北京のカラオケ800元の価値
北京の日本人向けのスナックは、テーブルチャージが120~150元に設定されています。
北京の日本人向けのカラオケは、ルームチャージが800元位に設定されています。

中国のカラオケというのは、5人~10人収容の個室形式が主流で、お酒を注いだり一緒に歌を歌ったりする女の子が、お客の人数と同じ数だけつくのが通常です。ルームチャージには通常飲み物代(ウィスキーボトル1本とアイス、ミネラルウォータ)、おつまみやフルーツが含まれています。お客4人くらいまで収容できる大きさの個室だと、だいたい800元ですから、一人あたり200元くらいになります。これはスナックより少し高い位の料金設定です。
ただスナックと大きな違いは、個室で一緒にカラオケを楽しんでくれる女の子にチップを払う必要がある点です。日本人向けのカラオケの場合、チップは一人当たり200~300元が相場ですから、4人で行くと一人当たりの総額は400~500元(5,500~7,000円)ほどになります。

スナックと倍以上も値段が違うのですから、期待できるサービスも大きく違います。そうした期待通りのサービスを受けた場合、日本人としてこの金額は決して高くは無いと思うのがフツーです。ただ、一般の北京人にとって、400~500元と言う金額は決して安くはありません。平均的な3人家族の1ヶ月の生計費の1/3くらいと考えて良いでしょう。

それでは中国人向けにもっと安いカラオケが用意されているのか、と言うとそうでもないのです。中国人向けのカラオケ著名店では、一人当たりの総額1,000元なんてザラですから、日本人向けのカラオケは比較的安い価格設定になっているのです....
[PR]
by pandanokuni | 2004-10-21 17:52 | ひまネタ
<< 北京のお金持ちは徹底してお金持ち 北京のスナック150元の価値 >>