<   2005年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ライスさんが居たので、警官が多かった。そして、日本は孤立する....
北京市内、空港からCBDにかけて市街地北東部では、きのうから今日にかけて、たくさんの警官が目に付きました。地方から出てきそうなデモ隊を追い払うために警察や公安を配置する場合は、各ポイントにバス単位で数十人ごと盾などで武装した体育会系治安部隊が配置されるのですが、今回は各ポイントに数人単位で目立った武装はしておらず、どちらかと言うとスマートな配置ですから、これは明らかにアメリカのライス国務長官向けの警備なのでしょう。

一泊二日の強行日程にも拘らず、中国ではオリンピックのゴールドメダリスト3人が出迎えたり、外務大臣だけではなく、胡錦濤さんや温家宝さんも時間を割いたりして、"熱烈な"歓迎ぶりです。現地メディアも大々的に取り上げていて(つまり政府当局が音頭取りをしているわけですが)、共同記者会見まで準備されています。

アメリカとしては、北朝鮮を説き伏せる役目を何とか中国に委ねたいと考えているので、北朝鮮問題でもっと中国に頑張って欲しい。中国にすれば、北朝鮮問題は厄介なことです。北朝鮮は、なかなか言うことを聞かない"駄々っ子"みたいなものですし、力づくで抑え込むわけにもいかない友好国でもあります。とは言え、ここで一肌脱いでおけば、アメリカに恩を売ることはできるし、東アジアでの発言力も一層増すはず。アメリカの強気の要請には、「だったら、二国間協議も考えれば」などとカウンターパンチを用意しつつも、まんざら悪い気はしなかったのではないでしょうか。中国の外務大臣の中国訪問も発表されるなど、ライスさん訪問国としては、少なくとも日本よりはいい感じです。

このあたり、アメリカの外交のうまさと言うか、日本の外交下手さ加減が浮き彫りになっています。ライスさんの訪日を前に、アメリカ政府は毎年のように国連人権委員会に提出していた中国の人権抑圧非難決議案の提出を見送ると発表しています。また、先週中国の全人代で「反国家分裂法」が議決されたときも、アメリカ政府は極めて抑えた反応でした。こうした地ならしをしておいて、北朝鮮のことに的を絞って、中国側の協力をこぎつけたい、という戦略がみえます。

日本はどうでしょう。
6カ国協議の当事国との関係だけをみても、中国からの"ラブコール"(全人代終了時の温家宝さんの発言)が始まったにも拘らず、"歴史問題"の解決に向けて未だ打つ手無し(官房長官曰く「中国側の真意を慎重に調査したい」)。せっかくの韓流ブームも「竹島」問題の火に油を注ぐような状況で、韓国との関係も危うくなっています。ロシアにしても、北方領土問題で妥協するのかしないのか国内世論をまとめきれず、相手国の顰蹙を買っている状況です。蜜月関係だったはずのアメリカとも、牛肉輸入再開問題で政府内の意見調整がつけられず、アメリカの堪忍袋の緒も切れ掛かっています。そんな中、なぜか北朝鮮に対しては、いわゆる"弱腰外交"と言えるような譲歩が続いています。
韓国は北朝鮮に接近し、アメリカは中国に接近し、日本だけがどんどん孤立していくような感じです。日本政府の外交的リーダーシップの欠如が大きな要因なのでは無いでしょうか。

そう言えば、今年は第二次世界大戦(或いは太平洋戦争、或いは日中戦争)終戦60周年にあたりますが、中国もロシアもアメリカも、またある意味で韓国も北朝鮮も、日本を敵として戦った国であり、あの戦争の戦勝国でもあります。その後、いろんな同盟や戦争の組み合わせはあったのですが、60年経って再び日本が包囲されているような感じすらします。
日本がこの先、東アジアで、国際社会で、どのような立場でどう振舞っていくのか、いまが正念場ではないでしょうか。
[PR]
by pandanokuni | 2005-03-21 17:14 | 政治ネタ
頻発するNHKプレミアムのブラックアウト。操る人をイメージしつつ...
私のマンションでは、NHKのBS-1、BS-2、BSハイビジョンとNHKワールド・プレミアの4つの日本のテレビ放送が視聴できます。日本人居住者の多いマンションでは、WOWWOWやBSフジ、日テレなども視聴できたりします。
でも中国政府が正式に受信を許可している日本のテレビ放送は、NHKワールドとNHKワールド・プレミアの2つだけです。それ以外の日本のチャンネルの受信は、本来違法状態なのです。以前住んでいたマンションでは、WOWWOWも視聴できましたが、マンションの管理者からときどき「諸事情により1週間ほど視聴できません」みたいな通知が届き、視聴できなくなる時期がありました。恐らく当局がそのマンションの海外衛星放送の受信状況をチェックする時期だったのでしょう。当時WOWWOWは深夜にちょっとエッチっぽい映画を放送していましたから、中国当局のチェックが特に厳しかったのではないかと勝手に推測したりしました。

