中国在留邦人の皆さん、「注意喚起」発動のお知らせです!!
先週末、日本の国連安保理常任理事国入りに反対する集会が中国各地で行われました。広東省の深センや四川省の成都では、一部の反日集会参加者によって日系大型商店の施設が壊されたようです。深センではJUSCOの外看板が被害にあい、成都ではイトーヨーカドーのショーウインドウの一部が壊されたそうです。
きょうは、日本の教科書検定の結果が公表され、韓国とともに中国政府も阿南特命大使を外交部(外務省)に呼びつけて一部の”侵略美化"歴史教科書が検定を通過したことについて「憤慨」の意を伝えたそうです。
折りしも、こうした歴史教科書の編纂会(具体的に言えば「新しい歴史教科書をつくる会」なのですが)に日本の大企業が資金提供している、との報道があり、 日本製品の不買運動も起こっています。

こうした中で、在中国日本大使館領事部は、中国在留邦人に対して「注意喚起」を促しています(HP)

中国に在留の日本人でも、普段日本人だけでつるんでいたり、日本人が行くようなお店やレストランだけで生活をしている人は、こうした"やばい"雰囲気には気づかないかもしれません。日本や日本人によって商売がうまく行っている中国の人たちは、日本人に文句を言ったりしないはずです。日本や日本人のことが好きでなくとも、ニコニコ商売に徹するでしょうから、普段と変わらないかもしれません。
私を含めた中国で働く日本人の多くも、中国政府やメディア、民衆の態度に文句があるとしても、ビジネスのためにじっと堪えたりしているわけですから。

いずれにせよ、地域や個人による温度差はあるにせよ、反日感情が燃え滾っている状況であるのは確かなので、反日集会に近づかないのはもちろんのこと、日常の行動にも注意が必要です。
反日感情が盛り上がっている時期は、例えばタクシーに乗っていて日本人だとバレると、いきなり運転手さんに政治論議を吹っかけられたりします。レストランやホテル、ナイトクラブなどでも、日本人がちょっと横柄な態度をとると、きっとひどい仕返しに遭うかもしれません。特にナイトライフやハメをはずすような宴会は要注意。こういうときは自制して謙虚にしているのが一番です。日本人相手のスナックやカラオケなら、大丈夫だと思いますが。

特に出張者の方はご用心なさってください....
[PR]
by pandanokuni | 2005-04-06 00:25 | [実録]05年4月反日デモ
<< 続報!あす(4月9日)の北京は... 中国語も標準で表示できるi-P... >>