カテゴリ:ひまネタ( 43 )
北京の出張マッサージの見分け方
北京にはたくさんマッサージ店があります。フットマッサージ(足底按摩)系、盲人・中医系、美容院系、サウナ系、風俗系に大別されます。

フットマッサージ系のお店は大型のチェーン店が多く、技術やサービスが均質でハズすことは少ないと思います。90~120分のコースで100~200元します。
盲人・中医系はローカル居住アパートの一室にあったりして見つけにくいのですが、最近は外人や旅行者向けに営業をしているお店もあります。椎間板ヘルニアや坐骨神経痛を本格的に治癒しようという場合など良いのですが、長く続ける必要があります。こうしたお店は、医者の資格を持った按摩師もいたりします。料金は60分で、ローカル向けの場合は50~100元くらいです。ハリなどもやってくれます。
北京の大部分の美容院・理容店では、マッサージがあります。シャンプーのときに頭部マッサージが無料で提供されるケースもあれば、30~50元払えば45分の全身マッサージを受けれる場合もあります。
北京にたくさんあるサウナでもマッサージが受けられます。サウナのレベルもピンキリです。入浴料10元のところもあれば100元のところもあります。一般的な日本人が不潔感を感じず嫌悪感無く入れるサウナでのマッサージは60分100元~200元です。こうしたサウナのマッサージはいくつかのメニューがあるのが普通です。中国式、台湾式、タイ式、韓国式などです。お店によって解釈が違うようで、台湾式とはこういうマッサージ、と定義するのは難しい感じがします。

あとは風俗系ですが、このあたりの情報は他のブログ掲示板にお譲りすることにします。

注意していただきたいのは、美容院系、サウナ系を中心に、風俗系とボーダレスになっている点です。つまり、「キチンとした」マッサージを受けよう思ったのに、風俗系のサービスを提供されてしまう場合が多い、ということです。ラッキーと思えるときもあるかもしれませんが、心身とも疲れていてホントに「キチンとした」「しっかりした」マッサージを期待しているような時には、がっかりしてしまいます。風俗系サービス中心のマッサージ師は、概してマッサージがお上手ではないからです。
門構えや雰囲気が怪しさなどで、気づく場合もありますが、開放的な店構えのフットマッサージ店ですら、風俗系サービス中心のお店があったりするのです。
お店に入って、マッサージを受ける場所が個室でなければ、或いは無理やり個室に案内されなければ、そのお店は「キチンとした」マッサージが受けられる、と考えて良いはずです。逆に、いきなり扉つきの個室に通されたりしたら、マッサージ技術の低さと風俗サービスの強要を覚悟する必要があります。

滞在中のホテルやマンションの部屋でマッサージを受ける「出張マッサージ」の場合は、なお更見分けるのが困難になります。
北京で発行される日本語のフリーペーパーには、出張マッサージを受け付けるマッサージ店の広告が掲載されています。その中には一目で風俗系とわかるような広告もたくさんあります。同じ日本人としてちょっと恥ずかしくなるような、そしてこんな広告出して摘発とか大丈夫なのかと心配になるようなビジュアルや言葉が並んでいます。風俗系のサービスをお望みの方には、一目でわかりやすい広告であることは事実です。
もちろん、そうじゃなく広告も出てますから、「まじめそうな」広告表現のマッサージ店に電話して、出張マッサージを依頼すれば良さそうなものですが、やってきたマッサージ嬢がどうみても「キチンとしたマッサージなどできない風俗嬢だ、ということも多いようです。

では、疲れたとき自宅やホテルで「キチンとした」マッサージを受けたい場合、どうすればよいのでしょうか。
日本語フリーペーパーの広告から探す場合は、当然ながら「まじめそうな」広告表現のお店を選びます。
そして、料金とメニューをチェックします。「全身マッサージ」60分で100元前後、さらに「フット(足底)マッサージ」もメニューにあり、逆に「ヨーロッパ式」とか「オイルマッサージ」などのメニューが掲載されていないお店であれば、「キチンとした」マッサージ師がいる可能性が高くなります。
b0047829_1993712.gif
そして、電話をかける際、もし奥様と同居されているのでしたら、奥様にかけてもらいましょう。そうでない場合は、きちんと「専業按摩(ヂュアンイェ・アンモォ)」「常軌按摩(チャングイ・アンモォ)」が必要だ、と告げましょう。仮に風俗サービス中心のマッサージ店であっても、電話で事前に「キチンとした」マッサージを受けたい、と伝えておけば、「キチンとした」マッサージの技術を持ったマッサージ師を派遣させてくるはずです。