「反国家分裂法」のニュースが報道されていたこの時期、NHKプレミアムのブラックアウトが多くなりました。全人代のニュース映像が流れている間は平気なのですが、「台湾の反応」みたいな感じで、陳水篇さんの発言や100万人規模の反対集会の話題に入ると突然ブラックアウトします。そして次のニュースに話題が移ると意外とスグ復活します。
ブラックアウトしていたときのニュースの内容がなぜ分るのかというと、正式許可を受けていないNHKのBS-1はブラックアウトしないからです。NHKプレミアムはBS-1の毎正時のニュースをパラレルで放送しています。プレミアムのほうは、複数の放送衛星を経由して受信されるのと中国当局の検閲対象になっているので、若干のタイムラグがありますが、ほぼ同時に放送されています。プレミアムは中国当局が正式に許可している海外放送ですから検閲を受けますが、BS-1のほうは正式な許可を得ていないので検閲されずにそのまま受信できるのです。
プレミアムのNHKニュースがブラックアウトした瞬間、BS-1にザッピングするとどんな内容のニュースが検閲を受けたのかが分ってしまうわけです。

当然のことながら、正式に認可を受けていない海外放送は
検閲対象外というわけです。もちろん、BS-1やBS-2を視聴できるのは外国人が多く住むマンションくらいだから、野放しにしているのでしょうが、北京では直径30センチほどのパラボナとチューナーがあれば受信できますし、そうした受信セットは北京で安く入手できるので、個人的に受信している中国人もいます。やはり中国にもパラボナ探索隊がいるそうで、目立たないところに設置しないと没収されてしまうそうですが。
ちなみにインターネットの場合、手段そのものが合法的にに認められているので、世界中のサイトすべてが検閲対象であると言えます。最新のIT技術を駆使して検閲しているらしく、最近は”腐敗"を表すネット上の隠語となっている"FB"という2文字まで検閲キーワードに指定されてしまったようです。

ところで、NHKプレミアムがブラックアウトするたびに、どこでどんな人がスイッチングしているんだろう、と想像してしまいます。
2~3年前は結構いい加減な感じがしました。天安門事件の映像が15秒ほど野放しで流れてしまってから、ブスンとブラックアウトして、ずうっとブラックアウトのまま。楽しみにしていた「お母さんといっしょ」の時間になっても、まだ復活しない。マンション側の受信設備に問題があるのではないかと、疑ったこともありました。
10畳位の広さの薄暗い警備室みたいなところで、薄汚い仮眠用ベッドに寝そべりながら、14インチの古臭いテレビをカウチ族みたいに見続けているガラの悪い公安警察官。おっ、これはヤバそうだ、と思った瞬間に、チャンネル切り替えリモコンみたいなもののスイッチを押してブラックアウト。あとは、そのまま寝込んでしまい朝までブラックアウトのまま....。けっこう適当にやっているんだろうなぁ、というイメージでした。

でも最近は、けっこう極め細やかなスイッチングが多い感じです。「反国家分裂法」のニュースのときも、北京政府の主張の部分は最後までしっかり放送して、「台湾では...」と始まった途端にブラックアウト、「それでは次のニュース」のときにはキチンと復帰するという神業。もちろん、タイムマージンを取っているのでしょうが、複数衛星経由によるズレも考えると、検閲判断に費やすことができる時間は1秒程度でしょう。また、NHKプレミアムの英語ニュースのときも、しっかり対応しているので、NHKプレミアムという一つのチャンネルに対して、日本語のみならず英語にも対応できる体制で監視しているのだと思います。
きっと、テレビ局の副調整室みたいにたくさんのテレビ画面やスイッチ類が並んだ最新の設備があって、日本語や英語のNGキーワードや映像のデータベースが完備され、それらが放送された瞬間に、自動的に警告が鳴り、ピシッとした制服を着こなしたエリートが、瞬きもせずに見守っているのかもしれないなぁ、などと思ったりもします。

