「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
人材難!? 隣のライバル店の女の子をママに抜擢したスナック。
最近の北京の日本人向けスナックはホントに乱立しすぎています。日本語フリーペーパーには毎月新しいお店の広告が載りますし、ひっそりと消してしまうお店もあります。同じ所在地のお店でも、いつの間にかお店の名前が変わってしまっていたり、"ママさん"を含むお店の女の子が総入れ替えになっている場合もあります。一つのビルやホテルの中に、複数の日本人向けスナックが入居する場合も多く、銀座の雑居ビル状態になってしまったオフィスビルすらあります。

とある三ツ星ホテルの同じフロアに、日本人向けスナックが隣り合わせで2軒並んでいます。2軒のスナックには資本関係(オーナーが共通など)も従業員のつながり(以前同じスナックで働いていた女の子が開業したなど)もありません。完璧なライバル関係のお店です。
奥に位置するPというお店に行こうとエレベーターを降りると、エレベーター前に位置するTというお店の女の子がお客さんの見送りのためエレベーターホールに出ていて、"呼び込み"まがいにP店のお客さんを奪ったりするような関係です。

T店は北京で最もテーブルチャージが安いお店の一つでしたが、最近オーナーが代わり女の子が大勢辞めてしまいました。メインでお店を切り盛りしていた"雇われママ"も長期休養と言うことで、実質的に仕事を放棄してしまい、危機的な状況に陥っている....この騒動でT店から別のスナックに転職した女の子にこうした話を聞くに及んで、ほとんど手付かずのバーボンのボトルが残っているT店ではありましたが、もう行くことも無いだろうなぁ、と思っていました。

先日、日本から友人が来たので、久々にスナックでも行こうという話になり、私たちはT店の隣にあるP店に行くことにしました。
お店の入居するホテルのエレベーターを降りると、正面に位置するT店の女の子と思しき数人が、お客さんのお見送りに出ていました。その中にP店のL嬢が居て、私たちに例の如く「お久しぶり~っ」と声をかけてきました。私はてっきりL嬢にP店へ連れて行かれるのだと思っていました。
ところが、L嬢はP店ではなく、T店のほうに私たちを導いたのです。

L嬢はP店で何度か私の席についたことがあり、顔なじみの女の子です。この娘目当てと言うわけでもなかったのですが、P店を目指していた私たちは、L嬢の高いテンションに負けてT店のほうに腰を据えることになりました。
噂どおり、T店はスタッフがすっかり変わってしまっていて、前回、2ヶ月ほど前に来た時に働いていた女の子はもう一人もいませんでした。唯一の顔馴染みが、お隣のライバル店Pで働いていたL嬢だったのです。
しかも驚いたことに、彼女はいまT店の実質的な"ママさん"になっていたのです。一応"チーママ"と言うことになっていますが、里帰りしたことになってる"ママ"がお店に戻る保証は無いからです。
L嬢は19歳になったばかりで、P店で働いていたときは、スタッフの中でも若いほうだったので、お店の中でもどちらかと言うと"下っ端"という扱いでした。その娘がいつの間にかライバル店で"ママ"に抜擢されていたのです。
まさに、北京のスナック業界は"世も末"という感じです。

