「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
郵政改革、中国では一足お先に可決成立
日本では来週あたりが山場になりそうな「郵政改革」ですが、中国では難なく可決成立したそうです。
ほとんどの人民は関心を持っていなかったでしょう。この国の場合は、成立してからニュースになる場合が多いのです。中国の郵政改革の場合、国務院(日本の内閣に当たるような組織)が決定すればOK。法案とか政策というよりは、行政措置です。きっと国務院やその傘下の専門機関で議論を尽くしたのでしょうが、ほぼ密室状況なわけです。党は人民を"指導する"立場なのですから、これでOKなんです。
こうした政治体制をいろんな国やいろんな人の批判の対象になっているわけです。

まぁ、日本も似たようなものだと私は思います。一般ピープルがどれほど関心を持っているのでしょうか?連日日本のメディアが取り上げてはいますが、自民党の何人が反対に回るとかそんな話題が中心でしょう。改革の内容についての情報が希薄ですから、関心も薄くなってしまいます。いまの法案に賛成するのか反対するのか、選挙の時に明確にしていた議員さんはいたのでしょうか?採決の前に、有権者の意見を聞いて回ったりする議員がどれほどいるのでしょうか?少なくとも衆議院での採決の時には、国民の意見より次の選挙の資金繰りを考慮して、賛成せざるを得なかった議員もいたことでしょう....

とまれ中国でも郵政改革が行われるなんて、私は官製メディアが発表するまで知りませんでしたが、その内容は日本と似たようなものみたいです。
まず、郵政ネットワークの活用。日本で言うところの、郵便局の窓口ネットワークですね。中国には3万6,000以上の"郵政窓口"があり、3分の2が農村部だそうです。日本の場合は、特定郵便局だけで1万9,000、全部あわせると2万5,000位と言われているので、人口の割には少ないですね。
そして、貯金事業の分離。郵政事業から切り離し、中国郵便貯金銀行を設置するのだそうです。ただ、この銀行は持ち株会社・中国郵政集団の傘下になるようで、日本で一応論議の対象になっている、持ち株会社の出資比率がどのくらいになるのか、あたりはいまのところ曖昧なままで済ませている感じです。ちなみに、中国の郵便貯金残高は約15兆円(1兆2,285億元)で、個人預貯金の9.25%を占めるそうです。日本では720兆円ほどと言われている個人預貯金の30%以上にあたる217兆円が郵便貯金だということで、郵便貯金事業が切り離されたときのインパクトは日本のほうが大きいのだろうなぁ、と推測はできます。
ちなみに中国では、貯金事業の収入が郵政事業全体の半分以上を占めているそうです。日本の場合どうなのか調べてみましたが、ニュースサイトなどで簡単に見つけることはできませんでした。"郵政改革"を中国のニュースサイトで調べると、日本よりは中味の濃い(?)情報が入手できるのに....(百度の検索結果例)

そもそも中国の郵政改革は、WTO加盟による一種の"外圧"から行っているわけですが、中国郵政には保険事業が無いですし、貯金事業の収益規模も日本ほどではないですから、郵便事業に外資などが新規参入するチャンスは大きいのではないでしょうか。

中国の郵便局に行くと面白いものが売っていたりします。段ボールやガムテープ、ステーショナリーや飲み物やアイスクリーム、お土産品なども売っていたりします。農村部の郵便局では、もうしっかりコンビニ化しているところもありますから、日本のように窓口ネットワークの収益性を心配する必要も無いのかもしれません。
[PR]
by pandanokuni | 2005-07-29 23:46 | 社会ネタ
多チャンネル化する中国における"7時のニュース"
最近引っ越したマンションでは、100チャンネル以上のテレビが楽しめます。ちょっとご紹介しましょう....

まず、北京など中国都市部ではCATVの普及率が9割を超えています。テレビアンテナを立てずに、CATVから送られてくるチャンネルを視聴できるわけです。チャンネル揃えは各地域(北京であれば区など)によって若干の違いがありますが、私の住む朝陽区のCATVでは58チャンネルで放送しています。もちろん地元のCATV局が制作しているチャンネルなどほとんど無くて、いわゆる"地上波"テレビ局の放送を再送信しているだけです。

一般に北京市のCATVでは、以下のチャンネルが再送信されています:
  • CCTV(中国中央電視台) -15チャンネル(CCTVは1~12chと、ニュースch、音楽ch、小児chの15chあるんですよ!!)