あとは、意思をしっかり持つことです。要らないものは要らない、と言い、状況に応じては交通費だけ支払ってでも、追い返しましょう。
[PR]
by pandanokuni | 2004-11-07 18:36 | ひまネタ
北京のカラオケ800元の価値
北京の日本人向けのスナックは、テーブルチャージが120~150元に設定されています。
北京の日本人向けのカラオケは、ルームチャージが800元位に設定されています。

中国のカラオケというのは、5人~10人収容の個室形式が主流で、お酒を注いだり一緒に歌を歌ったりする女の子が、お客の人数と同じ数だけつくのが通常です。ルームチャージには通常飲み物代(ウィスキーボトル1本とアイス、ミネラルウォータ)、おつまみやフルーツが含まれています。お客4人くらいまで収容できる大きさの個室だと、だいたい800元ですから、一人あたり200元くらいになります。これはスナックより少し高い位の料金設定です。
ただスナックと大きな違いは、個室で一緒にカラオケを楽しんでくれる女の子にチップを払う必要がある点です。日本人向けのカラオケの場合、チップは一人当たり200~300元が相場ですから、4人で行くと一人当たりの総額は400~500元(5,500~7,000円)ほどになります。

スナックと倍以上も値段が違うのですから、期待できるサービスも大きく違います。そうした期待通りのサービスを受けた場合、日本人としてこの金額は決して高くは無いと思うのがフツーです。ただ、一般の北京人にとって、400~500元と言う金額は決して安くはありません。平均的な3人家族の1ヶ月の生計費の1/3くらいと考えて良いでしょう。

それでは中国人向けにもっと安いカラオケが用意されているのか、と言うとそうでもないのです。中国人向けのカラオケ著名店では、一人当たりの総額1,000元なんてザラですから、日本人向けのカラオケは比較的安い価格設定になっているのです....
[PR]
by pandanokuni | 2004-10-21 17:52 | ひまネタ
北京のスナック150元の価値
北京には日本人向けのスナックが70~100軒あるといわれています。
日本人向けのスナックとは、バーカウンターとボックスシート中心の店作りをしていて、女の子がお話の相手をするだけと言う、日本で言うとクラブに近いような飲食店です。

フツーはウィスキーのボトルを300元~500元でキープして、あとはテーブルチャージとして100元~150元を支払えば、営業時間内で女の子がついて、アイスやミネラルウォータやおつまみも出てくるというシステムです。
女の子を指名することはできませんが、通常は客一人に対して、一人以上の女の子がついて、一緒にお話しするという感じの飲食店です。

お店にもよりますが、それなりに可愛い20歳~24歳くらいの中国人の女の子と一緒にお酒を飲めて、機会があれば天外デートもできて、うまく行けば自由恋愛もできて、150元(日本円で2,200円くらい)というわけです。

日本から出張で北京に来たり、北京に赴任仕立ての駐在員諸君にとって、150元というのはとても魅力的な値段設定になっています。単身赴任でさびしい夜でも、(ボトルが入っていれば)2,000円ほどで可愛い女の子とお酒が飲めて、口説くこともできるわけですから....

ただこの150元という価値が北京ではどの程度のものか、ということを良く知っておく必要があると思います。
一番判り易いのは、そうした日本式スナックで働いている女の子たちの賃金。毎月3,000元くらいです。土日も休みなく午後7時から翌朝2時までの「お水」仕事で、一日あたり100元です。ボクらのテーブルチャージは、彼女たちの1日の賃金より高いわけで、仮に銀座のクラブのデビュー仕立ての女の子と同じ賃金だとすれば、この150元は日本円で2~3万円の価値を持つと言えます。

これを裏付けるのは、北京のいわゆる「立ちんぼ」の料金でしょう。北京ローカルピープル向けのそれは、だいたい100元~200元ですから、日本で考えると2万円くらいという相場を合致します。

問題は、日本人や外国人向けの相場が800元~1,000元に設定されていると言うこと。150元で銀座並みとはいわずとも赤坂なみの「クラブ」で女の子と飲めるわけですから、800元(約1万1,000円)というのは、日本人にとって感覚的に安い、と思わせる値付けになっているわけです。

でも、この800元というのは北京の過半数の家庭の1ヶ月の可処分所得とほぼ変わりませんし、日本人でも家賃や交遊費を別にすれば、十分1ヶ月くらいしていける金額なのです。だから、150元はフツーの北京人にとっては決して安い値付けではないのですが、日本人にとっては十分魅力的な微妙な金額になっているのです。
[PR]
by pandanokuni | 2004-10-21 02:46 | ひまネタ