でも正直に告白すると、ウチの会社の元受付嬢(いまは総務部で働いています)も、実はお向かいの会社の受付嬢だったのです。ルックスが良く、ウチの会社の社員にもお愛想を振りまいてくれたので社内で人気になり、引き抜いてしまいました。オフィスを移転するまでの2年間くらいは、前の職場と向かい合ったウチの会社の受付で、平然と働いていたわけです。さすがに管理職として迎え入れたりはしませんでしたが、受付嬢から総務部(中国では行政部と呼ぶのが一般的です)の中堅クラスで頑張っています.......
[PR]
by pandanokuni | 2005-08-26 22:10 | ひまネタ
こんどはウナギですかぁ...食の安全はお金で買おう。
有害の合成抗菌剤が検出され、シンガポール政府は中国産ウナギと加工製品の輸入を禁止したそうです(22日に時事通信Webや毎日Webが速報を掲載しましたが、その後リンクが切れています)。アメリカのカリフォルニア州では中国産ウナギの回収を始めたとか(yahoo-Hong Kong)、この騒ぎが香港やマカオにも広がったとか(Serchina)、何だかたいへんな状況です。
中国産ウナギをいちばんご贔屓にしていそうな日本ではどうなのか調べてみると、合成殺菌剤が検出されたことを8月4日時点で厚生労働省が発表し、輸入業者に自主検査を指示していたようです(gooニュース)。
でも、中国在住の私が知る限り、日本国内の報道で大きく取り上げられたような感じは受けませんでした。最大需要期である土用の丑の日(今年は7月28日だったのかな?)を過ぎてからの"公式発表"は、日本の業界団体や消費者にまで配慮した"日本官僚的"対応だったニオイすら感じてしまいます。
日本在住の皆さんに、中国産ウナギについて、8月4日以降、日本国内でどんな風に取り上げられたのか、教えていただきたいくらいです。

ブタの病気は終息宣言が出されたようですが(Searchina)、食の安全については不安が広がるばかりです。

中国製ビールのホルムアルデヒドの問題は、言いだしっぺの新聞社を中央宣伝部が懲らしめると言う、中国らしい方法で終結しつつありますが(Searchina)、聞くところによると、中国のローカルビールの中には防腐剤としてホルムアルデヒドを使用していたところがあるらしく、これに代わる防腐剤のコストが高いので使ってしまっていたとの話。ウナギにおける禁止物質の使用も、もしホントだとするとコストを一層下げるために使っていたのでしょう。

日本では国産ウナギが高いから中国産ウナギが浸透したわけです。いくらい中国の人件費が安いからといっても、労働集約型の工業生産物ならいざ知らず、ウナギの養殖にどれくらい人件費の安さが貢献するのかは疑問です。コストは人件費がすべてではありません。日本の食品衛生水準に適った処理をするにはそれなりのコストがかかるでしょう。さらに食品加工というプロセスが加われば、人件費の安さだけではコストを大幅に下げることは難しくなるでしょう。野菜や果物にしても、肥料や農薬など、安全性が高ければ高いほどコストも高くつきます。養鶏や養豚だってそうです。

ですから、安いということは危険を伴うこと、だと最初から頭に入れておくのが良いのではないでしょうか。(中国で暮らすと実感します。特に夜の世界では....)

これは何も中国に限ったことではないと思います。
アメリカの牛肉は、どう考えても現状の日本の安全基準をクリアすることができないのです(「日本はこのまま米国産牛肉を受け入れていいのか」(神保哲夫氏=rice showerさんの紹介による))。日本の要求をクリアすれば、コストが高くなって、日本の国産牛肉と同じくらいの値段になってしまうので、アメリカの牛肉が売れなくなります。ですから、最初っから日本の要求を呑む必要が無いわけです。

中国産のウナギにしても野菜にしても、国産のものと値段が同じならば、売れなくなるでしょう。日本国民は国産モノを求めるかもしれません。でも日本だけでは、需要を満たすだけの生産力が無くなってしまっています。将来的には、安いということで中国など外国産の食品を選ぶのではなくなるでしょう。食の安全はお金で買うしか無いでしょう。日本国内産だけでは足りないのですから....
[PR]
by pandanokuni | 2005-08-22 22:48 | 社会ネタ
歌姫・アイドルを創出する"素人参加番組"が中国でブレイク中!!
中国のテレビ番組といえば、中央宣伝部の通達事項を冷淡に読み上げるニュース番組を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、食傷気味の日本に負けないような"トレンディ・ドラマ(死語でしょうか)"もやっていますし、バラエティ番組やお笑い番組だってやっているのです。
そうした中で、最近ブレイクしているのが"素人参加番組"。かつて山口百恵やピンクレディーを世に送り出した「スター誕生」みたいな番組と思っていただいて良いかと思います。中国13億人民から歌姫やアイドルを創出していく番組なのですが、一発勝負のコンテストを放送するのではなく、予選から決勝戦に至るプロセスをテレビ番組にしているところが妙に受けているように思えます。

