の"天災"との比較。
きょうの北京は久々に雲ひとつ無い青空に恵まれました。ことしの北京は例年と違い曇りの日や雨が多く、カラリと乾燥する夏場ですらじめーっと湿度が高い日々が続きました。北京の砂漠化を防ぐために、当局がウルトラCでも用いたのではないだろうか、と思うくらい変な天気が続いたのです。

黄河以北が砂漠化の危機に曝されているのとは裏腹に、揚子江上流から中流域では毎年のように洪水被害に襲われています。ことしは98年の大水害に次ぐひどさだということです。
中国全土の水害による被害は、今年これまでに死者1,024人、行方不明者293人、直接的な経済損出は1,028億RMBに及んでいるそうです((新華通信ネットジャパン)。今年は台風がやってきた沿岸部での被害が特に大きいのが特徴のようです。中国のテレビニュースを視ていると、連日のように洪水の被害や復興のために頑張る(?)当局者の姿が出てきます。

もちろん、当局から発表された被害状況が真実を表わしているのかは定かではありません。ただ中国ではこうした災害が発生すると、メディアなどを通じて人民の不安を取り除くようにしています。例えば、被害視察する国家指導者、復興に向けて動き出した住民のインタビュー、懸命に働く解放軍の姿などをお手製のメディアなどを通して、被災者だけではなく広く人民に伝えるわけです。こうした取組みによって復興への意識は意外と高まるでしょうし、略奪や暴動などの"二次災害"もある程度抑制されているのではないかと、思ったりします。ストレートに言えば、天災として片付いてしまうわけです。

アメリカ南部を襲ったハリケーン「カトリーナ」の被害は、私の想像を絶する規模になりそうな感じです。死者は数千人、避難民は数100万人にのぼるという報道もあり、直接的な人的・物的被害は甚大なようです。それ以上に驚かされたのが、略奪や強姦などが横行していること。ニューオーリンズは無法地帯と化してしまい、警察官まで職場を放棄し、支援活動すらできない事態になっている、との報道さえあります(Asahi.com)
いかに南部とは言え、文明国家アメリカでは無いですか。これが中国やインドでの出来事でしたら、またか、と通り過ぎる日本人が多いような気がします。

スマトラ沖の大津波のように、予報システムが完備されていない地域で起きた災害ならいざ知らず、「カトリーナ」はフロリダ州でひと暴れしていたワケで、進路だって予測されていたわけです。避難命令も出されていたようで、突然やってくる地震や津波とはワケが違うはずです。自然災害ではありますが、"人災"の要素が相当強そうです。
一応"自由の国"ですから、一部メディアでは既にブッシュさんを批判する論調も出てくるでしょう。イラクなどに州兵を派遣しているから、国内の治安も守れない云々....「ブッシュは嘘つき、何もしてくれない」と叫んでいるオバさんがNHKニュースで流れていました。
中国ではもちろんNGワードになりますけど、多くの人民は体制を批判しても復興が早まるわけではないことをわかっていますから...

"911”で少なくとも2,749人の犠牲者の報復のため、莫大な国家予算を投じアフガニスタンに侵攻し、イラク戦争まで敢行したブッシュさん。「カトリーナ」へどのように報復するのでしょうか。"自由の文明国家"では天災としては片付かない問題のようですから....
[PR]
by pandanokuni | 2005-09-02 21:13 | 政治ネタ