でも復興門にある国家広播電視電影総局には、どうみてもそんな立派な設備があるような気がしません。私も行ったことがありますが、北京にありがちな古臭いタイプのお役所の作りです。
いったい、どこでだれが、どんな基準でブラックアウトの操作をしているのでしょう。興味は尽きません。
[PR]
by pandanokuni | 2005-03-16 15:37 | 社会ネタ
春メキ北京。1週間の間に、湖の氷が全解!?
b0047829_0231110.jpg久々のエントリーついでにもう一題。北京が春めいてきた、というお話。
先々週の週末、私は北海公園から前海、そして後海と散歩しました。
北京の中心にある故宮、その北にあるのが北海公園で、更に北に行くと前海、後海と人口の湖があって、小一時間の散歩には素敵なコースです。後海の周辺には、北京ではオシャレと言える飲食街があって(とは言え、私的にはあまりイケているとは思えないバーが多いのですが)、このあたりの小路(胡同)を歩いていると、隠れ家的なアジアン・フード・レストランがあったり、私人房といわれるプライベイト・キッチンの中華レストランがあったりするので、アジア好きな白人ツーリストには特に人気です。

上の写真は、先々週末の前海の湖です。氷の上を人が歩いています。たぶん早く営業を再開したいボート屋さんが無理やり氷を砕こうとしていたんだと思います。一人がボートに乗り、二人がそのボートを引っ張って、砕氷船のマネごとをしていたんだと思いますが、そう易々と割れる感じではありませんでした。
それでも、岸のあたりの氷は解けていて、氷の上にのっかるのはかなり勇気のある人だけ。真冬には北京っ子がスケートをしていたわけですから、ちょっと、春を感じました。

下の写真は、先週末つまり昨日の龍譚湖公園です。龍譚湖は、東京に例えれば山手通りに相当する(?)二環路の南東に面する人口湖です。ここは観光ブックにも載らなそうなローカル・エリアで、凧揚げするおじさんやデートを楽しむ若い人たちがメイン。北海-後海エリアから比べると見通しが利いて広々した感じがして好きです。この湖を一回りすると二時間ほどかかります。
うっすらと汗をかいていました。ご覧の通り、すっかり氷は解けていました。ここの湖も真冬には一面凍りつき、北京っ子のスケート場に化していた場所なのです。

同じ湖で比較したわけではないので、正確とは言えませんが、一週間前にはまだまだ氷の厚い湖を見ていた私にとって、氷の無い龍譚湖はホントに春を感じさせてくれました。

北京の春はとても短いのです。3月中旬になると一気に春めきますが、5月の連休(労働節)を過ぎるあたりで、いきなり夏っぽくなってしまいます。北京の寒さはよく知られていますが、夏が暑いことはあまり知られていません。梅雨が無いので6月あたりから30度を越えてしまいます。40度を越える日もあります。数年前には40度を越える日が一週間ほど続いたこともありました。b0047829_0233995.jpg

北京は秋が最も良い季節だと、よく言われますが、短い春、春めいてきたちょうどこの時期を、私は案外気に入っています。
[PR]
by pandanokuni | 2005-03-15 00:48 | 社会ネタ
オーストラリアからのレターに少し感動~駐車違反取り消しの通知~
北京生活も8年目に突入すると、日記に書きたくなるようなエピソードも少なくなっていきます。たぶん、北京初心者の方には感動の毎日でも、古株気味の私にとっては日常的なできごとに思えてしまうのでしょう。
北京生活に直接関係ないのですが、きょうは久々に"感動"したことがありました。なんだか久しぶりにエントリーしちゃいたい気分になりました。

仕事を終えてマンションのメール・ボックスをのぞくと、1通の封書の郵便物が入っていました。白い封筒には、"New South Wales Wales Government"と印刷されています。私はこの郵便物の差出人にちょっと心当たりがあって、「あぁ、面倒なことになるなぁ」と思いながら、自室に向かいました。b0047829_053851.jpg

2月上旬の春節の休暇に、私はシドニーに行きました。北京に来る前に赴任していた都市でもあり、私が北京でお仕事をご一緒したクライアント(というより、もう寧ろ友人)が転勤して行った都市でもあり、ほぼ8年ぶりに行ってみる気がしたのです。とは言え、北京の仕事仲間との男二人旅。取り立てて行きたいところも無いわけで、日中はビーチでのんびりすることに決め込みました。北京から転勤して行った友人が、社用車を貸してくれると言うので(本人は自分のクルマで通勤)、平日丸4日間彼の会社の社用車を乗り回して、いろんなビーチに行くことができました。