b0047829_2265873.jpgいま私がハマっているのは湖南電視台の衛星チャンネルの「超級女声(スーパー歌姫:英文タイトルは"Super Girl")」(番組の雰囲気が伝わる写真)と言う番組(金曜日20:30)。タイトルが示すとおり、中国No.1の女声ヴォーカリストを創出するプロジェクトです。ポイントは素人から歌姫を"選び出す"だけではなく、"育成"していくプロセスを捉えているので、視聴者も"スーパー歌姫"のプロデュースに参加しているような気にさせられます。
春から地区予選を始めて、6月より全国大会を毎週放送しています。そして遂に来週、12万人の参加者の頂点を極める"スーパー歌姫"が誕生します。
地区予選からずっとオンエアしていますから、勝ち残っていく歌姫には、全国の視聴者からたくさんのファンや応援団ができていきます。さらに、声楽やダンスの専門家による過酷なトレーニングや参加者の日常生活をドキュメンタリーとして紹介していきます。毎週何人かの脱落者が出て、最後に勝ち残るのは3人だけになるのですが、参加者は3ヶ月間共同生活を送っているので、ライバルであるはずの参加者同士にも強い友情が芽生えていきます....
前回のオンエアでは、トップ5から2人が脱落し、残り3人になったのですが、公開生放送の会場には全国各地から参加者のファンや応援団がやってきて、プロもトップスターを応援する以上に熱い声援を送りっていました。脱落していく参加者と生き残った参加者が、互いに抱き合いながら涙するという感動シーンもヤラセ無しと言う感じで、私も思わず貰い無きしてしまったくらいです。
そして、何よりスゴイと思うのが、参加者のレベルの高さ。半年足らずの間に、プロのトップ・ヴォーカリストを凌ぐ、歌唱力と表現力へと成長していきます。突然、アカペラ(無伴奏)でセリーヌ・ディオンやマライヤ・キャリーの歌を歌わされたりするのですが、そのままCDになっても充分なくらいスゴイのです。ヘアメイクやスタイリングのトレーニングもありますから、最初は垢抜けなかった女の子がどんどん洗練された雰囲気に変わっていきます。そうした成長のプロセスをも視聴者が楽しむことができる、と言う仕掛けです。

ちなみに湖南電視台は湖南省のローカルテレビ局です。かつては日本でたとえるならSTS佐賀テレビみたいなものだったのですが、こうした気合いの入った番組を多く創出し、いまでは中国で最も視聴率を稼げるテレビ局のひとつになりました。CATV網の発達している中国では、ローカルテレビ局であっても放送衛星を通じて、全国のCATV経由でたくさんの人たちに見てもらうことができるのです。
「超級女声(スーパー歌姫)」は1回の番組で再放送を含めると3億人以上が視聴している計算になり、CCTV(中国中央電視台)で最も視聴率の高い中央宣伝部の通達番組である「新聞聯播」という、いわゆる"7時のニュース"に迫ります。番組ではケータイ電話による人気投票も行われているのですが、既に1,000万件以上の投票があるのですから、さすが中国という感じがします。
b0047829_2272716.jpgなお、湖南電視台では「美麗中学生(美しき中学生)」という番組も放送中(土曜日21:30)。これは素人女子中学生からスーパー・アイドルを創出していくというもので、教養を試されるクイズなども用意されているので、単に可愛いだけじゃない、お利口さんで品行方正な女子中学生を楽しむことができます。(写真は私のオキニ:エントリーNo.3の周歳歳ちゃん)

