「ほっ」と。キャンペーン
中国で鳥インフルエンザが大流行して、帰国拒否されたときのために.....
鳥インフルエンザは、いろんな国や地域に広がっているので、もちろん中国でも発生しています。
先日出張で出かけた遼寧省のある町などは、はっきり言って封鎖状態でした。町に入る幹線道路を地元の公安当局が通せんぼしているのです。2年半前にSARS(新型肺炎)が流行した頃の、北京みたいでした。
でも、こんなニュースはあまり公けになっていません。北京周辺でも、養鶏場の鶏が全滅したような噂は耳にします。
中国当局の公式発表でも、ニワトリなどへの感染は、中国の多くの地域に広がっているようです。「どこどこの省で何十万羽のニワトリを処分した(から大丈夫)」というニュースは、かなり流れていますし、北京市でも感染を防ぐために、伝書鳩の利用を自粛するように呼び掛けたり、鳥の巣を取り払ったり、公園の鳩や水鳥を"間引いたり"し始めているようです。

私はこの1週間で3回ほど日本風の焼き鳥屋で一杯やっていましたが、北京の人たちは鶏肉を食べることを自粛しているようです。何となくKFCのお客さんも少なくなっているように感じます。

ニワトリが感染している分には、まだ心に余裕もあるのですが、中国では人間も感染し、更に人間から人間に感染しているのではないか、と言う疑いが持たれています。
まず湖南省では12歳の少女が肺炎に近い症状で亡くなっており、WHOが専門家を派遣したようです(ゲンダイnet・11月10日)。その後、この少女の周囲の3人に感染したのではないか、とも噂されています。
東北部の遼寧省でも、H5N1型に感染している疑いの女性がいるようですし(NIKKEI Net・11月16日)、湖南省で肺炎にかかった9歳の男の子はH5N1型抗体反応が陽性になったそうです(NIKKEI Net・11月16日)

このように、中国では既に人間にも感染している可能性が高いようです(SearChina)

ヒトからヒトへの感染の発表も、もしかしたら、そう遠くないかもしれません....そうなると何だかSARS(新型肺炎)の頃を思い出してしまいますね。日本の本社から帰ってくるな、とか、帰国しても1週間はホテルに待機しろ、とか言われたり、中国帰りの子供が日本の病院で診察を拒否されたり、日本の学校でバイキン扱いされたり.....また、嫌な思いをすることになるのでしょうか.....

でもご安心!「タミフル」をご存知でしょう。日本では最近副作用が問題視され、なかなか処方もしてもらえないインフルエンザ"万能薬"です。
中国では「タミフル」のニセ物がすでに出回り始めています。「タミフル」の主成分"リン酸オセルタミビル"が含まれているらしく、鳥インフルエンザにも効くと言われているらしいのです。
精神状態を不安定にさせるという副作用が指摘されている「タミフル」の"非正規版"ですから、服用にあたってはあくまで自己責任を貫く必要があるでしょうし、もちろん違法行為になりますので、あまりお勧めできません。
しかし、中国に居る間に鳥インフルエンザが大流行してしまい、日本への帰国が許可されなくなったときのために、買い置きしておくくらいは許されるかもしれませんね.....
[PR]
by pandanokuni | 2005-11-16 16:00 | 社会ネタ
<< ブッシュさん来中。胡耀邦さんと... [いずれにせよ]テロ情報まで、... >>