鳥インフルエンザが進行中!"悲しきニワトリ"のミュージック・クリップが大ブレイク!?
日本では忘れられつつある"鳥インフルエンザ"ではありますが、中国でも北京などの都市部の人たちの間では警戒心が薄れているようですが、内陸部を中心に新たな感染例が報告されていて、いまだに"現在進行形"ではあるのです。
中国政府の発表ではによると、中国ではこれまでに、12の省や自治区で鳥インフルエンザの発生が確認されていますし、ヒトへの感染は18例で12人が亡くなっています。最近では、4月27日に四川省でヒトへの感染が、5月4日には青海省で鳥への感染がされています。
在中国日本大使館のHPでも、鳥にはむやみに近寄らないで下さい!!などと注意を呼び掛けていて、むやみに鳥と関わらないのが一番の予防策ではあるようですが、すっかりバイキン扱いされているニワトリさんたちが、気の毒と言えば気の毒です。

そんな折、鳥インフルエンザの流行によって、いつ抹殺されてしまうかも知れないという悲しい運命を背負ってしまったニワトリさんの心境をおセンチかつユーモラスに描いたミュージック・クリップのFlash版が、ネット上の若者を中心にブレイクしています。
中央音楽学員出身のZhang Wei (張<「火」篇に「韋」>)率いるクリエイティブ集団"K鈴製造"がプロデュースし、4歳の女の子K Wa(K <「女」篇に「圭」>が歌う、『我不想説我是鶏(ニワトリだなんて、言いたくないわ)』という曲です。2005年の年末にウェブ上で発表された作品ですが、じわりじわりと話題になりました。とにかく、歌声もクリップのニワトリ・キャラも可愛くて"cool"です。ツベコベ説明するより、ミュージック・クリップを見ていただくのが良いと思いますので....(PC Onlineに転載のミュージック・クリップ)。

ちなみに、こんな感じの歌詞になっています(拙訳)。

b0047829_418768.jpgアタシ、清潔ってワケじゃないし
安全とも言えない
だから、ヒト様の疑いの眼差しを拒むことはできないの
閉ざされた鳥小屋で、卵でも数えながら
殺されちゃうのをただ待つだけよ

ヒト様が、私のお肉を食べちゃうことに、異論は無いわ
卵をとり上げられても、大目に見てあげる
でも、汚染だなんて陰口には、とても耐え切れないの
悲しい宿命に眼を腫らしたけど
ヒト様の気持ちも、わからなくは無いのよ


b0047829_4183820.jpgたかが鶏肉、たかが卵じゃない
たかが感染源になっちゃっだけよ
鳥インフルエンザ、アブナイかもね
鳥類だったご先祖様が、恨めしくなっちゃう


b0047829_419123.jpg下の子は死刑執行
上の子は、囚われて実験の餌食
ニワトリでいることは、ヒト様でいることよりもつらいのよ
拷問みたいな毎日に耐えては来たけど
あしたにきっと、ゲームオーバーかも


b0047829_426950.jpgたかが鶏肉、たかが卵じゃない
でも、今じゃ一文の値打ちもないって
お肉やご飯を食べてくヒト様には
ニワトリが居ない世の中なんて、想像もつかないはずなのに


b0047829_4193779.jpgたかが鶏肉、たかが卵じゃない
でも、もう長い命じゃないわ
お肉やご飯を食べてくヒト様には
ニワトリが居ない世の中なんて、想像もできないはずなのに


livedoor版では話題のFlash映像にダイレクトリンクしています。
[PR]
by pandanokuni | 2006-05-27 04:23 | ひまネタ
<< 日中外相会議:麻生さんに万里の... 人民日報が産経新聞に噛み付いた... >>