全国放送の老舗CCTV(中国中央電視台)も新興勢力に負けじと、こうした番組に力を入れていて、毎週日曜日19:30から放送中の「非常6+1」と言う素人が1週間の間にトップ・スターに育て上げられる番組と、その特番と言える「夢想中国」と言うプロジェクトを進行中。「夢想中国」は現在地区予選中で、10月にトップスターが誕生する予定になっています。
こうした中国全土で人気の高い番組に、日本ブランドの広告がほとんど入らない、と言うのも面白い現象です。
[PR]
by pandanokuni | 2005-08-21 02:20 | ひまネタ
小泉さんが"誠意ある謝意罪"と中国新華社が速報。
小泉さんが"終戦60年を迎えるにあたり"15日に閣議決定して発表した「首相談話」。
ASAHI.comに全文が掲載されたのは、日本時間の12:15のことでした。
新華社のウエブサイトは、15日10:19(日本時間9:19)に「小泉氏が日本敗戦60周年を記念し"誠意ある謝意"を表明した」と題する速報を掲載しました。外国通信社の報道からの引用として、談話の一部を客観的に伝えていますが、小泉さんが今年4月のジャカルタでの会議でも既に謝罪しているとも触れています。

もちろん関連記事では、「靖国神社の資金の内幕」とか「戦後60年、日本外交の大敗退」とか、そんな論調が並んでいますが....
とりあえず、このブログでも速報ということで。
[PR]
by pandanokuni | 2005-08-15 13:53 | 政治ネタ
日本と中国は"資源争奪"のため戦争する。
中国の三大ポータルの一つ"新浪網"(sina.com)で「中国人が見た日本」という特別調査をやっています。
この設問と言い、回答の途中経過と言い、あまりにもおチャラ気過ぎるので、日本語で引用してご紹介しようと思いましたが、このエキサイトブログはtableタグがうまく表示できないようなので、笑ってみたいと思う方は、"ぺきん日記 -中国/北京より- (live door版)"のほうでご確認ください。

NASDAQに上場もしている"新浪網"のCEOは最近新しい人に代わりました。汪延さんというソルボンヌ出の32歳の北京人なのですが、CEOになった途端、盧溝橋事件があった日に南京の記念館に出かけて行き、「南京大虐殺史実サイト」の立ち上げを発表し、記者会見では「日本からの資金的支援は一切得ていない」と言い切ったツワモノです。

そういうわけで、常任理事国入り反対のネット署名運動も、この"新浪網"が率先して応援していましたから、日本がお好きでない中国のネット・ユーザーが好んでやってくるポータルサイトと言えなくも無いのです。
ですから、調査結果には相当なバイアスがかかっているのは確かですが、一つ気になったのが、「資源争奪のため」というキーワードです。
日本について、軍国主義だとか軍事大国だとか言う回答が圧倒的に多い中で、日中戦争の根本的原因を「日本国内の資源不足による生存空間の確保」と答えている人が最も多かったのです。また、日中関係の未来も「資源争奪のため、両国は再び一戦を交える」との回答が6割。つまり、日中の問題は日本の資源不足に起因する、とでも言える発想が主流になっているのです。

東シナ海、もとい、東海の天然ガス田開発問題や尖閣列島、もとい、釣魚島領有権問題などが、日中間の戦争に進展する、との考え方が、一部の中国の若者にあるということでしょう。
日本は小さな島国で、その割には人口が大きくて、慢性的に資源不足になっていて、中国の利権を脅かしかねない。中国の利権を守るためには、日本との戦争も辞さない、という感じでしょうか。ある意味で、冷静とも言える判断ではないでしょうか。

