「ほっ」と。キャンペーン
中国:「バブルを崩壊させないために軍事力増強を」と主張する"論文"がネットで大ブレイク中!!
いま中国のネット上で話題を集めている"論文"があります。

『良き日を想い、中国人の破産を望まないために、ぜひ読んでいただきたいのです』(この転載が読みやすいと思います)

"詠み人知らず"の9,000文字を超えるこの長文は、張偉さんのブログの4月11日付『大衆心理が不動産市場に災いをもたらすことを心配する』と言うエントリーに4月12日に残されたコメントでした。コメントには「黒馬楽園」と言う怪しげなBBSからの転載であることが示されていましたが、"オリジナル"を見つけることができませんでした。政府批判も含まれているので、きっと本名は曝していないでしょう。ですから、"詠み人知らず"です。
ちなみに、張偉さんは山東省の泰安市で「中華泰山網」と言うどローカルなポータルサイトの編集長をされている方のようです。

『良き日を想い、中国人の破産を望まないために、ぜひ読んでいただきたいのです』と言う"論文"は、その後多くのブログやBBSに転載され(検索サイトで調べてみると2,000くらいにはなると推測されます)、或いはそのテキストファイルがメールで転送されるなどして、中国の30代前後の人たちに共感を持って読まれているようです。BBSではこの"論文"に関する議論が盛り上がっているところです。私にも中国の複数の知人からこの"論文"がメールで送られてきました。

「株で大儲けした、不動産で儲かった、などと喜んでいる人は、自分の墓穴を掘っているようなものです。」
と言う書き出しのこの論文を大雑把に要約すると以下のような内容です。
人民元の上昇についてはしゃいでいる中国人がたくさんいますが、アメリカのことを理解せずに喜ぶのは大間違いです。アメリカとの金融戦争は既に厳しい局面に入っているのです。
80年代末の日本のバブル崩壊、90年代末のアジア経済危機は、すべてアメリカ政府が引き起こしたものなのです。80年代後半の円高はアメリカの罠で、これが原因で日本は多くの財産を失うことになりました。アメリカは病みつきになって、10年後にアジア経済危機をも引き起こしたのです。
いまの中国の株価上昇も不動産の高騰もすべてアメリカの策略なのです。台湾海峡や中央アジアに目を奪われている間に、アメリカとの経済戦争は既に始まっているのです。戦争の目的は、敵国の資源を叩き潰して、敵国民を奴隷の如く酷使して搾取することなのです。ソ連の崩壊すらも、アメリカとの経済戦争の結果と考えても良いでしょう。

アメリカは中国に莫大な人民元の発行をせまり、バブルの崩壊を誘発しているのです。
人民元は中国国内資産と同等の価値だけあれば充分なのに、悪意を持った外国投資ファウンドのために、既に10.6兆RMB(1.36兆US$、約160兆円)も余計に人民元を発行しています。人民元が15%上昇すれば、奴らは2,000億US$(約24兆円)儲かる計算なのです。
いっぽう、人民元が上昇すれば1RMB(約16円)のものが0.8RMB(約13円)で手に入れられるハズなのに、実際は給料以外のすべてが値上がりしています。北京、上海など大都市部での物価上昇は決して偶然ではなく、不動産バブルがインフレを招いている証拠なのです。住宅の購入費は、世界平均が年収の5倍であるのに、中国都市部は10倍もするのです。
かつて外国人が中国でマネーロンダリングしていたのに、今や金を儲けた中国人が海外でマネーロンダリングしていますが、そんな状況に浮かれていて良いのでしょうか?

中国の指導者の対応はうまくできていません。中央政府がバブルをソフトランディングへと導くことは無理です。このままでは、外国資本の攻撃によって、中国経済は崩壊します。

国際環境は一層悪化・複雑化しています。中国はまず軍事戦と経済戦争の準備を進めるべきです。
人類の歴史上、戦争によって他国の財産を奪い取るということはよくある話です。中国人民の財産を守り、いずれ怒りうる軍事衝突に備えるため、中国は、陸・海・空、そして宇宙の軍備を増強すべきです。宇宙の非軍事化など、そもそも絵空事に過ぎないのですから。
現状では、軍事戦争に代わって経済戦争が、他国の財産を奪い取るための手段になっています。1997年のアジア経済危機がまさにそうでしょう。中国の政府と人民はこのことを忘れてはならないのです。既に外資は伏兵を中国に送り込んでいます。彼ら、つまりアメリカが中国の扉を押し開き、人民元を掲げて暴利を貪ろうとしているのです。

原文は具体的な事例や数値データを盛り込んで、説得力のある文章になっています。
そして、以下の文章で締めくくられています。
つまり、中国は苦しみを怖れてはならないのです。そして死をも怖れない強大な陸・海・空、そして宇宙の軍隊を整備して、戦争に備えなければなりません。
同時に国家を熱愛し、国際的な視野を持ち、金融のグローバル・スタンダードを熟知し、これらを「無敵軍隊」として経済戦争に立ち向かっていかなければなりません。
そうしてこそ、中国の安全と人民の財産を守ることができるのです。
良き日を想い、中国人の破産を望まないために、この文を最後まで読んでいただきたいのです。そして、バブルに浮かれる人民がすぐに目覚めるようにネットを通じて多くの人々に伝えられることを望んでいます。

バブルに踊らされてる人たちが30代中心だとすると、この"論文"に踊らされているのは20代後半が中心のようで、この間まで"抗日"(反日)で踊らされていた年代よりはちょいと"大人"という感じがします。
この論文やそれに対するコメントをみる限り、敵はすっかりアメリカになってしまいました。日本は他のアジア諸国とともに、アメリカの経済侵略の犠牲者と言う論調です。まぁ、日本はアメリカに打ちのめされたけど中国なら大丈夫、と言う"驕り"や中国が日本やアジア諸国に代わってアメリカをやっつけてやる、と言う"覇権主義"的な思想回路は健在のようですが....。
それにしても、経済戦争に関する"論文"の結論が、軍事力増強と言うのは、いかにも中国っぽい感じですね。
[PR]
by pandanokuni | 2007-05-27 11:22 | 社会ネタ
<< 「上海警察が風紀取り締まり強化... 祝・打上げ成功!?「アフリカは... >>