  • BTV(北京電視台) -10チャンネル

  • 北京市以外の省(直轄市を含む)レベルのローカルTV局の衛星ch -30チャンネル(例えば、上海市の"東方衛視"や湖南省の"湖南衛星"など)

  • 中国教育台 -3チャンネル

  • 旅游衛星(Travel Channel) -1チャンネル

ここまでが北京の一般的な家庭で視聴できる、中国大陸を拠点とする"おりこうさん"のTV局58チャンネルです。

さらにウチのマンションでは、境外の("外国の"という意味ですが、香港や台湾を含みますから、こんな言い方をします)TV局の55chが衛星を経由して視聴できます。パラボナアンテナとデコーダを独自に用意したのですが、こうした受信方法を中国当局が許可しているわけではありません。でも、最近乱立している北京の"高級"或いは"国際"と冠がつくマンションではほぼ黙認されています。外国人居住者が多いから、ということでしょうが、こうしたマンションの居住者の恐らく過半数は大陸籍の中国人です。こうしたマンションには、「境外衛星テレビ受信キット」の宣伝チラシが時々ポスティングされています。3,000RMB~5,000RMBで設置できるので、ベランダにパラボラの花が咲いています。もちろん全世帯と言うわけではなく、入居世帯の2~3割くらいですけど。

私が受信しているのはAPSTAR-1(亜太1号)のディジタル・スクランブル放送で、CNN、HBO、Fox News、ESPN、BBC World、Animax、Disneyなど欧米系チャンネルが多く、香港のStar TV、Phonenix TV、Channel V、日本のNHK Worldなども視聴できます。なんとノーカットのアダルト・チャンネルも2つ含まれています。
NHKのBS-1、BS-2は衛星が違うので受信できないのですが、ワガママな私は東経110度B-SATアナログ放送用の受信装置も取り付けてしまいました。これで見れるのは3チャンネルだけで、2011年にはオシャカなのに....
ちなみに、台湾の陽光電視(Sun TV)や香港のStar TV、更にCNN、BBC World、NHK Worldなどは、当局の許可を受ければ中国人民も視聴できることになっています(原則としては政府関連機関や外国人向け住居やホテルですが)。

もちろん、一般の北京市民が楽しめるCATVの58チャンネルだけでも結構楽しめます。上海やチベットのローカル・ニュースを見たりできます。同じテレビドラマであっても、チャンネルによって放送期間や時間帯が異なるので、便利です。夕べはBTV-6(スポーツ専門チャンネル)で女子相撲の世界選手権をやっていました。日本のスカパでもやらないんじゃないか、というスポーツ中継も楽しめます。

でも、午後7時から約30分ほどは、58チャンネルの過半数の33チャンネルが同じ番組を流すのです。
CCTV-1のニュース番組「新聞聯播」です。このニュース番組は、中国当局から中国人民への大切な"伝達事項"を伝える役割を担っているので、全中国のローカルTV局の代表的なチャンネル(ほとんどが衛星chになります)は、必ず再送信しなければならない"決まり"になっています。ですから、この時間帯にザッピングすると、半分以上のチャンネルが同じニュース番組を放送していることになっちゃうのです。
この時間帯にテレビを見ている全中国人の7割近くが、同じニュース番組を見ていることになります。上海や広東あたりでは、別の番組を見ている人のほうが多いのですが、全中国でみると圧倒的な影響力です。

"人民元改革"(まぁ"切り上げ"なのですが)が、どんな形で発表されるか、仲間うちで話題になっていました。中国人民銀行のトレード・レートが徐々に上昇し、その後記者会見とかやるとか、国家の"指導者"が何かの会議で発表するとか、新華社あたりが中国人民銀行のリリースを配信するとか、いろいろ当てっこしていたのですが、発表の仕方も"意表を突いた"感じがしました。
CCTV-1のニュース番組「新聞聯播」が"第一報"だったのです。ちなみに新華社のニュースサイトが速報をアップしたのは19時23分でした。「新聞聯播」が第一報を流したのが19時4分頃と推定されますから、新華社では予定稿の準備すらしていなかったのでしょう....

