温家宝さんのジョギングとか。対日宣伝活動に乗せられている日本メディアのお粗末。
お互い、言いたいことも言わずにうまくやっていくというのは、大変なことだと思います。
これを言っちゃあお仕舞いだぁ、みたいなことを言わずに仕舞い込んで、連れ添っている夫婦も多いことでしょう。
どちらか一方が切り出した途端、泥仕合が始まり、挙句の果てにディバースみたいなことになっちゃいます。
言いたいことを我慢して一生添い遂げる夫婦は多いでしょうが、国家間ではそうは行きますまい....。

それはさておき、温家宝さんは12日早朝、代々木公園に出没してジョギングなどをしたそうです。
温さんの訪日については、当然のことながら中国メディアは熱心に報道している(させられている)ようですが、中国メディアに負けんとばかりに、日本のメジャーなメディアも"日中友好"に一役も二役も買わされています。
温家宝は、2008年北京五輪のロゴ入りの黒のスポーツウェアに白いジョギングシューズを履き...(中略)....中年の日本人女性と握手を交わし「私は温家宝です。」と自己紹介。傍らで王毅駐日大使が日本語で「彼は中国の総理です」と補足すると、驚いた日本の夫人は慌ててお辞儀をしました。
これは、日本時間07年4月12日13:26(北京時間同日12:26)に新浪網が掲載した記事です(上海の新聞晩報の朱静運記者が東京から配信)。見出しは、『温家宝、東京の公園で太極拳。膝詰めで日本の市民と交流

いっぽう朝日新聞のニュースサイト、Asahi.comは30分ほど後の日本時間07年4月12 13:52に『「私は温家宝です」、早朝の代々木公園をジョギング』という見出しの記事を掲載しました。
「ニイハオ。私は温家宝(ウェン・チアパオ)です」。来日している中国の温家宝首相が12日早朝に約30分間、都内の代々木公園を走り、見よう見まねでラジオ体操するなど市民と交流した。ジョギングを日課にしている温首相は、08年北京五輪のロゴ入り運動着姿でスタート。市民に次々と声をかけ、同走する王毅(ワン・イー)駐日大使が「中国の総理ですよ」と口添えする一幕もあった。

中国メディアと朝日新聞、記事の内容も配信時間もほぼ一緒です。中国側によると、警視庁は安全上の配慮から宿泊先のホテルの庭園で走るよう要請したが、「市民の声を聞きたい」と温首相が強く希望(Asahi.com)したらしいのですが、日中両国のメディアがほぼ同じタイミングで報道していることを考えると、中国側の計算しつくしたPR施策=対日宣伝活動の一環に決まってますよね....。

TBS日本テレビのニュースや時事通信の配信でも、"北京オリンピックのロゴ"とか"王毅駐日大使"とか"市民との交流"などという共通のキーワードで報道されているようです。

きっと、中国側報道官がリリース(予定稿)でも配っていたんじゃないでしょうかねー。"オン・カホウ"も"ウェン・チアパオ"の表記にするメディアも出てきちゃうし。
共産党お抱えの中国メディアよりも、お粗末な日本メディアの実態が浮かんできちゃいます。

追記(2007年4月12日21:30):
NHKの9時のニュースでも、今朝の代々木公園での日中友好演出を取り上げてましたね...。
夜のパーティの安倍さんのスピーチ:(温さんの国会演説に満場一致で拍手が沸いたことに対して)「私が演説しても、与党からしか拍手が起こらないですから....。」
全員与党の人民代(中国の国会みたいなもの)を意識したアイロニーだとしたら、ちょっとだけ、言いたいことを言えた安倍さんに1票!!
[PR]
by pandanokuni | 2007-04-12 18:51 | ひまネタ
<< 乱射事件の犯人は中国人??中国... 入出国審査も「サービス、サービ... >>