マンリーというビーチでクルマを停めたときのことです。ビーチ沿いの道路にはパーキング・メーターが設置されていて、平日と言うこともあり、空きスペースも多かったので、そこにクルマを置くことにしました。120分の制限付きでしたが、ビーチすぐのところなので、いざとなったらクルマを移し替えてコインを追加すればいいだろうと思って、少し歩く駐車場にクルマを入れるのをためらったのです。
クルマをしっかり枠内に停め、パーキング・メーターにコインを入れるとステッカーが出てきます。このステッカーをフロントガラスの内側に貼っておけば、120分間駐車違反にはなりません。私と北京の日本人仕事仲間は、とりあえずクルマを停めてブランチに行きました。
小一時間で食事を終え、ビーチで使う荷物を取りにクルマに戻ると、フロントガラスに駐車違反のキップが挟み込まれていました。「あっ、しまった。」と思いました。私はパーキング・ステッカーをフロントガラスに掲示せず、そのままポケットに入れてクルマを離れてしまったのでした。シドニーの元住人として何たる不覚かと思いつつ、コインも入れたし駐車時間内に戻ったわけだから、このキップを切ったポリスを探せば何とかなると思いました。幸いキップを切られた時刻はほんの5分ほど前。きっと近くにポリスがいるはず、と思い、クルマを運転してビーチ沿いの道路を探し始めました。
程なく、いかにもオージー体格の中年おっさんとアジア系のカワイめの女性のペアのポリスが、のんびりとパーキング・メーターのチェックをしているのを発見。さっそく事情を説明しました。
中年のおっさんポリスはスグに事情を理解してくれましたが、一度切ったキップはキャンセルできないとのこと。事情を書いて、罰金の小切手を郵送する封筒(駐車違反のキップに付いている)に入れて、"Hunter Region"(取締りセンター)に送ってくれ、そうすればペナルティーはキャンセルされるはずだ、と言うのです。私はなんとかこの場でキャンセルして欲しかったのですが、おっさんポリスは「自分の権限ではできない」と言います。そして、カワイめポリスが"Sorry about that"と付け加えたので、もうそこは引き下がることにしました。

罰金は70AU$(日本円で5,500円ほど)ですし、1週間以内であればWeb上でクレジットカード払いもできちゃうので、素直に払っても良かったのですが、クルマの貸主も「どうせ社用車だから」とおっしゃるし、ペアのポリスがキャンセルされるはずだ、と言ってくれたので、払わないでみよう、と思いました。
夜ホテル便箋に事情説明をしたためました。「私は日本人の旅行者です。友人のクルマを借りて、マンリーのパーキング・メーターに駐車しました。ステッカーを掲示し忘れたので、すぐに戻ると既に駐車違反のキップが切られていました。近くに居たポリスに事情を説明すると、取締りセンターに事情説明のレターを送れば、ペナルティーはキャンセルされると言われましたので、ぜひキャンセルしてください。なおクルマは友人の社用車で迷惑をかけたくないので、罰金を払う必要がある場合は、私宛てに再度通告してください。私は中国の北京に住んでいます。」そして、住所やメールアドレスなどを書き記して、ペナルティー・チェック(小切手)送付用の封筒に入れ、ホテルのコンシェルジュにポスティングをお願いしました。

次の日、クルマを貸してくれた友人に、「もし会社宛にペナルティー・ノーティスが来てしまったら教えてよ。私がちゃんと払うから。」と言うと、「70AU$どうやって精算すんの?送金手数料のほうが高くつくし面倒じゃん。そんな心配だったら、払っていけばぁ。」と言います。私としては友人に迷惑がかからないようにと願いつつ、ペア・ポリスの言葉を信じようと思い、ペナルティーを払わないまま北京に戻ってきてしまいました。

それから1ヶ月以上過ぎ、シドニーの友人からもペナルティーの督促が来たという知らせも無かったので、このことはすっかり忘れきっていました。そこにその"New South Wales Government"の名入りの封書です。すっかり、罰金の支払督促が北京まで追いかけてきたのかと思いました。どうやって、オーストラリアに海外送金するんだろう、面倒なことになったなぁ、と思いつつ、恐る恐る封筒を開けました。

シドニーのあるニュー・サウス・ウェールズ州政府違法行為取締センターのディレクター名でタイプ打ちされたレターには、次のように書いてありました。
「pandanokuni様。交通違反番号762XXX57に関してのお知らせです。事情を考慮し、このペナルティーをキャンセルさせていただくことになりました。貴殿は罰金を払う必要がありません。この件に関してご迷惑をお掛けしましたことを、お詫び申しあげます。」
シンプルながらも心温まる通知。FAX番号もメールアドレスも知らせておいたのに、わざわざ郵便物で北京まで伝えてくれたのです。しかも、文末には"We apologise for"ですよ!!
日本人旅行者だから、という配慮もあったのかもしれませんが、ペナルティーのキャンセルをわざわざ北京までレターを使って知らせてくれる、しかも謝罪付きで!!

ここ中国の公安はもちろんのこと、日本の警察にもこんなことはできないんじゃないかなぁ、と久々に感動してしまいました。
[PR]
by pandanokuni | 2005-03-15 00:07 | その他