人民元切り上げは、中国の一般ピープルにとっても関心の高い話題だったので、瞬時にして同一の内容をたくさんの中国人にコミュニケーションできるテレビニュース「新聞聯播」を利用することにしたのでしょう。
ちなみにだーれんさんのブログにもありましたが、この日のトップニュースは「東北振興」。黒龍江省の森林鉄道が観光資源として再利用されていると言う話。中国当局にとっては、人民元改革よりも東北三省の問題のほうを"重く受け止めている"、と考えることもできるのではないでしょうか....
[PR]
by pandanokuni | 2005-07-22 23:21 | 社会ネタ
ビール飲みますか? 人間やめますか?
中国で製造されているビールの95%にホルムアルデヒドが使用されているという報道は、中国国内でも物議をかもしだしています。

7月5日付けの「環球時報」という新聞がビールメーカー以外の研究所で働いている読者からの投稿として紹介し、ビール業界の関係者がそれを認めたことで、一気に火がついたようです。

恐らく日本で想像する以上に、中国人の"消費者意識"は強力です。買った商品に不都合があると、バンバン文句をつけます。毎年3月15日の「消費者デイ」を挟んでの「消費者週間」の頃には、中国企業はいろいろ対策を練りつつもドキドキしています。
マスコミも遠慮なく"不都合な"製品やサービスのことを叩きのめします。このあたりは大手広告代理店がもみ消し工作を行う日本などとは大違いで、大広告主だからといっても容赦しない場合がほとんどです。政府や党や軍部など"その筋"からの圧力には脆いのですが....

「環球時報」の記事を後追いする形で、中国のマスメディアが一斉に騒ぎ始め、大手ビールメーカーに取材が殺到しました。青島ビールや燕京ビールでは、もちろん報道を否定したのですが、歯切れが悪い対応だったようで、疑いが収まらなかったようです。こうしているうちに日本や韓国にも問題が波及して、中国産のビールの販売を自粛する動きになったようです。

この問題、いよいよ昨日あたりから、いよいよ"その筋"が収拾に動き出した様子です。
7月14日にようやく業界団体が報道を否定する声明を発表しました。
7月15日付けの「第一財経日報」は、"言いだしっぺ"の「環球時報」の報道を批難する記事を掲載しました。
「環球時報」はどちらかと言うと"その筋"の評判がよろしくないメディアで、「第一財経日報」のほうは"その筋"の影響力が強く及ぶメディアだというのも、中国の"分かりやすい点"ではあります....
そして遂に"その筋"の大御所「国家質量監督検験検疫総局」(食品検査部門)のご登場!「中国産ビールのホルムアルデヒドの含有量はWHOが定める基準を下回っており、安全なので、安心して飲んでください」(千龍網)という声明が発表されました。

いまではこの"デマ報道"の責任を問うような方向になっています。
さっそく新華社が"デマ報道"の責任を強く問うような姿勢の記事の配信を始めました。
この"デマ報道"は株価にも悪い影響を与えてしまったし(公安網)、中国の国際的イメージも悪くしてしまったので、「その責任は重い」というわけです。
"長いものに巻かれる"中国メディアは「韓国や日本の皆さん、ビールの検査大歓迎です! 中国はビビったりしません!」などという記事(科技網=中国青年報からの転載)まで出し始めました。

"その筋"がここまで熱心に大々的にやり出すと、余計"胡散臭さ"を感じてしまいます。
そもそもホルムアルデヒドって何なのかと調べたら、要はホルマリン(37%以上の濃度のホルムアルデヒドの水溶液を言うようです)のようです。日本ではシックハウスの元凶としてメジャー・デビューしたようですが、食品に対しても防腐剤としての効能があるとのこと。WHOの下部機関から"発がん性"を指摘されているのも事実のようです(「ホルムアルデヒドの話」で美しく解説しています)。

中国でビールを飲むと、たまに「クスリっぽい匂い」を感じることがありますが、やはりホルムアルデヒドなのでしょうか?いやホルムアルデヒドで無いにしても、別の有害物質が混入されている可能性は充分あるかもしれません....

