売るな!買うな!ヾ(`◇´)ノ彡☆コノ!バカチンガァ!! ---海賊版DVDに隠された暗号!?

b0047829_19223134.jpg1月の上旬に北京のお店に並んでいた、実写版『DEATH NOTE - the Last Name』の海賊版DVDのことを、前々回少し触れさせていただきました。この作品に限らず、日本の新作映画の海賊版DVDは1枚8RMB(約120円)くらいで、プラスティック・ケースにパッケージされて売られています。

ちなみにこの映画、日本では2006年11月3日に劇場公開されたばかりで、日本国内では未だDVDとして公開されていません。新作映画のDVD化のサイクルは短期間になっていますが、いちおう"3ヶ月ルール"というのが一般的で、この作品も2007年2月14日からレンタル用DVDがリリースされ、安価版のセルDVDは1ヶ月遅れの3月14日に発売される予定になっているようです。こうやって、知的所有権現金化の秩序を維持しているわけです。


b0047829_191730100.jpg中国国外で正式なDVDがリリースされる前に、中国で海賊版DVDが発売されるのは珍しいことではありません。
DVD化までやや時間のかかるハリウッド作品でも、映画公開後1ヶ月くらいで"闇の市場"に海賊版DVDが並んだりします。ただ多くの場合、こうした海賊版DVDの映像や音声はかなり粗悪です。ときには観客の咳払いや立ち上がる姿までが映し出される、映画館(或いは試写室)で盗撮したタイプだからです。日本作品でもスタジオジブリのアニメなどの初期ロットは、映画館盗撮タイプのもので、メニュー画面も正規版とは異なり、安っぽいつくりだったりしました。

映画館盗撮タイプであれば、DVDが正式発売される前に海賊版が出回ることも可能なわけですが、私が北京で入手した『DEATH NOTE - the Last Name』の海賊版DVDは、映画館盗撮タイプではありませんでした。
画質がやや劣り音声が5.1ch対応でないなど、正規版DVDと比べるとやや見劣りはしますが、観客の雑音が入ったり、映像のトリミングがおかしかったり、観客が立ち上がった姿が映し出されるわけでもなく、エンドロールの最後までしっかりとした映像が映し出されています。


b0047829_19181118.jpgただこれまで私が観た海賊版DVDと大きく異なっていたのは、産経新聞の福島さんもブログで書かれていらっしゃいましたが、ほぼ全編にわたって映像の上部1/3ほどの位置に日本語で"売るな!買うな!ヾ(`◇´)ノ彡☆コノ!バカチンガァ!!"という文字テロップが被せられていたことです。
この文字テロップ、メニュー画面と冒頭の"WARNER BORS Picture"のクレジット映像には入っておらず、その直後の"日本テレビ"のクレジット映像から現れます。その後は、本編を通してエンドロールの最後まで、ずっと出っぱなしです。

しかも、このこの"売るな!買うな!ヾ(`◇´)ノ彡☆コノ!バカチンガァ!!"という文字テロップの入れ方が素人っぽく無いのです。
位置はずっと同じなのですが、文字の濃度が背景である本編の映像の濃淡によって、変化するです。文字の色はグレイ系なのですが、背景映像が濃い場合は文字の色も濃くなり、背景映像が白っぽい場合は文字の色も薄くなります。観る者にとって、絶えず邪魔にならない程度の存在感を示していると言う感じなのです。
白文字に黒い縁の一般的なフォントで、日本語セリフの中国語テロップもついているのですが、そのデリカシーの無い入れ方と比較すると、この"売るな!買うな!ヾ(`◇´)ノ彡☆コノ!バカチンガァ!!"という文字テロップの入れ方は絶妙ですらあります。


b0047829_19185132.jpg私には、この"売るな!買うな!ヾ(`◇´)ノ彡☆コノ!バカチンガァ!!"という文字テロップが、海賊版密造過程に誰かがイタズラっぽく入れたものではないように思えました。
恐らく日本の正規DVDの製作関係者が、何らかの目的をもって入れたのではないでしょうか。

この海賊版DVDは正規DVDが流通ルートに乗る前に密造・密売されているわけで、映画館盗撮タイプでもありません。元の映像素材は正規DVDの製作関係者から流れてしまったと考えるのが妥当でしょう。
DVDソフトは、正規版が発売される前であってもプレス関係者やレンタル・販売関係者に、サンプル版として配布されます。作品を知ってもらい、たくさんPR或いは仕入れてもらうためにです。実はこうしたサンプル版から海賊版DVDの"原盤"が流出している可能性が高いとも言われているのです。
サンプル版の本編映像には"Sample"などの文字が出ずっぱりになっている場合が多いのですが、そうでないサンプル版もありますし、編集過程で正式な手続きを踏まずに持ち出される場合もあります。


b0047829_19192373.jpgいろいろ想像をめぐらせると、この"売るな!買うな!ヾ(`◇´)ノ彡☆コノ!バカチンガァ!!"という文字テロップに、何らかの仕掛けが施されていると考えたくなります。
例えば、再生のときには画面に現れないけど、違法コピー(ダビング)するとその文字が現れる、と言うような....。しかも、現れるメッセージがサンプルごとに個別なものになっていれば、誰に渡したサンプル版が流出したのか、すぐに判明する....。
技術的に可能かどうか別として、私には、この"売るな!買うな!ヾ(`◇´)ノ彡☆コノ!バカチンガァ!!"という文字テロップが、正規版DVDの製作関係者が施した海賊版対策のように思えてなりません....。

そもそも、中国で販売されていて中国語字幕つきの海賊版DVDです。買うのも観るのも多くは中国人でしょう(もちろん中国にお住まいの日本人も楽しみにしたりしているでしょうが)、中国人のエンドユーザーに警告を発する目的なら、"売るな!買うな!ヾ(`◇´)ノ彡☆コノ!バカチンガァ!!"という日本語にはしないでしょう。日本人にも分かりにくい表現ですし...。
まったく、謎めいた暗号ではあります。
[PR]
by pandanokuni | 2007-02-04 19:20 | ひまネタ
<< パクリっ!? 中国版セカンド・... 怖いもの見たさ!?『ココシリ』... >>