小泉さんが中国人民に跪いて、"正式に"過去のことを謝罪したら、「許してあげる」と思っている人が36%もいたということは、この種の調査にしては驚きです。常任理事国入りも、郵政民営化も、なんだか雲行きが怪しくなってきている昨今ですから、ここは一つ、日本の未来のために中国人民に跪いてみてはいかが...などと書いちゃうと、またお叱りを受けそうなので、きょうはこのへんで止めにしておきます。

調査について詳しく知りたい方は、"ぺきん日記 -中国/北京より- (live door版)"をご覧ください。
[PR]
by pandanokuni | 2005-08-06 00:56 | 社会ネタ
豚肉、鶏肉、牛肉、卵...何を喰らって逝こうかぁ。
そろそろ"豚連鎖球菌感染症"について触れなければならないかなぁ、と思うきょうこの頃です。
"四川奇病”とも呼ばれるこの病気は、7月20日過ぎに中国で公けになっていきました。7月24日四川省の衛生局が省内の資陽市で原因不明の奇病によって17人が亡くなったことを発表しました。"公式発表"では、27日には死者が27人に、8月1日までに死者が37人になりました。
当初SARS(新型肺炎)では?とかエボラ出血熱では?などと疑われたこの奇病、どうやら豚連鎖球菌"による感染症なのだそうです。普段なら貧しくて豚肉もなかなか買えないような農民が、"激安"で売られていた病気で死んだ豚のレバーを食べてから、具合がおかしくなったらしいです。人から人へは感染しないらしいです。

中国のニュースサイトでは当局が発表する、この病気の感染者数、擬似症例者数、死亡者数を連日更新しています。中国に住んでいる者にとっては2年前のSARSのことを思い出してしまいます。
いまのところSARSのような広がりは見せておらず、あの"御家人"さんですら"終息宣言"を出されたようなのですが、ちと気になるのは広東省と香港でも発症例が認められたということです。

まぁ、何がどこで起こっているのか、わからない国ですから。

この事件で判明したことは、豚肉も安全ではないと言うことです。四川省の感染地区の豚がどのように管理され、どのように処分されるのか、真実を掴むことは不可能でしょう。
鶏肉は鳥インフルエンザ、牛肉はBSE(牛海綿状脳症)、卵にはサルモネラ菌となると、心配性の方はもう何を食べてもヤバいのではないか、と思ってしまうのではないでしょうか?

これは何も中国に限ってのことでは無いような感じがしています。食の安全について完璧な国家など無いように思えます。
BSEについて言えば、アメリカが安全だと考えている基準で日本はOKできていません。だから、日本の安全基準のほうが厳格かというと、私にはそう思えません。"権力のある"お役人さんや政治家がいたりするから、なかなかアメリカの牛肉を輸入再開できないという事情のほうが大きいのではないでしょうか。
国家権力が管理を完璧にできたとして、去年の京都の鳥インフルエンザのときのように、最前線の生産者の対処の仕方によって、汚染された食品が流通してしまう危険性があるでしょうし、感染が拡大してしまうかもしれないわけです。
食の安全に関与する人や組織のモラルや意識のことを考えれば、日本のほうが中国より少し安全なような気もしますが、どの国であっても完璧ということは無いと思います。

ヒトの食物、とりわけ食肉用家畜に起因する病気は、どうも人類の驕りに対する天罰のような気がしてなりません。或いは人口増加を抑制するための自然の摂理なのかもしれません。ヒトを減らすため、こうした病気のウイルスは進化を早めているのかもしれません。
こういう私は、四川料理屋で回鍋肉を食べ、焼き鳥屋で鳥皮焼きを食べ、焼肉屋で牛カルビを食べ、おまけにビールを浴びるように飲みながら、家では燕京納豆に生卵を落としてご飯を食べていますが....

中国が発生源だとしても、他人事では済まされない、人類の灰色の未来の始まりではないか、と思ったりするきょうこの頃です。
[PR]
by pandanokuni | 2005-08-03 00:34 | 社会ネタ