とは言え、ビールはやめられません!! どうせ肝臓でアセドアルデヒドに変わるんだから(ホルムアルデヒドとは兄弟みたいだけど、危険性は全然違うようなので、まぁどちらもご注意ください)........
今後北京で催される日本人同士の酒宴がちょっと楽しみです、中国産のビールは遠慮されてしまうのでしょうか?
[PR]
by pandanokuni | 2005-07-15 17:24 | 社会ネタ
「ロンドン同時多発テロ」と「南京/通州事件」と「人殺しの"ルール"」
なぜ人を殺してはいけないのか?
たしか「よのなかのルール」という本で宮台真司さんが書いていたと思うのですが、人類の歴史上そんなきまりは存在していなかったらしいです。
むしろ人類には「あなたの敵は殺さなければならない」「あなたの味方は殺してはいけない」と言う二つの大きな原則があった、と言うお話は、非常に明確で真実を突いているように思えました。

歴史上戦争においては、敵を殺すことが"正義"でした。人類のDNAには"人を殺してはいけない"という先天情報が組み込まれてはおらず、一般的な動物本能である<敵を殺すこと=必要>という情報が残されているのでしょう。<味方を殺すこと=NG>は、後天的な社会史の中で浸透してきた"種保存"のための知恵なのかもしれません。

ところが、「戦争にはルールがある」と言われます。つまり古代国家勢力が隆盛した以降は、「あなたの敵は"ルール"を守りつつ殺さなければならない」ということに変わっていきました。
現代においては、「国際法に準じた戦闘行為における殺人はOK。」「法治国家による死刑はOK。」という具合です。
果たしてこれは"人類の進歩"と言えるのでしょうか。

つまり、テロは「あなたの敵は殺さなければならない」と言う原則に基づいているのでしょうが、「"ルール”を守りつつ」と言う部分に違反しているということになるので、NGになります。
テロリストを見つけ出してきて、司法の裁きにより死刑にするのは、「あなたの敵は殺さなければならない」しかも「"ルール"を守りつつ」のどちらにも適合していますから、OKになります。

ロンドンの同時多発テロには多くの方々が強い憤りを感じていると思います。でもほとんどの人は「あなたの敵は"ルール"を守りつつ殺さなければならない」という規則に反した"テロ行為"だから、そう感じているのではなく、単純な意味で「人が人を殺したから(傷つけたから)」悲しく感じたり、憤りをおぼえたりしているのではないでしょうか。
主要国の指導者たちが一堂に会して「テロ行為は決して許されるものではない」と述べているとき、「こちら側は"ルール"をきちんと守って敵を殺してやるぞぉ」と聞こえてきませんか。テロに憤りを感じている多くの人たちは、そのことを望んではいないと思います。

7月7日はいわゆる「盧溝橋事件」が勃発した日です。対日戦勝60年を目前に中国では、日中戦争の話題が盛り上がってきました。日本でもそうした中国側の"言い分"に反対する話題が盛り上がっていくでしょう。
日中戦争の発端となったこの「盧溝橋事件」のいきさつについても然り。そして「南京事件」、犠牲者の数とか国際法違反とか。さらには「通州事件」。大きな争点は"事実認識"ではありますが、議論の背景には「"ルール"を守った」殺人かそうじゃないか、と言う問題が付き纏っていると思います。

"人類の進歩"により新たに付け加えられた項目「あなたの敵を殺すときには、きちんと"ルール"を守って」が如実に"成果"をあげたのは「東京裁判(極東国際軍事裁判)」ではないでしょうか。"ルール"を守らなかったから「悪者」になってしまい、"ルール"に基づいて殺された人たちがいました。
でもその"ルール"って絶対的な真理なのでしょうか?
いまだにシコリが残っているのは、この裁判の裁く側と裁かれる側の関係の"特殊性"とともに、殺人のルールには権力による"恣意性"が介在するからではないでしょうか。

テロのニュースに接して悲しくなるのは、それが殺人行為だからでしょう。テロリストや彼らを支援する国家に対して、米英などが"ルール"をまもった殺人行為(報復攻撃)をやっているというニュースに接しても、悲しく思う人がきっとたくさんいるのではないでしょうか。
つまり"ルール"を守ろうが、守るまいが、「人を殺す(傷つける)」ことはNGだと思っている人たちのほうが圧倒的に多いのではないでしょうか。ですから、"人類のきまり"を更に進化させるべきでしょう。
「あなたの敵も殺してはいけない」

