「東京中心城」で定着してしまいそうな 東京ミッドタウン(東京中城)。
この週末は上海で過ごしています。きょうは、夕べの深酒が祟ってしまい、CCTVのニュースチャンネルをつけっぱなしにして、ホテルに引きこもっておりました。
日本関係の話題として、地対空誘導弾パトリオットミサイル(PAC3)が航空自衛隊入間基地に配備されたことを繰り返し放送していました。日本の軍事力強化への懸念などと言う論評は無しで、客観報道に徹していた感じです。日本のニュースサイトでは特に大きく取り上げられてないようですね。テレビあたりではどうだったのでしょう?
ちなみに、パトリオットは中国語で「愛国者」と言う表現になります。

ほのぼの系の話題として、東京ミッドタウンのオープンを東京の特派員からのレポートで伝えていました。このレポーターが、防衛庁の引越先なんかにも突っ込みを入れていたら、自衛隊のパトリオット配備の話題と絶妙なコンビネーションになったと思うのですが、満開の桜をバックにあくまでもほのぼの系のレポートに徹しておりました。

ちなみに、「東京ミッドタウン」のことを中国語で「東京中心城」と表現していました。まんまなのですが....。
最近は、中国からの観光客に向けて中国語のウェブサイトやリーフレットを用意している観光地・観光施設も増えていますが、調べてみると東京ミッドタウンにも既に中国語のウェブサイトがありました。ところがウェブサイトでは、自らを「東京中城」と名乗っているのです。
きっと、CCTVの東京特派員が中国語のウェブサイトをチェックすることなく、自らの判断で「東京中心城」と訳してしまったのでしょう。取材に応じたと思われる東京ミッドタウンの広報の方も、中国語表記くらいは念を押して確認すべきだったと思います。中国語サイトまで用意して、中国のお客さんに期待しているのですから....。

「モーニング娘。」は「早安少女組」、「沢尻エリカ」は「沢尻絵里香」、「長澤まさみ」は「長澤正美」というように、かな交じりの日本の固有名詞はいつの間にか勝手に漢字化されて、本人の意図に関わらず定番化されてしまいます。
東京ミッドタウンの場合、全中国向けのテレビニュースで「東京中心城」と漢字化されてしまったわけですから、持ち主が「東京中城」と呼んでくれ、と願っても修正は利き難いでしょうね。

中国で「漢城」と呼ばれていた「ソウル」を韓国語の発音に近い「首尓」と呼んで貰うため、韓国政府とソウル市は莫大な労力とお金を費やしたと聞きます。
かな交じりのブランドをお持ちの皆さん、中国の人やメディアに勝手に漢字化されるのがお嫌ならば、自ら中国語表記も用意して、中国向けにPRしておいたほうが良いかもしれません。
[PR]
by pandanokuni | 2007-04-01 00:24 | ひまネタ
<< 権力によるYouTube遮断に... 百度(Baidu)、秘かに日本... >>