でも、"敵"を排除すること自体、人類の本能のような気がします。だとすれば、"敵"をつくらない方向に進化していかなければならないのでしょう。
お互いに理解し合い、尊重し合えば、「殺さなければならない"敵"」はいなくなって行くのではないでしょうか。或いは全人類共通の"敵"が現実的なものになって初めて「人類みな"味方"」になるのでしょうか。
[PR]
by pandanokuni | 2005-07-08 17:38 | 社会ネタ
中国在住の皆さん、"生卵"食べていますか?
取引先のおじさんが体調を壊したそうです。下痢、嘔吐、発熱が続き、外人向けクリニックで「細菌性腸炎」と診断。3日間点滴を打ち続け、何とか1週間ほどで回復されました。
「何か危ないもの食べたんでしょう」と尋ねると、「トンでもない!私は歯磨きのうがいをするにも、タンクの蒸留水を使っている」とのお話。
このおじさん、北京に赴任されて半年ほど経ちますが、ホテルなどの高級レストラン以外では中華料理は食べないし、高級オフィスビル内の社員向け食堂ですら"怖くて"昼食をとったことが無いそうです。ですから、北京人御用達のローカル向けレストランや屋台などで食事をするとは思えません。一応浄化装置を通した水が蛇口から供給される、外国人向けマンションに住んでいるのに、口に入りそうな水はすべて、ポリタンクの蒸留水を利用している、という徹底ぶり。それでも何故か「細菌性腸炎」になっちゃったのです。

中国の衛生環境は日本と比べるとよろしくはありません。食の安全も怪しげですから、北京に住んでいる日本人の方々は、"食べ物"などにいろいろ気を遣います。でも、気の遣い方は人それぞれです。
このおじさんのように、"日本レベル"の衛生環境が整ったレストランでなければ外食しない、と言う方もいらっしゃいます。でも、歯磨きをするにも蒸留水を使っている、というのはちょっと潔癖すぎるような気もします。

海外生活では、みんなそれぞれのスタンダードに基づいて、自分を守っているのでしょうから、"度が過ぎている"とか"甘過ぎる"というのは不適切かもしれません。
私は歯磨きのときは蛇口の水でガブガブします。でも、蛇口の水をガブガブ飲むことは控えています。例えば、インスタントラーメンを作るときは蛇口の水を使います。でもブロック・アイスを作るときは、タンクの蒸留水を使います。
レストランはローカル系まったくOK、屋台も大好きです。路地裏の隠れた食堂が安くておいしかったりするのです。ただし、お客さんの多いレストランに限ります。そして、料理が熱いことが条件。ぬるかったり、なま焼き・なま煮えのときは抗議するか食べません。もちろん、汚いしお客さんも居ないようなレストランはさすがに身の危険を感じます。それに、生モノは路地裏のレストランや屋台では遠慮しておきます。
また、焼きたての羊肉串は食べますが、露天商が売り歩くサンザシ飴はやめておきます。
料理に使うお肉は自由市場で買うのが好きです。外資系スーパーのパック詰めでないと怖くて....という方も多いのですが、騒然とした自由市場の中のお肉屋さんにも、"ヤバそう"なお店とそうでなさそうなお店があって、大きな肉の塊を好きなところを好きな量だけ切り分けて買えるのが魅力的です。野菜や果物も、北京人が良く行くような自由市場なら、私は平気です。馴染みになるとトマト1個、ネギ1本から売ってくれますし。でも、こうした自由市場はどんどん無くなりつつありますが.....

私のスタンダードはこんなものですが、北京に来て8年間、"食あたり"のような病気は一度もしたことがありません。新疆でも西藏でも随分怪しげなレストランで食事をしましたが、身体を壊したことはありません。

身内で話題になるのが「生卵」についてです。卵の殻には細菌や寄生虫がついていて、割ったときに生卵に混入してしまう、以前北京でとある日本人が生卵が原因で苦しんで亡くなった...という"伝説"があるらしく、中国では絶対に食べないという知り合いがいます。以前、高級日本料理屋ですき焼きを饗することになったのですが、その時も彼は生卵を使いませんでした(そんな彼に限って、下半身に関しては驚くほど無防備だったりするのですが...)。
生卵ぶっ掛けご飯が大好きな別の知人は、卵の殻を洗剤でごしごし念入りに洗ってから食べるそうですが、割ったときに誤って殻が混じったときには、それを捨てて再チャレンジするとのこと。
私は、というと、スーパーでパックで売られている卵であれば、そのまま使ってしまっています。

体調や免疫など人それぞれ条件が違いますので、無理せずにローカル・ライフを楽しんでもらいたいと思います。
[PR]
by pandanokuni | 2005-07-04 23:52 | 社会ネタ
サイパン"慰霊の旅"は、日中関係にマイナスでは無かったと思います。
日本企業の中国投資熱を焚きつけてきたはずの日経さんが、ここのところ中国に手厳しくなってきましたね。大前さんとつるんで、これからは東欧だ、などと始めちゃうのでしょうか。
日本の主要紙は中国の反応を黙殺している感じですが、日経だけは「『侵略を美化』と批判・両陛下の訪問で中国紙」という見出しで報道していたようですね。

でも私が知る限り、この件に関する中国の報道はかなり抑制された雰囲気がありました。北京の反日急進派ともいえる「華夏時報」が「日本の右傾化の標」とする論評を28日に掲載し、いくつかの地方紙が転載しましたが、この論調に続く記事は主要紙には掲載されていないようです。「北京晩報」などは短く事実関係を述べ、UPIの「国内向け行事だ」と言う論評のみ引用していました。

28日になって、韓国人慰霊碑訪問に関する報道が目に付くようになりました。CCTVの『国際視察』というニュース番組は共同通信社の報道を引用する形で、サイパンの韓国人協会会長の"声"を紹介し、新華網が転載し、地方紙がそれを後追いすると言うスタイルだったようです。
ポイントは:<在サイパン韓国人協会は訪問に抗議しようとした。>また、<事前に韓国人慰霊碑の訪問と謝罪を強く要望した。><韓国人慰霊碑の訪問は"突然"の日程変更により実現された。><韓国人慰霊碑での写真撮影は、日本側によって禁止された。>の4点でした(Baidu News検索結果を参照)。

28日の中国外交部定例記者会見で劉建超報道官は、「韓国の戦死者をも追悼した」ことに関して、最大限の評価とも受け取れる発言をしています。在日本中国大使館のHPの日本語訳は、ちょっと回りくどくなっていますが、中国語の原文を見る限り、「(サイパン慰霊の旅に)関係した手配は、歴史問題の正確な認識に基づいて行われているはずで、歴史問題に対する責任をもった態度に基づいているはずだ」と受け取れます。非常に肯定的な発言と思えます。

そして、ことしの”教科書問題"、更には反日デモの火付け役とも言えそうな「国際先駆導報」は6月30日付けの紙面で"慰霊の旅"を特集していますが、サイパン訪問に抗議して謝罪を求める横断幕まで用意していたサイパン在住の韓国人が、日本の象徴の韓国人慰霊碑訪問に"感動した"とまで書いています。まぁ、それ以外の部分は日本人に手厳しい内容ではありますが....

アジア諸国への悪影響が懸念された"慰霊の旅"ではありましたが、韓国人慰霊碑に訪問されたことで、ここ中国における論調は、予想以上に冷静なものになっている感じがします。この国も、日本の象徴たる存在に対してまで尊大な態度をとることはしないのだと信じたいと思います。批難の矛先を小泉さんをはじめとする"一部の右傾化した指導者"に絞ることで、二国間関係のこれ以上の悪化は避け、関係改善の糸口を温存しておきたい、と言う気持ちがあるのではないでしょうか。

万歳クリフに向かって手を合わせるお二人の写真が、中国の新聞やニュースサイトにも掲載されています。小泉さんが靖国参拝について理解してもらえるよう努力する、とおっしゃるより、何とも説得力のある映像です。この写真で"慰霊の旅"の真意が、少なからぬこの国の人たちに伝わったのではないか、と思うのです。
ただ、これで一安心とは思えません。7月から反日イベントは目白押しですから....
[PR]
by pandanokuni | 2005-07-01 00:35 | 政治ネタ